お問合せはtentoumushi344@gmail.comまで

2017年06月26日 18:06

スコットランドとニューヨークの森のようちえんの一日って?



こちらは、スコットランドとニューヨークの森のようちえんを経験されたお母さんの記事です。
写真を見るだけでワクワクするね♪

http://up-to-you.me/article/741

去年の夏は、イギリス ウインブルドンの知人宅へ、家族みんなでプチ移住して、
毎日、近郊の街や森へでかけて、子ども事情を視察してきました。

〔世界中どこへ行っても、気がつくと森のようちえん目線になってて自分で笑っちゃう〕


そのときの報告記事はこちら
http://sorashido.boo-log.com/d2016-08.html

この時は、ほんの二週間だったけれど、イギリスの魅力もたくさん発見できたし、
同時に、日本の森のようちえんの魅力も、たくさん発見できました!

外から見て、初めてわかる日本の素晴らしさ。

日本の四季の移り変わりの美しさは,多分世界でもトップクラス。

ヨーロッパに住んでいたときは、あんなに太陽が恋しくてたまらなかったのに、
日本にいると、当たり前のように輝く太陽を拝めるから、ついついありがたみを忘れちゃうなぁ。。  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年06月25日 22:52

アメリカで、森のようちえんは、どんなふうに理解されているの?

カテゴリ:森のようちえん カテゴリ:メディア情報


昨日のNHK地球ドラマチックで、イギリスの子どもたちの様子を見ながら、
ヨーロッパでは、どんどん野外での保育が広まっているけど、アメリカはどうなんだろう。と、疑問が沸いて、
調べました。

こちらは、ちょうど一年ほど前 2016年5月の記事。

http://mamamoru.com/education/mori-no-youchien/

アメリカの森のようちえんについて、記者の疑問に答える形で、詳細に書かれており、とっても興味深いです。
特にナイフの取扱いについては、文化の違い、犯罪頻度、など、国民性が深く関わっている様子。

「森の幼稚園では、なにを答えるかではなく、どのように問題を解決するのかを子どもたちを教えます!」
~記事内容より抜粋~

そういえば、以前お会いした方から、「ニューヨーク郊外 ブルックリンでも、駐在日本人が野外保育活動してますよ」と聞きました。

日本と同じく、アメリカも、口コミをたどって調べれば、もっとあちこちにありそう!  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年06月25日 07:33

4才児の面白さは、世界共通!! NHK地球ドラマチック ~四才児のひみつ~

カテゴリ:つれづれ
ふとつけたテレビが、面白すぎて目が離せなくなった。

イギリスの4歳クラスに密着したドキュメンタリー。
イタズラしたり、喧嘩したり、遊びの創造をしたり、
肌の色も、体格も言葉も、全てが違うけれど、やってることは、同じ!


自信がない友達の手をつないで一緒にがんばろ!と、ささやいて、励ます子。
ごろんと寝っころんで,「私の彼は、壁かも♪」と話す女子たち。

こどもたちがグループで製作したらどうなるか。


うん、どれも、あるある~!

一週間の密着調査していた男性研究者さんは、
最後のまとめで、
「4才児の会話をじっくり聞いたのは、今回が初めてでした。
こんなに面白い会話をしているとは、本当に驚きました!」 と。

えー!
それは、もったいなすぎる!

こどもたちの会話は,毎日毎日、本当に面白い。
母たちは、子どもたちの会話が、エネルギー源だよね!

そういえば、がっしり体型の男の子がチョコケーキを食べちゃうシーン、
なんか記憶に残っている。
過去にも見たことある?と調べたら、数年前の再放送だったみたい。
https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/183/2340407/index.html


★来週7月1日土曜日は、 ~五才児のひみつ~ 
こちらも見逃せないね!
http://www4.nhk.or.jp/dramatic/x/2017-07-01/31/5447/2340483/
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年06月24日 13:00

巨大な 働く車たちと出会う

カテゴリ:活動日記カテゴリ:地元情報

活動場所に、巨大なダンプトラックが来ていた。
「おおきーい!」
「でっか!」 
男の子たちの目がキラリ。

近づいたら、、もっと大きい!!


何本も、伐採しては、クレーンで運んでいる。
マムシなどのすみかにならないように、安全のための枝はらいをしてくださっているそう。


こどもたちが、切り株だけになったアスレチックの上に乗って、
「ここにあったのが、なーんにもなくなっちゃったねー!」
と、話している。

うーん。。。

きつねやまアスレチック、復活させたいなぁ!!!!


  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年06月23日 12:37

かっこいい!凧になったプテラノドン!

カテゴリ:活動日記

竹で作成した凧を持って、Mさんが、遊びにきてくれました。

一瞬で滑空する凧。

男の子たちは、手をひろげて一緒に飛んでいる。
目をキラキラさせながら、自分で飛ばしてみたり、背比べしてみたり、
Mさんのそばを離れない。


「多少乱暴に扱っても壊れないようにできているから」
と言ってくださって、ホッ。


大きいなぁ。
プテラノドンは、3メートルほどもあるんだって!

  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年06月23日 08:06

オニヤンマがいた!

カテゴリ:活動日記
森を歩いていると、ちょうど目線の高さに、、

オニヤンマがいた!

大きい!


10センチ以上はある?

木につかまって、動かない。

美しいなぁ、と10分以上、じーっと眺めていた。

やっぱり動かない。

私たちのほうが、オニヤンマに見られていたのかも。
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年06月22日 19:41

暑い季節にピッタリな室内施設はココ!

カテゴリ:地元情報
これからの暑い季節にピッタリな室内施設、子どもたちも大好きな施設。

それは、
「とよた科学体験館」
http://www.toyota-kagakutaikenkan.jp/

昨日のような大雨でも、へっちゃら!
このピタゴラ装置など、大人が遊んでもたのしい物がいっぱいあります。


展示は、定期的に変わるし、
入場料も無料で、駐車場は、3時間フリーパーキング。

なのに、平日はガラガラ、、貸切。
閑古鳥。。

週末に上映されているプラネタリウムも、名古屋市科学館のような混雑は、めったにない。
《長期休暇中の、アニメ作品上映などは混むけれど》

豊田市民に聞くと、
「まだ行ったことがなーい」
「どこにあるの?」

もったいないですよー!!

名古屋市に住んでいた主人は、「小学校の時は、
下校後、毎日のように科学館へ自転車で通っていた」 そう。

科学館、ってそういう小学生のあそび場にピッタリよね。

週末は、たくさんいるけれど。
平日は、みんなあれこれ忙しいのかなぁ。。

うーん、不思議。

そして、今日もまた、しーん。


  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年06月22日 07:17

寄り道

カテゴリ:活動日記


畑までの坂道を登る。


後ろを振り返って、みんながいるのを確かめながら、

あちこち寄り道。


寄り道は、、思いがけない発見があるから、いくつになっても楽しい。


大人になると、車で現地までピューっと到着。

便利だけれど、やっぱり味気ない。


人の一生も、あちこち寄り道をするのが、

おもしろい。


まだ今は、とっても狭い世界に生きているこどもたち。


遠くまで行けるようになって、広い世界を見てみると、

狭い常識と、思い込みがどんどん取り払われて、世界がぐっと広くなる。


この先、彼らはどんな寄り道をするのだろう。

  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年06月21日 08:53

飛ぶ!スティックドミノ!

カテゴリ:活動日記


アイスクリームの棒のような木を組んでいく スティックドミノ。

ウエイブして飛んでいくのが、おもしろい。

Kパパが、あっという間にコツを覚えて、こどもたちと楽しんでいたよ!

「空中でもできるんだー!」

年中Aくん、カウントダウンしながら、ドミノをまたいでスタンバイ。

またの下を ドミノが くぐっていったね!

  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年06月21日 08:47

豊田市駅が高架なのは?

カテゴリ:みよしプレーパークカテゴリ:地元情報
※豊田市の駅が、どうして高架なのか?

Tさんとのおはなし会で、教えていただきました。
知らなかったー!

詳細はみよしプレーパークのブログにて!
http://miyoshippark.boo-log.com/e409942.html

。。。。。。。。。
2010年にみよしに野外自主保育を立ち上げた時、
とよたプレーパークメンバーが、

「三好ヶ丘で始めるなら、すごい人が住んでるからぜひ繋がりなよ!」
と教えてくれた。
ぜひ!と思い、お名前を尋ねると、
「えーっと、、、こどもたちの遊びを守っている団体の、、
お名前は、、なんだったかなぁ、、忘れた!」

、、という、とっても曖昧な情報をくれた。笑

そして、その方は、みよし市にプレーパークを立ち上げの講演会を企画した際に、
お客様としてお越しくださいました!

団体の名前は

IPA JAPAN 子どもの遊ぶ権利のための国際協会
http://www.ipajapan.org/

先日のお話会で、資料をいただきましたので、アップします。



Tさんは、御年82歳。
白髪に、白いズボン、白いサスペンダー、カフスにおしゃれな刺繍の入ったのブルーシャツ。
ダンディーでかっこいい方です!
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)