お問合せはtentoumushi344@gmail.comまで

2017年09月04日 08:54

森のオブジェ

カテゴリ:活動日記



年少Yくん、Sくん、は、森のたからものを集めるのが大好き。

『これ持ってて!』

Yくんは、木の枝。Sくんは、お花。

二つ合わせて切り株の上に置いたら、立派な森のオブジェが完成!





オブジェに満足したのか、二人は川の中へじゃぶじゃぶと。

いつも遊びを発見するのが得意なSくんは、いいものを見つけると、わき目もふらずにまっしぐら!

それはそれは、素晴らしい集中力。

水鉄砲の使い方を、Yくんに教えていたかと思ったら、トンボを追いかけてどこまでも走って行った。



一年前は、何もせず、ただじーっと、立ちすくんでいたYくん。

今日は、長靴のまま、ニコニコしながら水に入り、バシャンバシャン!

水しぶきを楽しんでいる。

彼の顔つきに、ぼく、できるよ!という自信がみなぎっている。



『こどもはやりたい時を、自分で決める。

そこにいる大人は、

植物の発芽を待つように、

ただその時を、じっと待つ』

  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年09月02日 08:39

『子ども時間っていうのは、こどもの時じゃないとできないことを、存分にやってみる時間』

カテゴリ:活動日記カテゴリ:夏期保育

夏期保育最終日は、川で遊ぶ日。


『いくよー!取ってねー!』
と、下流にいる人へ声をかけ、何度も何度も上流から浮き輪を流すYくん。


女の子たちは、プカプカしたり、川の底をのぞいたり。

川の水は冷たいから、遊んでいるうちに、だんだん唇が紫色に。。
ぶるぶる震え始める子もいる。


寒くなってきたときは、、、。
砂に埋めてもらうとあったまるよね~!



『子ども時間っていうのは、こどもの時じゃないとできないことを、存分にやってみる時間』


砂だらけになるのも、
アリの巣を、ひたすら眺めているのも、
石を積んで、いけすを作るのも。

今が旬。


『原体験』 も同じ。

川に入ってると冷えるってことも、
砂はあったかい、ってことも、
見ているだけじゃわからない。

自ら経験して初めてわかること。
大人になったらやらなくなるけれど、その皮膚感覚は、一生消えずに記憶として残っていく。



川さん、今年もありがとう。
また来年ねー!  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年09月01日 15:45

火を囲んで話す

カテゴリ:活動日記カテゴリ:夏期保育


『働け―!』

『せっせ、せっせ!』


おもむろに、全力で落ち葉を集め始める 男子三人。


働きごっこ?

お仕事ごっこ?


それをどうするのかと眺めていたら、炉に落ち葉が山盛りになっていた。


一人が一輪車を運んできて、さらにいっぱいの落ち葉を運び入れていた。


そして、、、?

そこで遊びは終了したのか、そのまま別の遊びにうつっていった。


、、、、
あ、終わりですか??


『子供の遊びはAKB。Aアブナイ、Kきたない、Bバカバカしい』 ~静岡たごっこパーク たっちゃん語録~


うんうん、子供の毎日は、まさに、たっちゃんの言う通り。

この無駄な遊びが、こどもの得意分野なんだよね!!



大人なら、しんどいからやらないか、または、

必要に迫られれば、最小限のエネルギーでやるけれど、、。

こどもは、常に全力投球!!


いいなぁ!すごいなぁ!こういう光景を見たくて、森のようちえんをやってるんだよなぁ!

と、一人で感動しながら炉の落ち葉を見ていたら、火をつけたくなってきた。


『ソーセージでも焼こうか』

長い枝を拾ってきて、ソーセージをさして、こどもたちがマッチで火をつける。

一人一本、火の上でじっくりあぶって、大事に食べる子供たち。




やっぱり、火はいいね。

こどもたちからも、いろんな話題が出てくる。

年齢にかかわらず、火を囲んで話す。っていうのが、大事な時間なんだよね。

  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年08月28日 15:54

ちらし寿司 二升!

カテゴリ:活動日記カテゴリ:夏期保育
夏期保育 今日はちらし寿司作り。

ガス炊飯器で二升炊いて、蓋を開けるとぶわーっと湯気が上がる。
浦島太郎になれそう~。

あっちあっちと言いながら、大きなしゃもじでかき混ぜる子どもたち。


包丁が楽しい年少くんたちは、具を切る。

みんなそれぞれ好きな具を調理して切る!


かきまぜるのも好き~。


盛り付けは、自分の食べられる量を、思い思いにもりつけます。
アレルギー食材は、トッピングする形にしておけば、アレルギーの有無に関わらず、一緒のものを食べられるから嬉しいよね。

一人ひとり、味の違う『ちらし寿司』が完成!

ふと見ると、年中Hちゃんの盛り付けが、芸術的だわ♪
性格の違いって面白いなぁ。




みんなでいただきまーす!
おかわりー!


2升炊いたうちの半分はお昼に食べて、残りの一升は、お土産用に。


、、と、そこへ。
『ちょっとそれ貸して』
と、Hちゃんパパが片手でひょい。。

一升のおひつが、すごーく小さく見えるー!


一升、全部食べちゃいそう―!

園児のおとうさんたち、喜んでくれるかなぁ♪
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年08月25日 07:02

新作は、トルネード染め!

カテゴリ:活動日記カテゴリ:夏期保育

トルネード染めって、
ぐるぐる巻きしてから、染めるんだって!


夏の、自主保育期間中にたくさんの親子が、Tシャツをベンガラ染めを楽しんでます。

昨日の親子組活動にも、自分で染めたお揃い服を着てきてましたよ!

世界に一つの絵柄だから、服を干してても間違えない!

ベンガラ染め講師の園児母Mちゃんのおかげで、みんなご機嫌♪

Mちゃんありがとうねー。

  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年08月24日 15:36

こどもたちの抜け殻がいっぱい!

カテゴリ:活動日記カテゴリ:夏期保育

暑い夏は、水遊びして、
濡れたら着替えてまた遊ぶ。

お弁当食べてる間に午前の服が乾いたら、
また水遊び!



お迎えにいくと、
あっちこっちに、こどもたちの抜け殻が並んでいる。


暑い夏の、癒され風景。


  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年08月11日 10:45

スイカは二分の一カットで食べたい!

カテゴリ:活動日記カテゴリ:夏期保育

今日はスイカがたくさん届いたから、
スイカの器で、半分ずついただきます。

昔から我が家では、「スイカはスプーンで丸くくり抜いて食べるもの」だったので、お友達の家で、三角にカットされたスイカを見たときは衝撃だった!

カットしてあると、ほっぺにつくし、たれるし、、。何よりも包丁の刃にあたると食感が変わるのが、田舎暮らしの私には、なんだか気になる。

お行儀の良し悪しは別として、丸のままのほうが美味しいよねー!

本日、満足なり。





  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年08月10日 11:56

カレーライス完成!

カテゴリ:活動日記カテゴリ:夏期保育

いい匂いが漂ってきそう!

夏はカレーだね!
と言いながら、切って炒めて煮込む。


お米を研いで炊き、
自分たちで調理した野菜を煮込んで、

「美味しいー!」

ご満悦な子どもたち。
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年08月10日 07:50

親子でできちゃう「べんがら染め」

カテゴリ:活動日記

台風一過の晴れ間に、親子組さんがベンガラ染め。

強風後の抜けるような青空に舞うシャツが
とってもきれい!

安心な染料だから
2歳児ちゃんも、どんどん染められるのが
ベンガラ染めの魅力よね。


いつも思うこと。
それは、こどもたちのほうが、勇気があるなぁ。ということ。
迷いがない。


最後に、最高な笑顔で記念撮影。

昔も今も、女性は手仕事しながらおしゃべりする時間が、リフレッシュタイム。

最初はこどものため と思って 森のようちえんに参加し始めたお母さんたちも、だんだんと、自分のためにここへ来ているんだなぁと気がつく。


子育ては、たくさんの人たちとするもの。


1人で生きていける人なんて、いないから。
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年07月27日 20:21

リヤカー VS 一輪車 VS 雪かき レース!


〜写真↑ 家族うんどうかいのオープ二ングに、スペックの違う三台が登場〜

………
無事六日間の夏キャンプが終わりました。
サポートしてくださった方々のおかげで、本当に充実した日々でした。

今回は、滞在中に てんとうむし家族うんどうかいも開催!

またゆっくり報告しますー。  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)