お問合せはtentoumushi344@gmail.comまで

2018年09月12日 00:01

塗り絵をする子どもたちを見ながら考える

カテゴリ:活動日記


男の子たちがザリガニを釣っている横の東屋で、

ゆったり静かに絵の具あそびしている女の子たち。



同じ空間にいても、男の子と女の子で興味の方向性が全く違う様子を見ると

産まれた時から遺伝子に組み込まれているんだなぁと実感する。



だからといって、

男の子はこういうことが好きなはず。と決めつけるのもちょっと違う。




自分の常識や思い込みは、ちょっと傍らに置いて、

目の前の子どもたちをじっくり観察してみよう。



  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年09月10日 00:03

「お豆腐くださーい!」

カテゴリ:活動日記


おさんぽ途中に、豆腐屋さんへ。

『こんにちはー』

『おとうふくださーい!』

(お財布ないけど、、)


美味しそうに並んでいる 寄席豆腐や、お揚げさんなどを見ながら、

『ぼく、これがいい!』

『寒天 欲しい!』


と、品定めするこどもたち。


でも、みんな水筒しか持ってないから買えないよね?


『また来ますねー!』

と、お店を後にした。



前回お邪魔したこちらのお店は、街道沿いでにぎやかだったけど、

http://sorashido.boo-log.com/e456779.html

今回、子どもたちと訪ねたお店は、シャッターも半分締まり、店内にはお掃除をされている女性が一人だけでした。


少し前に店主が亡くなって以降、ご家族が引き継いでいらっしゃるそう。

寂しいことに、こういう作り手と買い手が直接つながれる場所が、だんだん貴重になってきてしまいました。


自分たちの口に入るものが、どうやって作られているのか、

どんな思いを持って、毎日作ってくださっているのか。

こどもたちにも、是非見ておいてほしいと願います。


顔の見えるつながりを、大事にしていきたい。


作ってくれた人に感謝して いただきます。








  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年09月09日 00:02

ザリガニ釣り⇔エビカニクス

カテゴリ:活動日記


朝からザリガニ釣る気満々の年中SOくん。

数分ごとに、どんどん釣れていく!


ピンクのそりに入れられたザリガニが、威嚇している。

と思ったら、ハサミを振り上げすぎて、コロン!って裏返った。


元に戻って、また、カーっとハサミを振り上げてコロン!


その光景を、見守るこどもたち。

『またやってるね~』

『「しまった!また振り上げすぎた!」って言ってるよねー』


って、みんなで笑いながら見守っているお隣で、

年少Tちゃんが、「エビカニクス」を歌い出した。

https://www.youtube.com/watch?v=U9nmGLZUGR4

♪エビとカニは甲殻類。見た目はとってもグロテスク~




他の子どもたちも加わって、だんだん歌声が大きくなっていく中、

年中SOは、淡々とザリガニを釣り続けている。




  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年09月06日 15:34

旬の「梨」を求めて 近藤果樹園さんへ

カテゴリ:活動日記カテゴリ:地元情報カテゴリ:地元情報~みよし市~

みよし市は、柿、梨、ブドウの産地。

毎年この時期は、活動場所のすぐ近く、
近藤果樹園さんへ梨を買いに行っています。



台風一過のこの日、大きくて美しい梨が
たくさんありました。



時期により、
幸水→豊水→南水、、と続きます。

今日は、親子組秋冬木曜コース の活動日だったので、みんなで直売所までお散歩したかったけど、

今年は本当に天候が不安定。

高温多湿のため、おさんぽは断念。

車で沢山購入してきて
みんなでわけっこしました。

すぐ食べたいことを話すと、
冷えた梨も、つけてくれました!

みずみずしくて美味しい〜。

近藤果樹園さんは、三好中の裏あたりにあります。
是非是非買いに行ってみてね。

住所はこちら。
http://yume-note.com/farmer/kondokajyu/


三好の梨、大応援中!




  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年08月30日 00:01

ダンボール山 で遊ぶ!

カテゴリ:活動日記カテゴリ:夏期保育
夏期保育三日目

養豚場のフィールドで活動させていただきました。

『これ、全部使っていいよー!』


と、フォークリフトで運んできてくださったのは、見上げるほどのダンボール!

こういう形で私たちの野外活動を応援していただけるオーナーさんの心遣いに感動します。


かなりしっかりしているので、ダンボールハウスができそうだねー。と話していると、

ん?何か書いてある?



土足禁止だったのね!



一面に敷き詰めるだけで、とっても楽しいよね!





  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年08月29日 00:02

ハチミツを採って、お味見!

てんとうむし家族会。
念願の養蜂研究所へ行ってきました。

なにしろ、一年のうち数回しか開館していない研究所。

昨年、下見にいこうとして、たどり着けずに断念した場所。
今回は、なんとかたどり着いたけれど、道も狭くて山道くねくね。
かなりの山の中!

でも行ってよかったー。

スタッフさんがとても丁寧に、一つ一つわかりやすく説明してくださって、蜂への愛を感じました。

。。。。。。。。。。。。。
受付を済ませると、まずはナイフで削って、ポタポタ垂れるはちみつを味見。


そして、最新の撹拌機を見せてもらって、自分たちで回すと、、


出てくる出てくる、、あっという間に、こんなに!
そして試食したら甘いことって。

(美味しく食べるための努力を惜しまないSパパは、ちゃんと道中パン屋さんに立ち寄って、バケットを買ってきていた!)




今度は外へ出て、ハチの巣を観察しながら、雄蜂と、雌蜂の区別のしかた、ハチの巣の形は働き蜂が作っていること、今の女王バチが何らかの理由で死んでしまうと、新しく生まれた蜂の中から一匹だけに、ローヤルゼリーを食べさせて女王バチにすること、など「蜂のヒミツ」をたくさん教えていただきました。



「働きバチはすべてメス。 オスは子孫を残すため巣にいるだけで、一切働きません」

オスを生むか、メスを生むかは、
女王蜂が卵を産むときに、巣の形をみて産み分けるんだって。

へー!って思うことがいっぱい!


オスは刺さないから。と、子どもたちの手の上に乗せてくださって、
本当に、大満足な見学でした。

館内に戻ると、貴重な世界の蜂グッズを見て回りました。
世界に一つしかないようなお宝がいっぱい!

みんないっぱい試食させていただいて、それぞれにお好みの味のハチミツを買って帰りました。

また来年も来たいな!!  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年08月25日 00:02

【自由時間ですか?】

カテゴリ:活動日記


この日、初めて参加したサポートスタッフから

「今は自由時間ですか?」と質問が。

『基本的には、いつも自由時間かなー?』

「あ!ホントですね!」と、2人で大笑い。

。。。。。。。。。。

てんとうむしの活動でも、大人の側から遊びのきっかけを提供する場面はあるけれど、

「大人が遊びだと思っていることが、こどもにはそうでもない」

っていうこと、よくあります。


水やり、料理、火おこし、などもそう。

「これをしたら遊んでもいい?」

っていうことにならないように、

せっかくだから。っていう、オトナからの押しつけがないように、

一人一人の興味の方向、声かけ、タイミング、気を付けています。
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年07月30日 00:03

自然が、大人をつなげてくれる。



自然の中にいると、想定外なことが次々と起こって、
それをきっかけに、お母さんたちの気持ちが繋がっていく。

情報過多の現代は、
調べただけで、わかったような気になってしまう。

頭でっかちな大人が増えていて、
結果的に、こどもたちの遊び場を奪ってしまっていないか、、


森のようちえんは、子どもを核にして、
大人たちが成長する場所。

肌で感じた経験や、実体験の記憶の積み重ねが、
自分の自信になっていく。
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年07月28日 00:02

ザリガニのお引越しには、、

カテゴリ:活動日記



まだ手でザリガニが触れない年長Aくん、


保育スタッフMちゃんに、ザルをつくってもらって大喜び 『これならザリガニお引越しできる!』





ザリガニ、すいぞくかん!

営業中~。  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年07月27日 00:03

豊田市 で カフェ会議

カテゴリ:活動日記カテゴリ:地元情報~豊田市~
夏休みの始まりに、こちらで スタッフ会議。


子どもたちのこと、お母さんたちのことを
スタッフで共有して、いっぱい笑って、感心して、、とても充実した時間でした。


会議は、他人の価値観や視点を知ることができる貴重な機会だということを全員が理解しているから、
とても発展的で、面白い!

それにしても、、

こちらのお店のメニューは、
外観からは想像できない 本格中華でした!

辛さも、ホンモノ!
お腹いっぱいで、食べきれなーい!


、、、、、、


みよし市で会議する時は、こちらイチオシ!
畳席に、キッズスペースがあるのがありがたいです。

  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)