お問合せはtentoumushi344@gmail.comまで

2017年03月11日 09:31

フライパン、第二の人生 ~ 震災から6年。

カテゴリ:活動日記カテゴリ:つれづれ


こどもたちは、ママゴト大好き。
キッチンで不要になったフライパンは、ママゴトグッズとして、第二の人生を過ごしています。

。。。。。
今元気に遊んでいるこの子たちは、6年前の今日、お母さんのお腹にいました。
私も妊娠八ヶ月の妊婦さん。

地震が起きた時は、ちょうど野外自主保育から帰宅して、
お腹の赤ちゃんのために、長男と一緒に安産灸をしているとこでした。

グラグラっと大きく揺れたので、火を消して3歳の長男と手をつないで、家具のない部屋へ避難しました。
情報を得ようにも、メディアは混乱し、情報がかなり交錯していました。

映像を見る度に、あまりの惨状に目を被いたくなりました。
私たちは、東北の方々に思いを馳せ、支援物資を集めて送ったりしながら、
自分たちの野外活動を、今後どうするか話しました。

外遊びはしたいけど、、、
雨は危険、放射能が心配、公園の水は飲ませたくない、落ち葉を焼いてはいけない、側溝で遊ぶのは怖い。

みんなの不安を共有すればするほど、野外保育は、もうできないと感じました。
県内の仲間団体さん達も、それぞれに悩み、話し合い、方向性を決めていました。

私たちは、放射能汚染を不安に思いながらも、孤独に子育てするよりはいい。という判断をして、
しばらくは『雨にあたらないように、続行』しました。

愛知でも、福島から避難された方とお会いします。
福島ナンバーの車を見かけると、困っていることはないかと気にかかります。

私たちにできることは限られているけれど、
大事なのは、震災の記憶を風化させないこと。

自分たちも備えること。  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2016年10月13日 20:59

〈閲覧注意〉 かあちゃんは、ヘビ使い。



~稲武遠足のびっくり話~

みんなが石釜でピザを焼いて、のんびり遊んでいるとき、

裏を散歩していたら、蛇がいた。
木の根元から、出入りしている。

近くにいた親子組の お父さんと、じーっと行く先を確認。
園児が仲間を呼びにいく。

でも園児には、発見できない。
えー、見たいのに!
不満がたまる。

こんなときは、、、
AちゃんAくんのお母さんを呼ぶ。

やってくると、あたりを見回して、、

なんと、、、

つかまえた!


みんな大興奮。

集まってきて、思い思いに、さわってみる。
指一本でツン。
手でにぎって。。

『もっとヌルッとしてると思ったけど、意外とカサカサして固いんだね~』
『皮のバックみたい』

こどもも、大人も興味津々。

稲武在住のMakiさんまで
『わたし、さわったことないの。さわっていい?』
とおそるおそる、触りにきた。

てんとうむしの、ツワモノかあちゃん、尊敬シマス。。
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2016年09月05日 14:33

ひぇー! スーパー布団ジャンプの証拠写真。

見よ!この形相。 座敷わらしも逃げていくね。 

画面のこっちまで、飛んできそうなパワー!

もいっちょ!クリオネ飛び! この美しさは未来の体操選手。


キャンプの夜。
母の知らないところで、こんなことが布団ジャンプが行われていたとは、、。

Rパパ だいちゃん写真ありがとう!  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2016年06月29日 10:35

とうもろこしは、お湯を沸かしてから 取りにいけ!

カテゴリ:活動日記カテゴリ:地元情報

昔、ばあちゃんが、言っていました。

「とうもろこしは、鮮度が命。お湯を沸かして準備をしてから、畑へ行くのがええ」



昨日は園児と、とうもろこしを収穫。

採れたてを食す贅沢。
みよしは、いいなぁ。



畑でもいで、火をおこして、皮のままじか焼きして、食べる!
これぐらい黒く焼くのが我が家流。

家庭では、魚焼きグリルで、できます。
茹でたり蒸したりするより、断然美味しい!

NPO法人みよし協働農園の会の太田さん、増岡さん、ありがとうございました。  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2016年05月26日 15:21

これぞ!パンダ顔!

カテゴリ:活動日記


森の中を飛び回って、あそんでいるなぁ、、と思ったら、
この顔!

やり切った感、満載の顔つきで、ニコニコしながら近づいてくる。

自分ではどうなってるのか見えていないけれど、周囲の人が大笑いしてくれるのが嬉しくて、

「見てみて~!」

と言いながら、あちこちの大人の顔をのぞいて回ってる。

偶然の芸術って、すごいなぁ。。

落ち込んでいても、この顔を見たら元気になれそう!
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2016年05月26日 13:21

お絵描タイム!

カテゴリ:活動日記




暑すぎず、寒すぎずの今日。
園児たちは、絵筆を持って青空造形。

いつものことだけれど、写真のように、真面目に絵を描いていたのは、ほんの数分。

男チームはダンボールに描き、さらにびりびりびりびり。


ちっちゃな子たちは、筆を洗うバケツに入ってみたり、身体バシャーッとかけてみたり、
それはそれは、予想外なおもしろい遊びが展開されていましたとさ。

子供たちの発想は、いつだって無限大。
どんどん変化していくのが、遊びの醍醐味だよね。
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2016年05月01日 16:48

未来への輝きが、ここに。



てんとうむし全園児とその家族に加えて、親子組さん、OBさん。
総勢15組50人で参加した、阿智村の森のようちえんに参加してきました!

われらが愛する 森のようちえん全国ネットワーク運営委員長 うっちゃん〈内田幸一さん〉のもと
大人も子どもも、思いっきり遊びきった2日間でした。

たくさんのワークショップ備品を準備して、大量の食事支度をして、森の中の活動見守りをして、
かなり大変だと思うのに、いつでもとびっきりの笑顔で接してくださった 
うっちゃんとスタッフさんに 感謝の気持ちでいっぱいです。

愛知県内の森のようちえん中間にもたくさん会えたし、これから森のようちえんを始めようとしている
初々しい人たちにもたくさんエネルギーをいただいて、
森のようちえんの未来を感じましたよ。

次は夏キャンプ!
次回は二泊で行くからねー!!!  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2016年03月18日 23:16

わかりやすい! 「イラスト版 持ち物リスト」

カテゴリ:活動日記カテゴリ:てんとうむし詳細情報


数年前、Kちゃんが描いてくれた、持ち物リスト。

とってもわかりやすくて、新入会組さんに好評です。



ワーキングマザーのKちゃんは、なかなか普段の活動には顔を出せないけれど、

影でしっかり、てんとうむしを 支えてくれています。

つい数日前も、がが~っ!とブルドーザーのごとく、大量の書類を仕上げてくれました。

アリガトー!

4月10日に入園する新入園児の名札も、木の枝を切って、紙ヤスリで整えて、

絵の具で、全員の名前を描いてくれたよ!


てんとうむしTシャツもKちゃんの字。


みんながちょっとずつ、できることをやっていけば、うまくまわっていく。

仕事とは違う、この支えあいが、子育てに一番必要なものだと思う。

ねばならない! で,何かを仕上げるのは、しんどい。

手伝いたいから、助けたいから、自分がやりたいから、子供の笑顔や、未来の光を想像しながら、

やる。

あれもこれも、見ずに、目の前のものを、ひとつひとつ地道に。

それが、長続きのコツだと思ってます。


実はこの数週間,膨大な資料を見てため息をついていた私。

Kちゃんに勇気をもらったよー!

  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2016年02月22日 19:41

なんてったって、落ち葉シャワー!

カテゴリ:活動日記
この時期は、やっぱりこれ!

落ち葉のお風呂と、、、


落ち葉シャワー!


写真から、子供たちの声が、聞こえてきそうだね!

  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2015年11月26日 16:24

五感で感じる。本物を感じる。

カテゴリ:活動日記


写真を見て、さむそー!と思うのは大人だけ。

子どもは、興味のままに、川の中へじゃぶじゃぶ。

冷たい水の感覚だったり、風の冷たさだったり、秋風の匂いだったり、

自分の肌で感じたことは、大人になっても忘れない。

記憶の深いところに、ちゃーんと刻まれて、心の糧になっていく。




★『直感力が、その子の未来を決める!』


  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)