お問合せはtentoumushi344@gmail.comまで

2019年04月30日 08:02

今日、どこ行こうかな?と思ったら、ここをチェック!

カテゴリ:つれづれ


子育て中って、孤立しやすい。

人に会うことがグッと減るから、
子どもと一緒にお出かけしたくても、
その情報をもらいにくい。

そんな時は、
豊田市HP のイベントカレンダー が、オススメ!
http://www.city.toyota.aichi.jp/cgi-evt/event_smp.cgi


豊田市は平成の大合併で、たくさんの街が合併したから、今もいろんな地域で季節のイベントなど、毎日たくさんの催し物が行われているよ。

豊田市はこの四月から、小中学校の配布物も電子化されました。
資源の無駄も、先生の負担も減るし

ランドセル内もスッキリするし、いいと思う!














  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2019年04月21日 00:02

子どもたちが オトナを繋げてくれる。

カテゴリ:つれづれ


てんとうむし園児も、親子組さんも、
あたらしいお友だちを迎えて
順調に活動スタートしました。

まだ始まったばかりなのに
ホッとできる雰囲気があるのは

継続組さんが、居心地のいい空気を
作ってくれているからだね。


子どもたちはいつでも
自然に仲良くなって、
その子どもが大人を繋げてくれる。

母たちの絆を深めてくれるのは、
子どもたち








  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2019年04月07日 19:18

桜の木の下で

カテゴリ:つれづれ
先週 入学式を終えたばかりの卒園児と、卒園児母も交えて、みよしプレーパークでお花見会。



満開の桜で、一面ピンク色の風景。

この場所で卒園式を終えてから
まだ数週間しか経ってないとは思えないほど

季節も、環境も、心境も
変化している。

みんなと一緒に
いっぱい笑って
時には涙を流して

たくさんの人たちに暖かく見守ってもらいながら
第二の青春を過ごした日々が
もう懐かしい。


嬉しい気持ちが半分。
もう戻れない切なさが半分。


これからはちょっと遠くから見守るから、
安心して新しい世界に飛び込んでね!



入学おめでとう。





















  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2019年03月30日 00:01

居心地のいい 人づきあいの距離感 

カテゴリ:つれづれ

来年度、PTA役員に立候補しました。

外部からは、ほとんど様子が見えなくなってしまった学校という空間を、
地域に開かれた場所にするためにはどうするのがいいのか、森のようちえんを開園した当初から、ずっと温めてきました。

それには、自分が母という立場でいられるうちに、学校内で動いて 地域の方達と繋げていくのが一番かな?と、
5年間温め続けた想いを、いよいよ始動できるのがとても楽しみです。


そして!新しい仲間たち(現役員さんからご指名の上、抽選で役職が決まったお母さんたち)と 初めましてのご挨拶。
早速お話してみると、、

ん?思ってたよりずっと、闇が深い感じ。

PTAは大変、めんどくさい が根源にあって、

できれば何もしたくないから、発言せずに
周囲の出方を様子見している。

いろいろな方達と繋がれて面白そう!
楽しみ&わくわく からスタートしている私は
あれ?そうなの?という気持ちで聞いていた。

『前の役員さんがこうだったから、、』
『学校が○○してくれたらいいのにね』

って、他人に責任転嫁してしまうと、
やる気が削がれて逆にしんどいと思うなぁ。

、、、、、

【てんとうむし入園資料】に記載されている てんとうむしが大切にしている10項目の中の一文を思い出しました。


『誰かのせいにする人は、ここにいない。自分ができることを、できるようになった時にやればいい』


みんな毎日悩みながら一生懸命生きていることを
全員が理解しているから、
みんなで居心地のいい場所を作っています。

「やりたくないことをすると、誰かのせいにしたくなる」

だから私自身も常にやりたいことしかしないようにしています。

、、、裁縫とか、小道具作りとか、緻密な作業も一応頑張るけど、苦手すぎて鼻からスチームが出そうなの。笑

みんないつもありがと♪


。。。。。
森のようちえんの活動を通して、
どっぷりとお母さんたちとの時間を共にすることで

知らない間に 
【居心地のいい人づきあいの距離感】 

というものを ものすごく学んできてたんだなぁということをPTAをスタートを前に、しみじみ感じています。


さて、来年度も
たくさんの方と新しく繋がりながら、
ワクワクしていこうっと!








  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(1)

2019年03月27日 00:01

5歳Fちゃん プレゼントソング「おねえちゃんだもん」

カテゴリ:つれづれカテゴリ:入園式、巣立ちの会

〜PHOTO Ayami 〜



昨年度の年長さんプレゼントソングを聴いて、
「わたしのも作って!」と、
当時年中組 Fちゃん。

数日後に届いた歌詞を読んだ時の衝撃は、
まるで時間が止まったような感覚でした。

妹が産まれて、揺れ動く心が
まっすぐに表現されている 5歳の子の感性に、
感動して、

その後、Fちゃん本人のかわいい声で、
この歌をステージで披露してくれて、また感動。


、、、、、

「おねえちゃんだもん」

作詞 Fちゃん 5歳
作曲 しらゆみ

ママあわわして
寝る前は本を読んでね

ママはいつも言ってくれる
○○ちゃんはママの大事な子

だけどママは忙しい
だから我慢しなくちゃ

ママと遊びたいけれど
1人でも大丈夫

お姉ちゃんだもん
お姉ちゃんだもん
○○はお姉ちゃんだもん

一緒にいてよって言いたいけれど
恥ずかしい

ママは優しい
すてきな私のお母さん
悲しいとき
すぐ来てくれる

私の大事な
お母さんだもん


、、、、、

何度読んでも、
ため息が出ちゃう。

おねえちゃんになっても、
兄弟が増えても、
やっぱり
自分だけのお母さんだもんね。


私も5歳の頃から、曲を作ってきた。
でもいろいろあってしんどくて、
しばらく曲を書くのをやめていた。

再び、書くようになったのは、
森のようちえんを開園してから。

結局のところ何事も

自分にできることしかできない

と割り切って考えられるようになったから。


来年度も、子どもたちの歌を作る機会を与えてもらえることが、私の喜びです。


おーい。

新年長さんのみんなー‼︎

歌詞はできるだけ早めに、ちょうだいねー!






  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2019年03月04日 10:21

わかってもらえてあたりまえ なことって、、

カテゴリ:つれづれ

何でも
やってもらってあたりまえ

なのは、
赤ちゃんのうちだけ。

いくら、察する文化を持つ日本人同士だとしても

何も話さなくてもわかってもらえる
なんてことは、ほとんどない。

親子も。
夫婦も(笑)

わかってもらえてなくて当然。

ってことを大前提にして、話をした方が、
お互いに、気持ちがラクよね。



★ただいま参加者募集中★

森のようちえん てんとうむし 親子組 一日体験会 
3月14日木曜日 10時30分~


  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2019年02月28日 00:03

あとから言ったら 言い訳になる

カテゴリ:つれづれ



【絵本読むんじゃなかった?】

『ちょっと待ってねー。ママが歯を磨いたら』



【一緒に公園へ行くんじゃなかった?】

『ちょっと待ってねー。洗濯物をたたんだらすぐ行くから』


、、、気が付くと、ちょっと待ってね。ばっかり言ってて、

しかも言い訳までくっつけちゃってるなぁ。。





同じ言葉でも、先に言えば『説明』。 あとから言うと『言い訳』 

よね。


こどもにだけじゃなく、大人同士でも同じこと。

気を付けよ。。

  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2019年02月27日 16:12

卒園まで 刻々と

カテゴリ:つれづれ



卒園の日が刻々と近づいてきます。


園児の卒園式は、お母さんたちも、卒園する日。
みんな当然のように心が揺れています。

なかなか気持ちの整頓ができない年長母たちに寄り添いつつ、
卒園記念品を制作し、一人一人へプレゼントソングを録音し、写真集を作り、、

着々と、卒園式に向けての準備を進めていきます。

さらに、入園式の準備も同時進行!

駆けつけてくださる予定の方々に
ご招待状を送ります。

毎年、
春になると、心がざわざわ。


  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2019年01月06日 15:30

雪の輝きを眺めながら 読書する

カテゴリ:つれづれ
二泊三日の冬キャンプ。

雪見酒ならぬ 雪見本。



古民家の前で雪遊びしてる子どもたちの声を聴きながら、気になっていた本を読む時間。

↓年末に読んだ
糸井さんと、ヨシタケシンスケさんの対談。

あの絵はこうしてできていたのね。
っていうストーリーを知るとさらに面白い!

https://www.1101.com/yoshitake2/









  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年12月31日 00:04

2018年 ありがとうこざいました。

カテゴリ:つれづれ


今年も1年間
大きな事故もなく
穏やかに活動することができました。

支えてくださった皆様、
心を寄せてくださった皆様には
本当に感謝しています。


2014年に、森のようちえん 立ち上げ準備をスタートしてからここまで、
上の子が卒園しても、下の子が入園してくれて
母たちの顔ぶれはずっと同じ。

言葉で語らなくとも理解し合える仲間たちに囲まれて、安心して活動していくことかてきたのが
奇跡のようですが、

いよいよ今年度、4人の母が巣立ちます。

巣立った後も、ずっとてんとうむしの仲間だし、
家族のような存在であることはは、変わりないけれど、やっぱり寂しさを感じます。

でも、健康に過ごしていれば、
いつでも会えるね!


来年も、
楽しい事がたくさん起こりそうな予感がしています。
みんなで支え合って
育ち合いながら、
子どもたちにエネルギーをもらって、
毎日を紡いでいきたいと思います。


、、、、

今年は、講演会の講師という大役もいただき、自分の考えを言葉にすることへの苦手意識を払拭するためのトレーニングとして、365日毎日ブログをアップし続けたら、すごい量になりました!
継続は力に、、なったのかな?


2019年も、どうぞよろしくお願いします。  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)