お問合せはtentoumushi344@gmail.comまで

2017年12月29日 07:06

餅つきに想う

カテゴリ:つれづれ
地域の餅つき



こういう場面でいつも実感するのは、

どれだけ機械化が進んで、最終的には、

『人の肌感覚と、経験値がものをいう』

ということ。



杵の使い方。

熱いお餅を、どう手返しするか。

二人のタイミング。

どこまでついたら完成なのか。


すべて、経験から身につけている。



若さは関係ない。

力づくでは、うまくいかない。

見よう見まねでも、なかなかうまくいかない。



そういうことって、

あたりまえのことだけれど、忘れがち。



忘れちゃうから、地域の方たちと一緒に活動することで、

その都度、仲間たちと共に確認している。



毎年やっているからと、自信満々な年長さん。

根拠のない自信、ここにあり。という顔をしている。

それはそれで頼もしい。




餅つきの経験が豊富な方々の、所作の美しさに、

今年も、惚れ惚れしている。

  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年12月27日 20:01

こんなにカラフルな貝がある。

カテゴリ:つれづれ
年末に、熊本の親族宅から届く貝。



「ひおうぎ貝」


紫、オレンジ、黄色。。。

とってもきれいな貝殻で、洗ったらアート作品に使えそう♪



愛知県は海も山もあって、いいところなんだけれど、

街中に住んでいると、魚介に疎いんだなぁとつくづく思う。


  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年12月25日 18:25

クリスマス企画開催中! 「TOHO GAS エネルギー館」 

カテゴリ:つれづれカテゴリ:地元情報


子どものリクエストで、東海市まで行ってきました。

HPはこちら。
http://www.tohogas.co.jp/gas-enekan/

ここは、地元小学生の社会見学で有名な場所なので、平日は、子ども会や、団体でいっぱいなのだと思うけれど、
週末は、予約せずに家族でふら~りと行けるのがいいね。

ちょうどクリスマス企画展をやっていて楽しめました。描いた恐竜が、卵からかえって、ちょこちょこ動いてて、かわいかったよ!
こちらの企画展は26日まで。




最上階には、展望台。

椅子もたくさんあるし、人がいないので、こころゆくまで、のーんびり眺められるのが人気。  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年12月25日 08:36

バウムクーヘン、一本買い!

カテゴリ:つれづれ
私の誕生日に、バウムクーヘン一本!が届きました。


本場ドイツで食べてみて、やっぱり日本人には日本のバウムクーヘンの味が合う。と思ったらしく、
『一度、これを買ってみたかった』 んだとか。

以前、たき火の上で、竹をぐるぐる回して、2~3時間かけてバウムクーヘンを作ったことも何度かあります。

が、子どもたちがいる中では集中して作れず、しかも、あ!!!!っという間に食べて終わり。
イベント的にはとっても楽しいですが、こどもたちが殺到するので、味わう余裕すらなく。。

『バウムクーヘンはたくさんの人でワイワイ作るものじゃなくて、
の~んびりおしゃべりしながら時間を気にせず作るものだねー』

という見解に。




切り口から乾燥していくので、カットされたバウムクーヘンと違って、
その都度、食べるときに切り取るのは、本当に美味しいです!

どこを切ろうかなー。ってくるくる回しながら考えるのもワクワクする。

、、、が、、
ありがたいことに何日経っても、全然なくならない~。

さすがに、こどもたちも毎日食べる気持ちにならないらしく、二週間が経ちました。


ここまで我が家に遊びに来てくれる森仲間たち十数人に食べてもらってますが、
このまま年越しになりそう? 



大人数のパーティには、おススメです!!  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年12月19日 19:15

ヤケドに、『紫雲膏』と『プラスモイスト』

カテゴリ:つれづれカテゴリ:怪我、事故 対策法


来月、園児の雪遊び合宿でお世話になる飛騨のSさんより、
手作りの『紫雲膏』が届きました。

その名の通り紫色。
紫雲膏は、ヤケドや切り傷などによく効くといわれています。

森のようちえんの救急セットの中にいれておこうかなぁと思っていた矢先、
湯たんぽのお湯を入れ替えようとして、うっかり手にお湯をかけてしまった。。

あち!

やれやれ。紫雲膏を使いたいと思ったわけではないけど、
タイミングがよすぎるなぁ、、と思いながら、早速。

紫雲膏を厚めに塗って、プラスモイスト。

紫雲膏は、独特なにおいがするので、今まで自分で使ったことはなかったのですが、
この時ばかりは、感謝感謝のお役立ち。



この日もまた、プラスモイストのお世話になりました。

指のヤケドは軽かったので、数日で、無事に治って一安心でした。

ありがとうSさん。
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年12月14日 07:39

子どもの遊びには旬がある

カテゴリ:つれづれ


元気に飛び回って遊ぶ子、
静かに、おままごとをする子。

こどもの世界を、いろんな形でアウトプットしてくれる。



春ごろと比べると、木登りする顔ぶれも変わってきた。


子どもの遊びには旬がある。


木登りは体重が軽いほうがいいし、

泥団子は、泥を触れる時期しかやれない。
『やだぁ!ツメに土が汚れちゃうもん♪』なんて言い始めたら、もう無理。

池ドボンなんて、後先考えずに遊べる時期じゃないと、とてもとても。。




やったことがある遊びは、見守れる。

大人になってから、やったことがないことを、

初めてやるのは、なかなか敷居が高い。




毎日全力で遊んでいるこどもたち、

この世界を充分に堪能してから、

次へ進んでほしい。

  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年12月11日 07:35

コアラのマーチが、『ゆうちょのマーチ』

カテゴリ:つれづれ


郵便局で、かわいいパッケージのお菓子をいただきました!!

『ゆうちょのマーチ』

三つのお味がありました♪

  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年12月09日 19:24

みよし市立病院に 院内保育園ができるね。

カテゴリ:つれづれ


みよし市立病院の脇に、素敵な建物が。

近寄ってみると、院内保育園でした!


園児が使わない時間帯は、ホールを一般貸し出しとか。。

あるといいけれどなぁ。  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年12月03日 07:40

ドリンクコーナー&蜂蜜売場 ~みよし市のおススメスポット その27~

カテゴリ:つれづれカテゴリ:地元情報カテゴリ:地元情報~みよし市~


三好丘駅前、カリヨンハウスの一階ビジターセンター内に、ドリンクスペースができたよ!

この日は、ゆっくりここでママ会議でした。

子育て支援センターが満席の時は、ここでお弁当食べたり、お茶したりするのがおススメ♪


二階のお店をのぞいたら、梅狩りなどでお世話になってる村上農園さんの ハチミツ発見!  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年11月30日 08:20

椅子から自由になる!

カテゴリ:つれづれ

↑崖があれば登りたい。そこに理由はない。。。年長遠足にて



椅子から自由になる教育についての記事を読みました。
http://dual.nikkei.co.jp/atcl/column/17/1111180/102400001/?P=5&ST=mobile

バランスボールに乗って授業。
編み物しながら授業。

私たちは 『姿勢を正して椅子に座る』 教育を受けてきたので、
《中学校では、毎時間、授業前に黙想の時間もありました》

ながら授業は、とても斬新に感じるかもしれない。

でも、結構いい!

独身時代、ヨーロッパで授業を受ける機会に恵まれた私は、
この光景を目の当たりにして、その効果を実感しました。

しかも!
先生が、率先してそれをする。

授業中、甘酸っぱいにおいに周囲を見回すと、
教員が机の上に座って 《←椅子ではなく!》 みかんを食べながら授業していた。

また別の日は、おもむろに自分の引き出しからバナナを取り出し、
食べながら授業していたこともあった。

そして、世界から集まっている生徒たちもまた、
自由すぎるスタイルで授業をうけている。

日本ではありえない光景に、最初は、びっくりしたけれど
自由なスタンスが保証されていると 自主的に授業に取り組めるのは確か。

自ら学ぶ方法を知り、それに興味を持てば
人生は、ぐっと楽しくなるんだということを、実感しました。



学ぶことは、どこでもできる。

特に、直観力に優れている子どもたちは、

動きながら考え、そこから更なるひらめきを生んでいく。






  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)