お問合せはtentoumushi344@gmail.comまで

2017年03月15日 10:26

うさぎパン、ネコパン、、、!

カテゴリ:つれづれ


キッチンに 焼かれ待ち の「うさぎパン」がいた。

パンの形は、みんなそれぞれ。

葉っぱの形、ヘビの形、、、


ハートの形のパンは、焼いたらまぁるくなってたね。


ネコパンもあるー!

~お泊まり冬キャンプにて~
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年03月12日 08:06

こどもの遊びはAKB。 ~ Aあぶない Kきたない Bばかばかしい~

カテゴリ:つれづれ
最先端の『すべり止め靴下』を発明したATくん!



ことの発端は、追いかけっこ。

冬キャンプの宿泊施設にて
よく磨かれたフローリングで追いかけっこして遊んでいたATくん。
ツルッとすべって、追いかけていたNくんと、思いっきりぶつかった!

痛くて
うわーん!と、泣き出すAT。

どうしたどうした?

まわりにいた子が集まってくる。

事情を聞いて、うんうん。そうなんだね。と受け止める仲間たち。

「じゃあどうしたらよかったんだろう?」

『靴下を脱いで走ったらよかったんじゃない?』

「でもママが、靴下はいてて」って言うから。。

そりゃ、そうよね。
外の気温はマイナス。
子供たちの背丈以上の高さまで雪が積もっている。

じゃ、どうする?

『あ!いいこと思いついた!』

と、ATくん。
おもむろに、机の下にあったすべり止めクッションを 工作用に置いてあったセロテープで貼り付けはじめた。

いいねぇいいねぇ!
まわりの子供たちも、一緒に、ATくんの両方の足の裏にテープで貼り付けて装着完了!

ATくん、ご満悦な顔をして、しばらくそのまま遊んでいた。

10分もしないうちに、やっぱりこれ、いいや!
とビリビリぽい。

そりゃそうだよねー!

その時には、泣いていたことなんてすっかり忘れて、ご機嫌さん。

。。。。。。
一部始終を見ていた母たちは、笑いが止まらない。

静岡県「NPO法人 ゆめ・まち・ねっと」の 渡部達也さん〈たっちゃん〉の言葉が浮かんだ。
http://www6.shizuokanet.ne.jp/usr/hiroko01/

『こどもの遊びは、AKB』

A あぶない
K きたない
B ばかばかしい。


★今日と明日、愛知で たっちゃんの講演会、ありますよー!
今日は刈谷市。
http://blog.goo.ne.jp/little_house_kariya
明日の午前中は天白区。  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年03月11日 09:31

フライパン、第二の人生 ~ 震災から6年。

カテゴリ:活動日記カテゴリ:つれづれ


こどもたちは、ママゴト大好き。
キッチンで不要になったフライパンは、ママゴトグッズとして、第二の人生を過ごしています。

。。。。。
今元気に遊んでいるこの子たちは、6年前の今日、お母さんのお腹にいました。
私も妊娠八ヶ月の妊婦さん。

地震が起きた時は、ちょうど野外自主保育から帰宅して、
お腹の赤ちゃんのために、長男と一緒に安産灸をしているとこでした。

グラグラっと大きく揺れたので、火を消して3歳の長男と手をつないで、家具のない部屋へ避難しました。
情報を得ようにも、メディアは混乱し、情報がかなり交錯していました。

映像を見る度に、あまりの惨状に目を被いたくなりました。
私たちは、東北の方々に思いを馳せ、支援物資を集めて送ったりしながら、
自分たちの野外活動を、今後どうするか話しました。

外遊びはしたいけど、、、
雨は危険、放射能が心配、公園の水は飲ませたくない、落ち葉を焼いてはいけない、側溝で遊ぶのは怖い。

みんなの不安を共有すればするほど、野外保育は、もうできないと感じました。
県内の仲間団体さん達も、それぞれに悩み、話し合い、方向性を決めていました。

私たちは、放射能汚染を不安に思いながらも、孤独に子育てするよりはいい。という判断をして、
しばらくは『雨にあたらないように、続行』しました。

愛知でも、福島から避難された方とお会いします。
福島ナンバーの車を見かけると、困っていることはないかと気にかかります。

私たちにできることは限られているけれど、
大事なのは、震災の記憶を風化させないこと。

自分たちも備えること。  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年03月07日 19:29

「三匹のヤギのがらがらどん」のうた

カテゴリ:つれづれ


ふと見ると、橋の上にいるこどもたちが「ガラガラどん」の劇が始まっている。

「がたごとがたごと」
「おれのだいじな 橋を ゆらすのは だれだ」

どうやら、セリフを全部覚えているらしい。

多分、この曲のおかげ。

「三匹のやぎのがらがらどん」のうた
https://www.youtube.com/watch?v=j1vODksHe_w&list=RDj1vODksHe_w#t=182

不思議な歌で、大人は頭に入らないけど、、。
いつの間にか、覚えていたんだね。

木を倒しただけの この橋、最初は誰もわたらなかった。
どうする?大丈夫かな?
誰が一番に渡るのか、みんな静かに様子をうかがっている。


そこへ 身軽な年少Aくんが、ひょいひょい!と渡った!
すると、それを見て2才児Sくんもマネして慎重に渡り、それにつづいてみんなもぞろぞろぞろ。


午後には、新入園児Yくんも、年長Mちゃんが手をひいてくれて、橋を渡れたよ!


上の子の様子を見て学んでいく。
怖いことは やらない。

今ならできそうと思ったタイミングで、動き出す子どもたち。
こどもの直感は素晴らしい!
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年03月07日 17:56

隠れ家と、ヒミツ部屋がある認定幼稚園



雪遊びキャンプの中で、こどもの森幼稚園を見学してきたよ。
https://www.iizuna-gakuen.info

ここは、森のようちえん全国ネットワーク運営委員長うっちゃんが全国を旅してみつけた場所。
現在は、うっちゃんの奥様が代表をされており、初めてご挨拶。


もうね、何もかもが素敵過ぎて、
ため息がこぼれてばかり。


園の中は、隠れ家と、秘密のお部屋があちこちにある。
中をのぞくと木のままごとセットや、お店やさんごっこセット。

壁にはお母さんたちの刺繍やお花など、手作りのあったかい作品がいっぱい。

本当に素敵。。
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年03月02日 08:53

日進市「海賊船」~こんなものまで商品になる!!~  その2

カテゴリ:つれづれカテゴリ:地元情報
海賊船の艦長? 館長さんは、定期的に海のむこうへ買出しに行き、おもちゃだけじゃなく、
現地の子供たちが実際に遊んでいたオモチャや、お店で普通に売られているものも
持ち帰って来てくださいます。

こちらはバナナの皮!
靴にしたら、履きやすそう~。


タイヤが靴になっているー!
確かに、車の靴はタイヤだからね。なるほど。


空き瓶のふたと、ホースを使用したBag。


どれもアイディアいっぱいで、ほぉー、へぇー!と言いながら見て回りました。
この日は、リサイクルアート展だったようです。


大人がいろいろ見て回っている間、こどもたちは、、、というと
ツリーハウスの中にいました!

私も中へ入ってみたけれど、残念ながら大きくなりすぎた大人は
ベンチに座ることもできず退散。


すべてが子供サイズの、こどもの基地!!
私も作ったなぁ。
犬を飼ったり、本やオモチャや敷物など、あれこれ持ち込んで快適な環境を作っていたわ。
最高に楽しい居場所だった!
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年03月01日 08:06

竹林の向こうに火が見える!

カテゴリ:つれづれ
久しぶりに、みよし市北部にあるジャングルのような もののけ姫の舞台のような場所来た。



入り口もない、名もない山。
前回来たのはもうずいぶん前。

朽ちて倒れている小屋や、右にも左にも、ずーっとつながっている おじぞうさんの列にどきどきしながら、
頂上まで登り,山の神様にご挨拶をして、降りてきた。

園児と行けるのか、この先はどこに抜けるのか、こどもたちを連れて現場を下見をして、
さらに奥地を探検していたら、、

くんくん、火の匂い!

匂いがするほうへ進んでいくと、竹林の奥に一人の人影が!

火が大好きな兄弟は、ためらうことなく、かけよっていく。


「何してるのー?ぼくもやりたーい!」

静かに一人で黙々と火に丈をくべていた竹林の住人は、

「焼き芋あるけど,焼こうか?」

と、穏やかな笑顔で向かえてくれました。

お話してみると、森の住人ではなく、物腰の優しいご近所のお父さん。

週末に、一人で火遊びをしているんだそう。

その後も2時間ほど、パチンパチンと燃える竹を見ながら、静かなヒトトキ。


そのうち 園児たちと一緒に遊びに来れるといいなぁ。

プレーパークをするのに最適な場所だなぁ。。


そんな夢がまた膨らんだ一日でした。

今日も、いい出会いがあったわ♪

  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年02月26日 13:02

ご結婚おめでとうございます!

カテゴリ:つれづれ


森のようちえん てんとうむしのパンフレットをデザインしてくださった コイケヤクリエイトの咲姫ちゃん、
姓が変わったので結婚したことは知っていましたが、まさかお相手が 夢農人いしかわの いしかわ製茶さんとは
びっくり!!

ご自身のブーログ記事に、手作り挙式の様子を、全13話も綴ってくださる旦那さんも素敵!!
http://ishicha.boo-log.com/e396633.html

咲姫ちゃん、おめでとうございます!
てんとうむしのパンフレット、大切に配布させていただいています。


  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年02月25日 10:40

ひゃくようばこ書籍「春はどろんこ」

カテゴリ:つれづれカテゴリ:地元情報

てんとうむしの活動を応援してくださっている 順さんも ブーログ仲間。

順さんの ひゃくようばこblog
より、転載します!

「春はどろんこ」
http://hyakuyobako.boo-log.com/e390365.html  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年02月23日 10:59

夜にひっそり。 カフェで密会。

カテゴリ:つれづれカテゴリ:森のようちえん 


↑豊田刈谷みよし、、みんなの住居から検索して、ちょうど中心の位置にあったお店は、
ネパールカレー屋さんだった。


時々、行われている 「あいち森のようちえんネットワーク」の役員会。

だれもいない夜。

まさに、密会。


今のところ、派手な動きはないですが、コツコツと地道に、県内マップを作成中。


みんな子育て中でありながら、いろんなことをしている人ばかりなので

顔を合わせるだけでも、すごーく難しいのだけれど、

今,全国的に起きている勢いに乗りたい。

認知度を高めたい。

という熱い気持ちから、なんとか時間を作る。


こういうことができるのも、仲間たちや家族や、まわりの人が理解してくれて、

助けてもらっているおかげ。

ありがたい時間です。
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)