お問合せはtentoumushi344@gmail.comまで

2017年07月12日 07:57

一般企業による 森のようちえん体験会


~本文と関係ないけれど週末の川遊び~

「森のようちえん全国ネットワーク」のHPに掲載されていました。
http://morinoyouchien.org/join/community/call-for-participation/post-2361.html%EF%BC%9D

夏の特別企画!森のようちえん『まるたんぼう』で自然と遊ぼう!!(2泊3日)
https://motoazabu-farm.com/activities/13

鳥取県智頭町の「まるたんぼう」さんは、おそらく全国で最もメジャーな森のようちえんかもしれない。
メディアに登場回数も多く、企業とのコラボ、行政との連携も、ほんとうに素晴らしい!

少し前までは、森のようちえんって何?だったけれど、ほんの数年で、時代が一気に変わってきているなぁ。
と感慨深い。
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年07月05日 21:16

「ごちゃまぜ子育て会」報告



今年第一回目の「ごちゃまぜ子育て会」

終了しました!

今回も 豊田、みよし、刈谷から、11団体の参加があり、どの団体が、どの区分か、表を作るところから始まりました。
少し先をいくお母さんたちと話ができる機会は、とても貴重で、とっても楽しい!

会の中で出た山盛りの話題の中から少しだけ報告

●兄弟喧嘩の仲裁、どうしている?
→ジャッジはしない。基本介入しない。「こう言ってますけどー」「だそうですー」と、両方の代弁をしていると、いつの間にかおさまってくる、、ことも。

●イライラしたとき、どうやって気持ちを切り替えている?
→1人になる。甘いものを食べる。外へ出る。

●野外保育に興味のないお父さんの巻き込みかたは?
→著名な方の講演会を聞いたり著書を渡したりして巻き込んだ。
BBQや山登り、釣りなど、おとうさんの興味のある活動を団体で企画して一緒に楽しむ。

などなど。。

楽しすぎて、毎回写真撮り忘れ、、せめてパンフのゾーンぐらい。。
と思ってたら、みよしの野外保育仲間Uちゃんが、ちゃんと撮っててくれましたー!
ブログアップありがとう!

野外自主保育「みよし もり・そら」
https://ameblo.jp/miyoshimorisora/entry-12289192547.html

※よく聞かれるのでこの機会に解説:
「もり・そら」は、豊田と、みよし、二つありますが、それぞれ完全に独立して活動していて,
両方共親子参加型での野外活動です。
豊田は、毎週月曜が活動日。みよしは、毎週火曜日と木曜日の週二回活動しています。


。。。
話はずれるけど、もりそらのネーミングについて、ずっと気になっていたこと。

それは、

もり・そらの中点「・」


ずーっと以前、チラシ掲載の際に、中点をつけ忘れた時、発起人のKさんから、
「この中点は、こだわってつけているから、忘れずによろしくね!」

と言われました。

そうなんだ!と思いつつ、どんな意味があるのか、ずーっと気になって、、
聞きそびれたまま7年が経ち、

先日開催された 野外保育 とよた 森のたまご主催 の「運営たまカフェ」内で、
初めて判明!

中点は、「人」を意味するそうです。

もりと、そらのあいだに人がいる。

なるほど、そうだったんだ!

やっとスッキリ!!!  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年06月27日 19:20

韓国の保育~「森の体験」・「生態教育」の中で育む子どもたち~



国際結婚して、韓国ソウルに住む友達が、「森のようちえんって、ソウルにもあるのかなぁ」と、興味を持ってくれました。

「国際シンポジウムが開催されるぐらいだから、探したらきっとあるよー!」
と答えましたが,実際のところはどうなんだろう?

調べてみると、これまで、早期教育大国だった韓国も、最近では国全体で全人的教育が取り入れられ、
「森での遊びや探検、動植物観察などを通じて、集中力や探究心、想像力、創意性、社会性などを育もう」という、
森のようちえんと同じ方向性を持った形に、変化しているようです。

韓国の保育から見た子どもの育ち -「森の体験」・「生態教育」の中で育む子どもたち-
http://www.blog.crn.or.jp/lab/01/94.html

~本文より~
屋外での活動は天気に左右されず行われます。それは、子どもは雨の日に砂場などで遊ぶことで、晴れの日と違う楽しみ方を見つけたり、気象や自然に対する好奇心を広げたりすると考えられるからです。雨の日の散歩などは行わない、日本の多くの園とは異なっていると思います。


日本の幼児を取り巻く環境も、もっと大きく変化していくといいなぁ!
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年06月26日 18:06

スコットランドとニューヨークの森のようちえんの一日って?



こちらは、スコットランドとニューヨークの森のようちえんを経験されたお母さんの記事です。
写真を見るだけでワクワクするね♪

http://up-to-you.me/article/741

去年の夏は、イギリス ウインブルドンの知人宅へ、家族みんなでプチ移住して、
毎日、近郊の街や森へでかけて、子ども事情を視察してきました。

〔世界中どこへ行っても、気がつくと森のようちえん目線になってて自分で笑っちゃう〕


そのときの報告記事はこちら
http://sorashido.boo-log.com/d2016-08.html

この時は、ほんの二週間だったけれど、イギリスの魅力もたくさん発見できたし、
同時に、日本の森のようちえんの魅力も、たくさん発見できました!

外から見て、初めてわかる日本の素晴らしさ。

日本の四季の移り変わりの美しさは,多分世界でもトップクラス。

ヨーロッパに住んでいたときは、あんなに太陽が恋しくてたまらなかったのに、
日本にいると、当たり前のように輝く太陽を拝めるから、ついついありがたみを忘れちゃうなぁ。。  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年06月25日 22:52

アメリカで、森のようちえんは、どんなふうに理解されているの?

カテゴリ:森のようちえん カテゴリ:メディア情報


昨日のNHK地球ドラマチックで、イギリスの子どもたちの様子を見ながら、
ヨーロッパでは、どんどん野外での保育が広まっているけど、アメリカはどうなんだろう。と、疑問が沸いて、
調べました。

こちらは、ちょうど一年ほど前 2016年5月の記事。

http://mamamoru.com/education/mori-no-youchien/

アメリカの森のようちえんについて、記者の疑問に答える形で、詳細に書かれており、とっても興味深いです。
特にナイフの取扱いについては、文化の違い、犯罪頻度、など、国民性が深く関わっている様子。

「森の幼稚園では、なにを答えるかではなく、どのように問題を解決するのかを子どもたちを教えます!」
~記事内容より抜粋~

そういえば、以前お会いした方から、「ニューヨーク郊外 ブルックリンでも、駐在日本人が野外保育活動してますよ」と聞きました。

日本と同じく、アメリカも、口コミをたどって調べれば、もっとあちこちにありそう!  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年04月04日 19:52

青空にたなびく ベンガラ染め~

新規入会の親子も一緒に、春休みスペシャルDAY。

急な呼びかけにも関わらず13組の親子が集まりましたー。
例年なら、桜が満開だけれど、今年はまだまだ。

ベンガラ染めが得意な園児母Mちゃんが、染料を持ってきてくれて、みんなで服やタオルを染めたよ。
春風にたなびく様子は、とっても美しい。


こどもたちはというと、土手に登って走っている子もいれば、、


せっせと水路を作っている子もいる。


みんな、かなり熱中。

自由だなぁ。
春はいいなぁ。

冬を乗り越えたからこそ、春の喜びをしみじみと感じるね。
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年02月23日 10:59

夜にひっそり。 カフェで密会。

カテゴリ:つれづれカテゴリ:森のようちえん 


↑豊田刈谷みよし、、みんなの住居から検索して、ちょうど中心の位置にあったお店は、
ネパールカレー屋さんだった。


時々、行われている 「あいち森のようちえんネットワーク」の役員会。

だれもいない夜。

まさに、密会。


今のところ、派手な動きはないですが、コツコツと地道に、県内マップを作成中。


みんな子育て中でありながら、いろんなことをしている人ばかりなので

顔を合わせるだけでも、すごーく難しいのだけれど、

今,全国的に起きている勢いに乗りたい。

認知度を高めたい。

という熱い気持ちから、なんとか時間を作る。


こういうことができるのも、仲間たちや家族や、まわりの人が理解してくれて、

助けてもらっているおかげ。

ありがたい時間です。
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年02月19日 12:31

刈谷市 森のようちえん 新規スタート!


お隣 刈谷市 に 森のようちえん「こそあどの森」が立ち上がります!

代表えみちゃんも、副代表ガクちゃんも、めっちゃオススメなので、てんとうむしの新入園児さんご夫婦と一緒に、研修として説明会に参加してきましたよ。

「森のようちえんがいい!」

という妻の想いを受け入れて、入園を決めてくれたステキなお父さんたち。

推測するに、、
女性は身体で感じたまをニュアンスで話すから、妻から聞く話は、わかるようなわからないような…が男性の本音。


男性には、男性の理論がスッと腑に落ちる。

我が家の蔵書もお貸しして。
ご家族に理解を深めていただけたら嬉しいな。  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年02月15日 21:02

「ご一行様」貸切バスで、行くー!



来月、「森のようちえん てんとうむし ご一行様」 の 貸しきりバスで
念願の場所へ行ける!!

園児も大人も、みーんなが大好きな 森のようちえんの第一人者の 
うっちゃん 内田幸一さんが、全国津々浦々を、自らの足で回って土地を探し、
一番気に入ったという場所。

冬真っ盛りの長野県の飯綱へ!!!!
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年02月09日 14:02

リュックに入れて よっこいしょ!


「ながぐつ ぬれちゃった」


「りゅっくに、サンダルが あるよ」
「ママが入れといてくれたんだー」



よっこいしょ!っと。

リュックの中身は、上下の着替えに、靴の替え、お弁当に、カッパ。
いろいろ入っているけれど、ぐらりともしない。

外遊びしているこどもたちは、いつの間にやら、身体の根っこが どっしりと太くなっていく。

2才児Sまくんのたくましさに、惚れ惚れした一コマ。

Photo あやみ  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)