お問合せはtentoumushi344@gmail.comまで

2019年06月04日 16:27

カエルの鳴き声がする楽器「ガーガードラム」

プレーパークについて、もう少しご紹介

全国のプレーパークを統括してくださっている 
『日本冒険遊び場づくり協会』
http://bouken-asobiba.org/

こちらのHPトップページ画面下に書かれている文言に注目!

『IPA( 子どもの遊ぶ権利のための国際協会)は、UNESCO、ECOSOC、UNICEFの諮問組織であり、
これらの機関と共通の理念のもとに活動しています。
私たちは、IPA日本支部から派生した日本の冒険遊び場づくりの中間支援組織です』

こちらに書かれている IPA日本支部 
を統括をされていた Tさんは、
なんと、、みよしプレーパーク会場の すぐご近所に住んでいらっしゃいます。

※みよしプレーパークの世話人は、月に一度、Tさんを交えてお話し会を開催してます。
興味ある人は参加できるよ!

建築がご専門のTさんのお話は、それはそれは内容の濃い、目から鱗が落ちるようなお話がたくさん!

そのTさんが、一昨日のプレーパークにも 
ふらりと来てくれました。

ザリガニ釣りに興じる子供たちを眺めていたTさん、

気が付くといなくて。
あれ?どこへ行ったのかな?
と思っていたら、


こんな 手作りおもちゃを持って戻ってきました。



まわしてみると、
ゲロゲロ カエルの鳴き声のような音がする!

『ちょっと家に戻って、作ってきたんだよ。
ザリガニ釣りしてる場所が、なんか静かで寂しいなーと思って』
と、Tさん。

言われてみると確かに、
私たちが小さいころは、
ザリガニ釣ってるとカエルの声がしてたねー!

と、田舎育ち仲間のCちゃんと話が盛り上がった。

小物楽器は、以前Tさんに紹介していただいた、インドで出版された子どもの遊びについての本に
作り方の図入りで、紹介されていました。


Tさんは、こちらの日本語翻訳にも関わっていらっしゃいます。
訳し方も面白い!!



説明が、科学への興味を深めてくれる本。


へー!
新しい発見がいっぱいで、
大人も興味津々に読んじゃうよ!



あるもので、さらっと作るって、
できそうでなかなかできない。

Tさんは、いつも
子どもの遊びの権利を保障してくださって、
建築の観点から街づくりについて教えてくださって

私たちの活動を温かく見守って応援してくださって。

間違いなく、みよし市一番の 『宝』 です。

Tさん、
いつも私たちに発見と驚きをありがとうございます!

御年83歳。
どうか長生きしてくださいね。







  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2019年06月03日 22:12

みよしプレーパーク 大盛り上がり!

月に一度 開催している みよしプレーパーク は
野外保育OBの母たちが、運営しています。


昨日は
いい感じに曇りの日


たくさんの人が遊びに来て、終始
賑やかな声に包まれていました。



ザリガニも大漁!


人間の足とは思えない。。

次回のみよしプレーパークは
7月6日土曜日
三好丘緑地にて


誰でも自由に来ていいよ。

プレーパークのキャッチコピーは
『けがと弁当は自分持ち』

みよしプレーパーク ブログはこちらです!
http://miyoshippark.boo-log.com/

プレーパークは全国各地にあるので探してみてね!

日本冒険遊び場づくり協会HP
http://bouken-asobiba.org/











  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2019年05月06日 00:03

IPA 『子どもの遊ぶ権利のための国際協会』 って知ってる?



長年、建築の観点から 子どもたちの居場所について研究されている 方が、ご近所にいらっしゃるとわかってスタートした 月例座談会。

明快な語り口の高橋さんは、IPA(子どもの遊ぶ権利のための国際協会)の日本支部代表を務めていらした方。
http://www.ipajapan.org/p/play.html

会話の引き出しがとても多く、
毎回、トークテーマががらりと違ってとても興味深いお話ばかり!

今回は野外保育に関する記事の切り抜きを持ってきてくださいました。

他にも、時事ニュースから意見を述べたり、
地域の今と昔について、教えてもらったり、、
発見がたくさんあって、まさに、『地域の宝』と呼ぶにふさわしい方です。

IPAと、全国のプレーパークを統括してくださっている『日本冒険遊び場づくり協会』は、
とても近しい関係だということも高橋さんから、設立のいきさつを聞かせていただいて、
よく判りました。

座談会に興味あり!聞きたいなぁ!という人は声をかけてね!








  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2019年04月04日 10:22

てんとうむし親子組 お花見同窓会



親子組さん 毎年恒例のお花見同窓会


みんな大きくなって
弟妹が増えたね。

遊び方が同じだから
久しぶりでもすぐに盛り上がる。

我が子の成長を喜んでくれる仲間がいるって、嬉しいね。

お母さんたちも、子育て時期を共に過ごした仲間と一緒にいると、ホッとするよね〜。


、、、、、

同じように、
赤ちゃんの頃から一緒に外遊びしてきて、

この先も定期的に会いたい!

という思いからスタートしてるのが
「みよしプレーパーク」
http://miyoshippark.boo-log.com/


自主保育OBのお母さんたちで
毎月開催しています。

プレーパークは、
同窓会スポットでもあり。

そこに行けば誰かに会える場所って
すごく大事。


今週末みよしプレーパークは、
桜満開だね!

お花見がてら久しぶりの仲間にも会えそうな予感。

子どもも大人も、自然を感じながら
のんびり過ごそう!


プレーパークは、10時から15時までやってるよ。
出入り自由 参加無料










  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2019年04月01日 19:06

今週末 4月7日はお花見プレーパーク!~みよしプレーパーク~


~世話人Uちゃん手書きのプレパ新聞~

今週末4月7日日曜日は、プレーパークの日!

会場の三好丘緑地は、桜が見頃です。
池には毎年恒例、カエルの卵も見られるかなー。

こどもたちはボール遊びしたり、アスレチックネットやスラックラインで遊んだり、
コマ回し、ディアボロ、廃材工作したり。。

オトナたちはお花見しながらおベントでも食べてのんびりしに来てね。

プレーパークはいつでも誰でも来ていい地域の居場所。
愛知県内に限らず、全国のあちこちに、たくさんあるよ!

※みよしプレーパークは月に一度、外遊び仲間のOBたちで運営しているプレーパークです。
最新情報はこちらのブログをチェックしてね!
http://miyoshippark.boo-log.com/  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2019年01月30日 21:17

2月3日日曜日はプレーパークの日



今週末は、みよしプレーパーク開催日!

2018年度の活動日は、あと二回!
2019年2月3日日曜日
2019年3月2日土曜日

活動時間:10時~15時
(いつ来てもいつ帰ってもOK)

活動場所:三好ヶ丘緑地
     (名鉄豊田線三好ヶ丘駅徒歩10分)


2月3日は 節分の日だねー。

ってことは、、、、ふふふ。

みよしプレーパークblog
http://miyoshippark.boo-log.com/  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年11月03日 10:40

本日!みよしプレーパーク開催日



廃材工作

スラックライン、ブランコ、アスレチックネット



ダンボール遊び、コマ回し、ディアボロ。。


15時までやってるよ!

プレーパークは地域の遊び場。

参加自由、無料

いつ来ていつ帰ってもOKです!

  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年09月22日 00:04

みよしプレーパーク 2018後半スケジュール


プレーパーク新聞が、
小学校に配布されました。


Uちゃん手書きの新聞は、
面白くて、ポイントをつかんでて、

とってもいい♪


次回は10月13日です!  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年08月31日 17:32

明日9月1日土曜は、みよしプレーパーク開催日!



森のようちえんと、プレーパーク。

理念は同じだけど、プレーパークは年齢の幅が広いから、また雰囲気が違う。

まだプレーパークに行ったことがない園児さんがいたので、夏期保育と重ねて、みんなでプレーパークへ行ったよ!

廃材工作したり、ウォータースライダーしたり、
ダンボールで遊んだり。




みんな全身泥んこで、
遠くから見たら、誰が誰だかわからない!

ウォータースライダーを何回も何回も滑っていたら、お尻に穴が開いたー!

はい。母たちの予想範囲内です(笑)



、、、、、
みよしプレーパークは、毎月1回、週末に開催しています。


九月の みよしプレーパーク開催日は、
九月一日土曜日!

10時から15時まで
参加自由
予約不要

最新情報はブログを見てね!
http://miyoshippark.boo-log.com/






  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年08月22日 00:03

自主保育、森のようちえん プレーパーク どう違う?

カテゴリ:森のようちえん カテゴリ:みよしプレーパークカテゴリ:プレーパーク仲間カテゴリ:外遊び仲間


【森のようちえん】という名前を掲げていても、全国に数百の園があり、今ではドイツ、アメリカ、韓国など世界中にあります。

NPO法人森のようちえん 全国ネットワーク連盟HP
http://morinoyouchien.org/

NPO,一般社団、自然学校、認可園、、、

いろいろありますが、日本国内の森のようちえんは、私たちのようにお母さんたちが立ち上げた園が多いのが特徴です。

そして、親子一緒に活動している園、保育スタッフ主体でこどもたちを預ける形の園など、形態も様々です。



森のようちえん てんとうむしは 小学校入学までを過ごす『預かり組』 と 未就園児の『親子組』があります。

そしてさらに、この地域には、『もり・そら』『みよし もり・そら』など、親子参加型の 野外自主保育もあります。

どう違うのかよく聞かれますので、三好豊田刈谷の仲間たちが、年2回集っている「ごちゃまぜ子育て会の参加団体表をもとに書いてみます。


~ 豊田市、みよし市、刈谷市 の 野外保育活動 (メンバー登録制の団体一覧)~

〇親子参加(主に未就園児対象)

・ 野外自主保育『もり・そら』 豊田市鞍ヶ池 週1回 月曜に活動

・ 野外自主保育『みよし もり・そら』 みよし市北部 週2回 火曜、木曜に活動

・ 『もりもりあそび』毎週水曜日 豊田市藤岡地区

・おさんぽサークル 『おひさま』毎週金曜日 豊田市



・ 野外保育とよた森のたまご 『てくてく』 水曜 豊田市中心部で活動

・ 森のようちえん てんとうむし親子組 春夏組、秋冬組  月曜コース:豊田市浄水地区、木曜コース:みよし市中心部

・ こそあどの森親子組 「森へ行こう」刈谷 毎週水曜



〇預かり型(主に3~6歳の園児)

・ 森のようちえん てんとうむし 週3~4日 

・ 野外保育 とよた森のたまご  週4~5日

・ 刈谷市 こそあどの森  週4日


〇プレーパーク(だれでも自由参加)

・ とよたプレーパークの会(豊田市鞍ケ池)

・ みよしプレーパーク (みよし市三好丘緑地)

・ きつねやまプレーパーク (みよし市保田が池)

・ よさみプレーパーク (刈谷)

・ すはらプレーパーク (刈谷)

・ プレプレーパーク(刈谷)


。。。。。。。。。。。。。。。
豊田市鞍ヶ池で活動している 『もり・そら』は、親子型の野外自主保育です。

自主保育では、係を決めて、毎年新しいお母さんメンバーで運営しています。(毎年、2月か3月ごろに新規募集あり)

私も現在小5年の長男が2歳の頃に『もり・そら』を知り、外遊び仲間と出会い、子育てがとても楽になりました。

その後、2010年秋に、次男の妊娠をきっかけに、地元みよし市の三好丘緑地にて、親子参加型の野外自主保育『みよし もり・そら』立ち上げることができました。

それから3年ほど経ち、長男の入学を機に一念発起。
同じ想いを持つ6組の母仲間たちとともに、預かり型の『森のようちえん てんとうむし』をスタートしました。


その後、未就園児の年齢の親子も、園児たちの活動する様子を見て先をイメージできるように、親子参加型の『てんとうむし親子組』が始まります。


『もり・そら』などの野外自主保育は、外で子育てを愉しみたい未就園児親子の居場所です。
みんなわが子、みんながお母さん。
を合言葉に、たくさんの大人たちが、一緒に子育てを愉しめるのが最大の魅力!

同じ価値観を持ったお母さんたちと支えあいながら毎日を過ごして、入園時期になると、幼稚園、こども園などに入園していく子が多いです。


森のようちえんが運営する親子組は、
イベント的なもの、プレ保育的なものなど、いろいろなタイプがありますが、『てんとうむし親子組』は、初めての外遊びを応援 していくことを目的にしています。
運営母体があるので、母たちで係を作ったり、活動場所を調整したり、、といった準備は特になく、気楽に参加できます。


自主保育の魅力は、自分たちで発案したり、活動計画したり、やりたいことを形にしていけること。家でこどもを預かりあったり、それぞれの家庭を行き来して一緒にご飯を食べたりしていくうちにほんとの家族みたいな気持ちになります。

てんとうむしは、自主保育の仲間と数年活動してから立ち上がったのでスタートからスムーズでした。


どの団体も、毎年、お母さんたち、子どもたちが入れ替わるので、雰囲気が変わります。

一度体験して、話しやすいな、このお母さんたち、いいな。と感じる団体を選ぶのが一番。
まずは、直接問い合わせしてみてください。

それぞれの思いで選択できたらいいなと思っています。

。。。。。

そして、『プレーパーク』は地域の居場所づくりをしています。

参加無料
予約不要
0歳から100才まで広い年齢層で関わります。

行政と連携しているところ、
プレーリーダーがいるところ、
お母さんたちが手弁当で運営しているところなど、形態も様々。

プレパの魅力は、つながりの長さ。
子育て期間は、子どもの成長に合わせて、園から小学校へ、小学校から中学校へと、
どんどん友達が変わりますが、プレーパークに来れば、昔から知っている顔に出会えるのがとても嬉しい。
こどもたちが成長して、家族には話せないようなことがあった時、プレパの大人たちに話してくれたらいいな。

もりそらも、森のようちえんも、プレーパークも、みんな根底にあるものは同じです。

地域の中に、いろんな繋がりを作って、情報共有したいという想いから、年に2回 『ごちゃまぜ子育て会』 で顔を合わせています。

http://sorashido.boo-log.com/e448090.html





…….
と、ここまで頑張って書いてみましたが、やっぱり難しい。。

あとは直接、各団体へお問い合わせくださいね。  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)