お問合せはtentoumushi344@gmail.comまで

2018年06月11日 00:02

こどもが けんかをしたとき どう考える? 

カテゴリ:つれづれカテゴリ:てんとうむし親子組

~「リンゴの木」木村愛子さん作の絵本 【けんかのきもち】を読むのもいいね~

毎年、新しいお母さんたちとの話題に上がるのは 

子ども同士のけんかを どう考える? 

ということ。

今年入会したばかりの新しい親子組さんの間でも熱いトークが繰り広げられました。

二歳児さんは、まだまだ言葉じゃなくて、身体で表現する時期だから
ケンカも、大事な自己表現方法の一つ。

どちらかがやめたくなったり、力関係が対等じゃない場合は、オトナが声をかけるけれど、
お互いの表現方法としてのケンカは見守ります。

時には、相手に言いたいことをオトナが代弁することもある。

大人には理解できない方法で仲直りしてて、あれ?もういいの?と思うこともある。

その都度、どうする?と相談しながら安心して自分を表現できる環境があると、
母も子もホッとできるかな。

大切なのは、お母さん同士のコミュニケーション。

。。。。。。。。。。

~新しい人たちのために書き残しておきたい~
【お母さんたちの気持ち ホントのところ  (一部抜粋)】



・同じような力量で対等にケンカできる相手がいて、好きなだけ取っ組み合いできる環境って貴重。
それを見ているのに慣れるには長い時間が必要だと思うから、それまでは母の心に周りが寄り添ってあげるのが大事だよね。

・ケンカ相手のママと仲良くなることは必須だと思う。
母同士仲良くなれば、ケンカも万が一の怪我にもおおらかに対応出来ると思う。
よくぶつかる子同士のママが、気の合う同士だといいな〜♪

・ケンカ自体は悪いことじゃないものね!
みんなで見守りながら、時にちょっと助け舟出しながら一緒に成長できたらいいね。

・子どもがケンカし始める時期に入ってから、それを笑って見守れるようになるまでには、長い時間が必要って本当に思うー。
私もまだまだ。

・周りがおおむね平和に過ごしてて、自分の子がケンカしてるのが目立っちゃったりすると、
「自分だけゆとりが無い・・・」て思って焦る。

・みんなのやり取りを読んで救われた人の一人。最近、我が子のイヤイヤや意地悪が目についていて、1人で焦ってました。
他の子だったら、多目にみられることも、自分の子だと、ごめんなさいって、なってしまって。。。

・そうそう!他人の子だと全然気にならないのに自分の子だとすんごーーーく焦るよね(^ω^`)
大丈夫だよ、みんな分かってるよって声掛けてあげたくなるよね。

・一人で焦ってるときに近くにいたお母さんが、「私が、間に入っていい?」って声をかけてくれて、いつも救われてたよ。
我が子が関わるケンカには、母が入らないほうが、心が疲れない。

・ちゃんとお母さんしなくちゃって思うからかな。いいお母さんでいなくちゃって思うからかな。
なんとなく、他の人から、ちゃんと母親してないと思われてるんじゃなかろうかと、妄想しちゃう(笑)

・余裕で見守れる素敵な母で居たいのも、実際は全く余裕がないのも、みんな同じだよ~。って伝わるといいな。

・やっぱりお母さん達同士のコミュニケーションって大事だね。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。
あらためて並べると、ホントに、いい話がいっぱい!

毎年毎年、こんな話をしながら、私たちもここまでやってきたし、
親だけのカフェ会議でも、こういう話をいっぱいしてきたよ。

こういう結論が出ない話は、みんなで話すことが、とっても大事。

ちょっとずつ、お母さん同士で、いろんなことを話していく、その過程を大事にしたいな。  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年06月09日 00:02

梅狩り楽しいー! 親子組さん


親子組さんと、梅狩りに行ったよ。

M農園さんの 「6月10日までに収穫するといい」
という教えに従って、今回は、梅干し用の梅を収穫。


下のほうになっているのは、こどもたち。
木登りできる人は木の上で。


たのしいー!
大きくて立派な梅が、いっぱい!

どんどん採れるから、熱中しちゃうんだよね。


最後に見つけちゃったー!
水を見たら、水遊び。


行きかえりのおさんぽも、楽しかったよ。

梅いっぱいのキッチンは、本当にいい匂い。

毎年こうして、梅仕事を楽しめるのは、Mさんのおかげ。
本当にありがとうございます。
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年05月30日 10:05

【要保存】 2018年救急講習 おぼえがき 


てんとうむしでは、救急講習会を定期受講して
常に最新の知識を取り入れるようにしています。

すでに受講したことのあるお母さんも、何度も何度も受講して、
一人ずつ実際に心肺蘇生をやってみて、AEDの機械も使ってみる。
そして、消火器を使って、消火活動もしておくと、いざというときに躊躇せずに済む。

毎回、救急隊員の方に直接質問をして、実際に現場で起きた事故の話などをゆっくりじっくりお聞きできる機会は、
とっても貴重な時間です。

。。。。
今年度第一回目の講習会感想と報告がまとまりました。

お母さんたちの感想とお礼は、講習をしてくださった救急隊の皆様へお渡しして、
ブログには、お母さんたちから集まった覚書をアップしておきます。



一緒に活動する仲間と聞けて、よかった。
とっさの時って、頭が真っ白になるから、みんなで支え合って補いあって、
命をすくうために行動できるお母さんになりたいね。

。。。。。。。。。。。。。。。。
~救急講習 覚書一覧~

【心肺蘇生法】

呼びかけ後、反応確認。
とにかくたくさんの人を集め、119番連絡、AED確保の指示する。

人がいなければ119番→心肺蘇生

6秒以内に呼吸をしているか確認し呼吸していなかったり、判断に迷う時は、胸骨圧迫を開始する。
・30回連続行う。
・胸骨圧迫深さ大人5㎝、
    小児大人の3分の1
・テンポ1分間100~120回

胸骨圧迫30回、人工呼吸2回の割合で行うがうまく出来ない場合は胸骨圧迫のみ行う。

・人工呼吸が出来なくても胸骨圧迫により、空気が多少気道を通る。

•胸骨圧迫の方法→肘を伸ばして真上から体重を乗せる感じで。しっかり押して、胸がしっかり戻るようにする。浅い圧迫は意味がないので、回数よりも質を大切にする。疲れてくるため人出がいたら交代して質の高い胸骨圧迫が続けられるように。

•心臓が止まって3分経過すると脳細胞の死滅が始まり後遺症が残るため、できるかできないかを迷う前にまずは行動に移すことが大切

•子供は胸部が身体の3分の1が凹むようにする。やり方は凹むようにできればなんでもおっけー!(指で押す、片手で押す、両手で押す)
※子供に胸部圧迫をした場合は必ず病院に行ってそのことを伝える。

•小児の人工呼吸は難しい(舌が大きいために気道閉塞しやすく、うまく気道確保ができないと人工呼吸してもうまく入っていかない。また鼻と口の間が狭いため、口と鼻を同時に塞いで、多すぎない適量の息を入れなくてはいけない。)ため、人工呼吸ができなかったらとりあえず心臓マッサージ。

迷ったら119番すれば、アドバイスをしてくれるためそれにしたがう
•胸部圧迫をすると胸部と肋骨が外れたり、内臓に突き刺さるなどのこともあるが、それよりも胸部圧迫
・周りに人がいれば「119番通報お願いします。」「AED持って来てください」「すぐに戻って来てください」を伝える。

・誤飲などののつまりがある時は先に詰まりをとることを全力で行い、意識がなくなったら胸部圧迫へととりかかる。
・誤飲等の詰まりは掃除機で吸わない
・交通事故等でも意識無いときは胸部圧迫を行う。※動かすときには、首にある神経を傷つけない配慮が大切。
救急隊が到着するまで胸部圧迫は続ける
・胸部圧迫時、布団の上などは避ける。しっかり押せなくて効果が弱くなる。
・胴体側を少し高くして、頭側を少し低くすることで気道が確保されやすい。


【窒息】
•異物が見える場合は掻き出す。その際は噛まれないように注意
•意識がなくなったら心マをする。心マで取れることもある
•異物が気道を塞いで人工呼吸が有効にできない場合は、無理して人工呼吸を行わなくて良い
•飲み込んでしまったら頭部を下にして背部を叩いて吐かせる。咳をさせる
・ハイムリック方は、乳児や意識がない子供にたいして行うと内臓損傷や気道圧迫の恐れがあるのでやらない。

【AED】
•小児に大人用のAEDを使ってもよい。小児用に切り替える電源がある場合もある
•パッドは心臓(その人の握り拳サイズ、左側にあるというより左側に傾いていると考えた方が良い)を挟み込むようにして貼れればよい
•身体が濡れている場合パッドを貼る部分さえふけていればよい
•必ずしもショックが行われるわけではない。ショックが行われないということは、それほど危険な状態であるという意味かもしれない→
それでも引き続き胸部圧迫は続ける。
AEDの機器が作動しない時でも、救急隊が到着するまで胸部圧迫を続けることが大切。
・AEDは装置作業しながらも胸部圧迫を並行しておこなう。
・AEDの小児用は中学生頃まで高校生以上は成人用を使う

【消化器】
5-10年くらいで交換する。交換時に無料で引き取ってくれるところもある
10型の一般的によく見るタイプがオススメ
•押すと粉が噴射されるが、15秒ほどしかされないため、的確に目標に向かって噴射するように。
•メーターが付いていないものは古いタイプのため、錆びていたりすると使用できない可能性もある。粉が固まっていないかなどを定期的に確認する
•粉が噴射されたら、粉を出し切るまで使う
•天ぷら油から火が出た場合は直接鍋に向かって噴射すると、鍋から油が散って危険なので、壁などに噴射して粉が火の元へ降りかかるような形にする。
・古い消火器で、錆びてるものを使用すると、レバーを握り圧が一気にかかった時に錆びてる劣化した部分が
飛び、人に当たり大事故になったことがある。使用期限を守ることが大切。

【その他】
・火事は年間約4万件おきている。
・IHクッキングヒーターでも取り扱いを間違えると火事につながる。エプロンをIHの上に置いて発火した事例もある。
•子供は窒息による死亡事故が最も多い。
•溺水での死亡事故の場所は川が6割、海が3割(成人では逆)
助けに行った人がなくなるケースもあるため、慌てて飛び込まない。飛び込まずに助け出せる方法を考えること
•交通事故ではヘルメットをつける、自転車の補助席からの落下に気をつける
・ガラスが刺さった時は刺さった場所によっては抜かない方がよいときがある。多量出欠のおそれあり。

  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年05月30日 00:02

梅仕事週間

先週は梅仕事週間でした。

↑水曜日、雨の中 梅狩り。 上を向いて梅を取ると、雨が手を伝ってくる。

↓木曜日、快晴の梅狩り。 まぶしくて上を向けない。


収穫したのは、50キロほど?
男の子たち、嬉々として木登りに熱中!

畑まで、往復のおさんぽも楽しいんだよね~。


収穫したら、傷んでいるものをより分けして、ヘタを取って、、


そして金曜日、仕込み。


年中さんが、先日、『はじめてのおつかい』にでかけて、買ってきた氷砂糖を使って。


、、、よく見ると、いろんな形の氷砂糖がある!

てっきり、みんな同じ商品を買ってきたのかと思っていたけれど、違ったのね!



初めての親子組さんも、きょろきょろしながら、各自で梅ジュースを仕込みました。
こういう作業は、みんなでおしゃべりしながらやるのが、楽しい。

私たちの作業は、ほんのちょっとだけだけれど、農家さんの大変さが少しだけわかりました。

出来上がったら、大切にいただきます。

M農園さん、いつもありがとうございます。

  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年05月20日 22:15

泥ケーキ ~ ヒマはひらめきを生む~


〜1才の親子組さんと、どろんこケーキ 作ったよ〜

親子組さんと田んぼへ行ったよ。

田んぼから泥をすくって、泥ケーキ。
1本、また1本 と、野の花を摘んでは泥ケーキにしていく。

ぺちゃんと しゃがんで
小さな手でお花をつまんで
倒れないように
そ~っと 挿していく

ゆっくり ほんわかした時間

。。。。。。。

てんとうむしでは、一人一人が、自分のやりたいことを伝えたり、
自分の頭で何をしようかなぁと、考えるための「時間の余白」を作るようにしています。

忙しい現代人の課題は、
いつも何かをやっていないと時間がもったいないと思ってしまうこと。

やることない = ヒマ ではないはず。

暇こそ、新しいひらめきを生むための
大事な時間。

ひらめく力は人生を楽しくする。  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年05月15日 07:21

親子組さん 田んぼ遊び


木曜親子組さん田んぼ遊びに行ってきたよ。
ジュルっとしたカエルの卵ともご対面。


お母さんたちと、ちょっと田んぼに入ったり、
鯉に餌やりしたり、ゆっくり過ごしました。



。。。。。。。。
『今日は、田んぼ遊びに行くよー』
というと、

『苦手だけど、入らなくちゃダメ?』って質問があったり、
初めて参加する母たちの心配は尽きない。

逆に
『せっかくだから遊んでほしい!』
って思ってしまったりするお母さんたちもいるけれど、

あくまでも

『主役は、こども』

こどもが入りたかったら入ってみればいいし、
入るのも入らないのも 本人の自由。


『それをしたいのは誰だろう?』


って考えるようにすると、ラクになれるね~。


『焦らず、比べず、のんびりと』


  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年05月14日 19:28

イノシシの赤ちゃんに遭遇~!

月曜親子組さんと、川の上流へ田んぼ遊びに来ていたら、

お母さんたちから、
『見てみてー!イノシシの赤ちゃんー!』

急いで駆けつけると、川に5頭の うりぼう が群れて遊んで、川を渡っていく♪
かわいい~!

暑かったから水遊びに来たのかな?
どこかで、おかあさんイノシシが見ていたのかな?



まだまだ足元おぼつかないのか、
川の土手を登ろうとして、ずるッと滑っちゃうところが、とっても愛くるしい。

このあたりで 生き物の写真撮影をされている方と言えば、杉浦勝さん。
http://www.asahi.com/area/aichi/articles/MTW20171107241530003.html

ブログに、毎日アップされています。
https://blogs.yahoo.co.jp/sugiura_masa

時々、こちらのフィールドでもお会いするので、杉浦さんいないかなぁ!と思って、
周囲を見回してみたけれど、今日はお姿を拝見できず私のスマホで撮影しました。

うりぼう、とってもかわいかったけど、畑の作物も心配。
市役所にも報告、入れておきます。

  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年05月04日 00:02

「今日は昨日の続き。明日は今日の続き」

カテゴリ:つれづれカテゴリ:森のようちえん カテゴリ:てんとうむし親子組

~木曜親子組さんの活動風景~



「今日は、昨日の続き
明日は今日の続き」

汐見さんの言葉は、いつも原点に戻してくれる。
https://hoiclue.jp/800008319.html/2


いつのまにか

空き地は

こどもたちの遊び場ではなくなってしまった。


そこに行けば誰かがいる場所

「また明日ね!」が言える居場所を


こどもたちが自分の足で行ける場所に残そう



どろんこのワクワク

秘密基地のドキドキは

こどもの特権
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年04月23日 00:05

こどもが おとなを 繋いでくれる

自然の中でのんびりおしゃべり。

はじめましての会話は子どものことが 話しやすいね。

「何か月ですか? もう歩きますか?」




そのうちに、

「私、〇〇に困ってて」

「夫婦げんかしたんだけど、、」

自分の心のひっかかりも、相談しあえる関係になってくると


ここは、お母さんのための居場所なんだ。

ということに、気が付いていく。



「こどものためと思って入会したけれど、母たちに欠かせない場所」

と、継続してくれるお母さんたち。


森のようちえんの活動は

子どもを核として 人と人が 自然の中で繋がっていく時間



お互いを知っていくのには

時間が必要


ゆっくり焦らず 一年ぐらいかけて

つながっていこう



さて今日は、親子組親睦BBQだね♪

わくわく。


  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年04月20日 00:02

おたまじゃくしをバケツに入れて、、

カテゴリ:つれづれカテゴリ:てんとうむし親子組
〜親子組月曜コースの活動風景〜


外遊びは

命の深いところを活性化する


自分の目の前で 

小さな生き物が死んでいくのをじーっと見ながら、

死ぬって何だろう? と自分に問う。


月曜親子組のお母さんAちゃんが 

お弁当TALKの時間に聞かせてくれたのは

幼少期の武勇伝話。

「100匹くらいのおたまじゃくしを捕まえてきて、バケツに入れた。

そして、ここに洗剤を入れたらどうなるかな? 
と思ってやってみた。

あくる日、、。

当時、三才ぐらいだったと思うけれど、
悲しかったその記憶は、今でも忘れない」


命の印象は

一生涯 記憶に残る



自然の中で

命の重さを感じていく

  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)