お問合せはtentoumushi344@gmail.comまで

2018年05月20日 22:15

泥ケーキ ~ ヒマはひらめきを生む~


〜1才の親子組さんと、どろんこケーキ 作ったよ〜

親子組さんと田んぼへ行ったよ。

田んぼから泥をすくって、泥ケーキ。
1本、また1本 と、野の花を摘んでは泥ケーキにしていく。

ぺちゃんと しゃがんで
小さな手でお花をつまんで
倒れないように
そ~っと 挿していく

ゆっくり ほんわかした時間

。。。。。。。

てんとうむしでは、一人一人が、自分のやりたいことを伝えたり、
自分の頭で何をしようかなぁと、考えるための「時間の余白」を作るようにしています。

忙しい現代人の課題は、
いつも何かをやっていないと時間がもったいないと思ってしまうこと。

やることない = ヒマ ではないはず。

暇こそ、新しいひらめきを生むための
大事な時間。

ひらめく力は人生を楽しくする。  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年05月15日 07:21

親子組さん 田んぼ遊び


木曜親子組さん田んぼ遊びに行ってきたよ。
ジュルっとしたカエルの卵ともご対面。


お母さんたちと、ちょっと田んぼに入ったり、
鯉に餌やりしたり、ゆっくり過ごしました。



。。。。。。。。
『今日は、田んぼ遊びに行くよー』
というと、

『苦手だけど、入らなくちゃダメ?』って質問があったり、
初めて参加する母たちの心配は尽きない。

逆に
『せっかくだから遊んでほしい!』
って思ってしまったりするお母さんたちもいるけれど、

あくまでも

『主役は、こども』

こどもが入りたかったら入ってみればいいし、
入るのも入らないのも 本人の自由。


『それをしたいのは誰だろう?』


って考えるようにすると、ラクになれるね~。


『焦らず、比べず、のんびりと』


  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年05月14日 19:28

イノシシの赤ちゃんに遭遇~!

月曜親子組さんと、川の上流へ田んぼ遊びに来ていたら、

お母さんたちから、
『見てみてー!イノシシの赤ちゃんー!』

急いで駆けつけると、川に5頭の うりぼう が群れて遊んで、川を渡っていく♪
かわいい~!

暑かったから水遊びに来たのかな?
どこかで、おかあさんイノシシが見ていたのかな?



まだまだ足元おぼつかないのか、
川の土手を登ろうとして、ずるッと滑っちゃうところが、とっても愛くるしい。

このあたりで 生き物の写真撮影をされている方と言えば、杉浦勝さん。
http://www.asahi.com/area/aichi/articles/MTW20171107241530003.html

ブログに、毎日アップされています。
https://blogs.yahoo.co.jp/sugiura_masa

時々、こちらのフィールドでもお会いするので、杉浦さんいないかなぁ!と思って、
周囲を見回してみたけれど、今日はお姿を拝見できず私のスマホで撮影しました。

うりぼう、とってもかわいかったけど、畑の作物も心配。
市役所にも報告、入れておきます。

  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年05月04日 00:02

「今日は昨日の続き。明日は今日の続き」

カテゴリ:つれづれカテゴリ:森のようちえん カテゴリ:てんとうむし親子組

~木曜親子組さんの活動風景~



「今日は、昨日の続き
明日は今日の続き」

汐見さんの言葉は、いつも原点に戻してくれる。
https://hoiclue.jp/800008319.html/2


いつのまにか

空き地は

こどもたちの遊び場ではなくなってしまった。


そこに行けば誰かがいる場所

「また明日ね!」が言える居場所を


こどもたちが自分の足で行ける場所に残そう



どろんこのワクワク

秘密基地のドキドキは

こどもの特権
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年04月23日 00:05

こどもが おとなを 繋いでくれる

自然の中でのんびりおしゃべり。

はじめましての会話は子どものことが 話しやすいね。

「何か月ですか? もう歩きますか?」




そのうちに、

「私、〇〇に困ってて」

「夫婦げんかしたんだけど、、」

自分の心のひっかかりも、相談しあえる関係になってくると


ここは、お母さんのための居場所なんだ。

ということに、気が付いていく。



「こどものためと思って入会したけれど、母たちに欠かせない場所」

と、継続してくれるお母さんたち。


森のようちえんの活動は

子どもを核として 人と人が 自然の中で繋がっていく時間



お互いを知っていくのには

時間が必要


ゆっくり焦らず 一年ぐらいかけて

つながっていこう



さて今日は、親子組親睦BBQだね♪

わくわく。


  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年04月20日 00:02

おたまじゃくしをバケツに入れて、、

カテゴリ:つれづれカテゴリ:てんとうむし親子組
〜親子組月曜コースの活動風景〜


外遊びは

命の深いところを活性化する


自分の目の前で 

小さな生き物が死んでいくのをじーっと見ながら、

死ぬって何だろう? と自分に問う。


月曜親子組のお母さんAちゃんが 

お弁当TALKの時間に聞かせてくれたのは

幼少期の武勇伝話。

「100匹くらいのおたまじゃくしを捕まえてきて、バケツに入れた。

そして、ここに洗剤を入れたらどうなるかな? 
と思ってやってみた。

あくる日、、。

当時、三才ぐらいだったと思うけれど、
悲しかったその記憶は、今でも忘れない」


命の印象は

一生涯 記憶に残る



自然の中で

命の重さを感じていく

  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年03月23日 00:02

新聞ビリビリ、ダンボールでソリ!


土砂降りの雨。

こんな日は、室内遊びに変更です。

森のようちえんの活動は、修行じゃないので、
何が何でも外!ではないです。

雨の日は、造形遊びしたり、新聞遊びしたり、
室内だからこそできることを思いっきり!

楽しめる雨の時は、外で遊びますよ。
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年03月19日 17:28

新スタート! お外遊び仲間募集中。


明後日、3月21日水曜日の体験会は、雨でも開催します。

◎4月より てんとうむしから独立して、新しく自主保育をスタートする、豊田市藤岡地区にて、追加の体験会開催をします★

『野外自主保育 もりもりあそび』

最近は、すっかり暖かくなり、外にお出かけしやすい季節になってきましたね。
森をお散歩して、一緒に春を見つけましょう

4月から自主保育をスタートする藤岡地区での体験会です。

日時/2018年3月21日(水曜日)
場所/昭和の森(豊田市西中山町)
時間/10時30分〜13時00分
参加費/1組500円
参加対象/0歳〜未就学児の親子ならどなたでも
持ち物/お弁当、水筒、敷物、着替え、長そで 長ズボン、帽子、カッパ

問い合わせ、申し込み
tentoumushi344@gmail.com 担当まきちゃん

※体験会ですので、大人は傘でも大丈夫ですが、遊びに使うと危険なので、
もし可能であれば、100均のもので構いませんので、カッパの用意をお願いします。

※活動場所には、雨がしのげる大きな東屋がありますよ。 トイレもあります。
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年03月09日 09:06

追加日程!2018年3月21日水曜日 親子組一日体験会 


3月8日に開催した 森のようちえん てんとうむし親子組 一日体験会、16組の親子が、保田が池に集まりました。

春の嵐が近づく 不安定な天気で、天気の変化にドキドキしながらの開催で、
ゆっくりお弁当を食べたり、絵本を読んだりすることはできなかったけれど、
落ち葉いっぱいのフィールドを歩きながら、現役親子組メンバーとお話したり、
落ち葉プールでふかふかしたり、おしゃべりしたり、新しい出会いの場になってよかったです!

★おかげさまで、2018年春夏組の月曜浄水コースは、定員に達しましたので、締め切ります。
木曜コースはもう少し受付ができます。


。。。。。。。。。
◎4月より てんとうむしから独立して、新しく自主保育をスタートする、豊田市藤岡地区にて、追加の体験会開催をします★

『野外自主保育 もりもりあそび』

最近は、すっかり暖かくなり、外にお出かけしやすい季節になってきましたね。
森をお散歩して、一緒に春を見つけましょう

4月から自主保育をスタートする藤岡地区での体験会です。

日時/2018年3月21日(水曜日)
場所/昭和の森(豊田市西中山町)
時間/10時30分〜13時00分
参加費/1組500円
参加対象/0歳〜未就学児の親子ならどなたでも
持ち物/お弁当、水筒、敷物、着替え、長そで 長ズボン、帽子

問い合わせ、申し込み
tentoumushi344@gmail.com 担当まきちゃん
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年02月21日 00:02

救急講習 実演 ~もし、その場に遭遇したらどうするか~



親子組さんと、園児母、保育サポートスタッフ合同で、救急講習を受講してきました。

指導する救急隊の方も、回数を重ねるごとに、こどもたちのいる講習に慣れてくださって、

指導がスムーズになっています!


今回は、発見から、119通報、胸骨圧迫まで、一連の流れを

実際に体験しました。


が、いざやってみると、焦って、
自分の住所、活動場所の目印も出てこないもの。


もし、実際にそういう場面に直面したら、、、

とにかく一人の頭で考えようとしないこと。

すぐに近くの人たちを呼んで、
みんなの頭で考えて動くのがいいね。


判断がつかなかったら、119番に電話すれば、
どうしたらいいのか教えてくださるそうです。




  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)