お問合せはtentoumushi344@gmail.comまで

2017年12月26日 10:25

てんとうむし グローバル化計画 進行中

カテゴリ:てんとうむし詳細情報カテゴリ:てんとうむし親子組カテゴリ:募集


どこに住んでいても子育ては大変。

外国にルーツを持つお母さんや、
一時的に日本に住んでいるお母さんたちと、
つながりを持つことで、お互いにいいことがたくさんある。

おもてなしじゃなくて、
等身大で。

ついつい、
私、英語できないから、、と思っちゃうけれど
海外から日本に来ているからと言って、
みんな英語が話せるわけでもないのよね。


意思疎通したい気持ちがあれば、ジェスチャーで理解し合える。
つながれる。

海に囲まれた日本は、海外の生きた情報がなかなか入ってこないけれど、
海外に友達ができると、その国をきっかけに世界の平和にも興味を持てるようになる。

ずっとそう信じて、その方法を静かに、少しずつ温めてきました。
来年から本格的に動きます。

。。。。。。。
来年2月に、 数年前にご一緒させていただいた トルシーダさんより、
https://torcida.jimdo.com/

お話しする時間をいただきました。
昨年より、愛知県から委託運営されている子育て支援事業の一環として。。



2018年2月3日土曜日。
伺うのが愉しみです♪
参加自由、申込不要。

つい先日な気がするけれど、ブログを確認したら、合同活動日から、もう二年半も経過していました!

http://sorashido.boo-log.com/e320091.html

みんなちっちゃーい!
新年少Tちゃんが、まだ抱っこされてる~!!!

てんとうむし家族。
今年も一年、みんなの成長に、寄り添ってきたね。


。。。。。。。

技術革新が進んでも、時代のスピードが速くなっても、
こどもたちの成長にかける時間は、今も昔も変わらない。

焦らずに、今を大切にしたい。



  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年12月20日 07:49

鯉に餌やり来たけれど。。 

12月14日木曜日

親子組の活動で、鯉のいる池へおさんぽ。


ここは みよし市サンアート内にある茶室です。

日本庭園が素敵な場所で、誰でもお抹茶と和菓子が300円でいただけます。

喫茶店に行くよりずっと落ち着ける場所。

スタッフさんも優しくて、子連れでもOK!



肝心の鯉は、というと

凍り付いた池の底で、じーっとしておりました。



また春になったら、餌やりに来るね♪  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年12月15日 08:06

五平餅を焼く!


豊田市北部で活動中の水曜親子組さん、五平餅を焼き焼き。

五平餅って、場所によって味も形も様々なんだよね。

私の祖母は東濃に住んでいたので、五平餅といえばわらじ型&クルミみそ。
お団子みたいに3連なった形を見た時は、衝撃だった!


親子で作るときの五平餅は、本当に簡単。
袋の中でもみもみして割りばしにぎゅ。

おむすびでも、りんごでもみかんでも、何でも焼いちゃう。
外で食べれば何でもおいしい!



少し前まで紅葉を楽しんでいた気がするのに、もう、ふかふかの落ち葉プール。

埋まりそうになりながら走ったり、 お風呂みたいに埋まったり!


冬の遊びは楽しいよ♪

★1月10日は、この場所で、新しい仲間と出会うための『一日体験会』です♪
たき火をして、焼き芋を焼くよ。

体験会に参加する人は、おいもを新聞紙とホイルで包んで、一人一つ程度、持ってきてね。

お申し込みはtentoumushi344@gmail.comにて
お待ちしています。


  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年12月13日 10:21

2018年 森のようちえん親子組 一日体験会チラシ



2018年の体験会チラシができました!

これから、あちこちに配布していきます♪


参加のお申し込みはtentoumushi344@gmail.com

にて、お待ちしております。


※悪天候などで開催できない場合は、

当日の朝、ブログに掲載しますので、各自、ご確認の上ご参加ください。

  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(2)

2017年11月22日 10:38

『ドーナツ食い?』競争!~水曜親子組うんどうかい~

10月から、運動会を計画してきた水曜親子組さん

今年の秋は、本当に雨が多く、
毎週毎週雨続きで延期となり、やっと先週できました!

パン食い、ならぬ 『ドーナツ食い?』競争!



そりゃもう、楽しくないわけがない!


お友達と一緒だからさらに楽しい!



ダンボールキャタピラ


子どもが小さいうちだからできる二段重ね!



二歳児さんたちの松ぼっくり玉入れ



ハジける笑顔がいっぱい!

みんないっぱい笑って、親も子どもたちも全力で楽しんだうんどうかい!


。。。。。
『反抗期は大変だったけど、我が子の かわいい頃の記憶を心の支えにして 乗り切ったよ』

と話してくれた先輩ママの言葉が思い浮かぶ。  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年11月12日 18:49

かわいい?気持ち悪い?



『ねぇ!見てみてー』


こどもが何かをつかまえてきた時、生き物が嫌いなおかあさんは、当然ゾッとする。

鳥肌が立つほど嫌いな人は、『キャー!』と言いたくなる人もいるかもしれない。



でも、嫌い、気持ち悪い。というのは、おかあさん本人の価値観。

子どもが同じように感じる必要な全くないはず。




まだ、きれい、きたない。怖い。きもちわるい。

という感覚を持っていないピュアな子どもたちに、

先入観を植え付けてはもったいないから、

大げさに怖がらないでほしい。


お母さんに見せたくて、嬉々として走ってきた子どもの気持ちが凹んでしまうと

悲しい。



だからって、我慢しなさいということとは違う。

『虫や生き物が苦手な人もいる』

ということを知ってもらうチャンスと思って、

『あ、ありがとう。近いとビックリしちゃうから、もうちょっと遠くで見せてね、、』

と言ってみたらどうだろう。



もし、イモリも、蛇もかわいいと思ってる人が近くにいるなら

『わぁ、かわいい!私に見せてー』

と、隣から助け舟を出すのもいいかもね!


私は、爬虫類も、両生類も、好き。

  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年11月11日 12:24

『お昼ごはん、どうしてる?』



木曜親子組さんと 『テーマトーク』

お題は

『普段のお昼ごはん、どうしてる?』

ほとんど自宅で食べない人、多数。


母子二人より、外で食べたり、友達と食べるほうがリフレッシュできる。

という人、

気が散ってしまうから、家で落ち着いて食べたい。という人。

いろんな意見が出て、面白かった!



野外保育では、素朴な疑問を話す時間を大事にしています。

結論は、出しません。

大事なのは、ただ話すこと。ただ聞くこと。



いろんな方面から、ちょっとずつきっかけを作って、

お母さん同士が仲間になる糸口をみつけ、遠慮を外していきます。




どんな分野でも、

『まずは、お互いを知るところから』 始めると、うまくいく。

  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年10月30日 20:11

強風にもめげず、お芋を掘ったよ!



今日は風が強かった!

飛んでいきそうなほどの強風!!


にもめげず、やっと晴れた月曜日!なので、

親子組さんは、延期していたお芋ほりを楽しみました♪



台風の豪雨の後だというのに、A農園さんの畑は、とってもサラサラ~な土。

なんと素晴らしい!

水はけのよさに、感動しました!!


てんとうむしの園児の畑は、粘土質なので、

雨上がりの日は、とても足を踏み入れられないなぁ。。

まだお芋の堀り残しがあるんだけれどなぁ。。

今年の10月は、本当に雨が多かったね。


A農園さん、ありがとうございました!  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年10月22日 14:04

お世話する人、される人


木曜親子組さんの、一風景。

MくんとRちゃん、
手をつないでかわいいね❤️

お世話する人、される人って
小さな頃からだいたい決まってて、

どちらも必要な人。

まだ身体は小さくても
人は一人一人、しっかり個性があって

お世話されてくれる存在があるからこそ、
お世話したい人が、輝ける場がある。

人の幸せは、誰かに喜んでもらうこと。

自分の好きなことをして、
人が喜んでくれたら、人生最高。
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年10月11日 16:02

無農薬栽培の畑でお芋掘り。


6月に植え、一度は全部枯れたように見えたサツマイモ。



今日掘ってみたら、大きいのがいっぱいとれた!

形はいびつだけど、こどもたちは大満足!


と言っても、今年は植えたうちの半分が枯れたので、親子組のぶんまでは、数がなく、、。

水曜親子組さんは、畑を管理しているノーマ農園さん所有のお芋を掘らせていただいたよ。



開墾六年目のノーマ農園、
たくさんのお野菜を作って販売しています!
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)