お問合せはtentoumushi344@gmail.comまで

2019年06月01日 15:25

日焼け止めを使うなら、SPF数値の「低いもの」 を

カテゴリ:つれづれカテゴリ:てんとうむし親子組



この時期の悩みの一つが「日焼け止め」

何使ってる?
オススメは?

って聞かれます。
特に1.2歳の親子組さんには悩みのタネ。

使うかどうか、悩み。
使うとしても、どれにするか悩み。

帰宅してお風呂に入った後も、
洗い流せているのか心配になり。


日焼けどめ は、
SPFの数値が高いものの方が
効果高いような気がして、
そちらを使いたくなりますが、

公園で遊ぶ程度なら

「SPF20〜25程度で充分 」

と言われています。

数値が高いものは肌への負担も大きい。

原材料によっても肌への負担は違います。

紫外線吸収剤不使用(ケミカルフリー)の製品の方が、肌へ刺激は弱い。

そして、

紫外線散乱剤使用のタイプの方が、
白くなるけれど「かぶれにくい」です。


大人も、日焼け止めを塗るとピリピリ痛痒くなる人、多いです。

結局のところ、
日焼けどめに頼り過ぎず、

極力、帽子や服でカバーするのがいいと、
私は思っています。


朝日小学生新聞に
いい記事がありましたので貼りますね。











  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2019年05月30日 16:39

『わかるわかる。って聞こえてくるとホッとする』



親子組春夏コースのメンバーたちは、とてもいい雰囲気の中で、
日々、支えあい学びながら、共に助け合っています。

そんな中、自然あそびデビューしたばかりの 新米ママTちゃんが、自身の想いを綴ってくれました。
本人の了解を得て、ブログにアップします。




以下転載

先日の親子組ブログ↓を読んで、まさにーーー私も!と全く同じことを思いました。
http://sorashido.boo-log.com/e485427.html


子どもと2人でいると、危なかったり汚かったりついついやめさせちゃったりしています。

先月の活動日、1歳の長男Yは、水たまりや池でドロドロになりながら、すごく楽しそうにしていて、
新たな一面を発見でき、てんとうむしに来てよかったなと思っています。
あれから、2人でいても、おーやれやれーみたいな気持ちで見守れるようになってきました笑。

池に座り込んでいるYを見て、母Jちゃんが、そろそろおむつがパンパンで重くて立ち上がれないんだと思うよ、って教えてくれました。
そうかーと思ってたら、長靴履いてた母Kちゃんが、Yを抱っこして池から助けてくれて…
そんな出来事を思い出してました。

お弁当を食べながら会話しているときも、
どこからともなく、

『そうだよねー』

『わかるわかる』

って声が聞こえてくることにも、ホッとしてます。

Yはまだ1歳だし、お友達と上手くからんで遊べなかったり、感覚でどんどん行きたい方に進んでいっちゃう。
それを追いかけ回してばかりで、私はほかのお母さんとお喋りがなかなかできないなぁと思っていたけど、
もう少し肩の力を抜いて、周りの子のことも見れるようになれるといいなと思います。


。。。。。。。。。。。

先日、ドキドキしながら 初めての水たまり遊びをを見守っていたTちゃん。

等身大のお母さんの声は、
みんななんだなぁ、同じことに悩んでるんだなぁって
わかるだけで安心できるね。

今ではベテラン母ちゃんに見える先輩ママたちも、
初めての外遊びデビューの時は同じようにドキドキしていたよ。

これから、いろんなことを経験して、
お母さんも、子どもたちと一緒に
ちょっとずつ、成長していこうね!

Tちゃんありがとう♪








  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2019年05月23日 18:04

梅ジュースを 仕込んだよ!

親子組さん 梅ジュースを仕込んだよ。

今年も村上農園さんが採れたての新鮮な梅を届けてくださって、本当にありがたいです。


小さな子でもできるのが 梅仕事のいいところ



お手伝い、大好き!



お母さんたちも、
わいわいおしゃべりしながらね!


梅仕事に飽きたら読書も良し!

うんうん。
狭いところが落ち着くよね。



美味しい梅ジュースになあれー。












  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2019年05月19日 07:57

どろんこ遊びは、母の心のバロメーター

カテゴリ:つれづれカテゴリ:てんとうむし親子組

↑ どろんこ掘って、水路を工事中

「雨は最高の遊び道具」

「どろんこあそびは、小さいうちしかできない」

頭では理解していても、これを洗濯をするのは、誰? って考えたら、なかなかOKできないよね。



そんな時は、子どもの顔を見てみる。

目を真ん丸にして、うれしそうに興奮している様子を見たら、まぁいいか。って思えるかな?

もしそんなふうに思えないときは、
毎日の子育てが大変で、
母の心にゆとりがないのかもしれない。

自分一人で、頑張ろうとしているのかもしれない。

みんなが完璧なお母さんに見えたり、

イライラして子供に八つ当たりしてしまった自分を責めてしまったり

涙の跡が残っている子どもの寝顔に、ゴメンねって謝りたくなったり。

きっと、あるよね。

心が折れそうな自分を支えてくれたのは、いつもお母さん仲間だった。

みんな同じことに悩んでいるんだなあって思うと元気になれた。

子どもはどんどん成長していくから、この大変な時期はずっと続くわけじゃないんだ!
っていう当たり前のことに気が付けたら、ラクになる。

まわりに上手にお願いしたり、協力してもらったり、少しずつ子育ての輪を広げていくと、ゆっさ泥遊びを眺められるようになるかな?






  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2019年05月17日 14:46

みんなで子育てするって こういうことなんだな。って。


昨日の かわあそびたんけんたい ブログの主人公 Aくんの 母YちゃんからLINEもらったよ!

「え?水に入るの?座っちゃうの?」
「えー!池の中に長靴を置いてきたのー⁉︎」

初めてのお母さんには想定外なことも
経験を積んできたお母さんたちは、ほぼ想定内。

きっと同じようなことにドキドキしているお母さんもいると思うので、本人の許可を得て一部抜粋します。


、、、、、、、

以下転載

今日も初体験のことがいっぱいでした。
ああいう風になるんですね!!
みんなに助けてもらって感謝です!!

世話人Kちゃんが
見れる人が見守れれば大丈夫だから、気にしないでね〜って言ってくれて、

みんなで子育てするってこういうことなんだなって、すごく感激しちゃいました。

そして、自分もそうやって関われるようになりたいなって。
てんとうむしは、家族みたいな場所なんだなぁと実感しました。

普段外では、ハラハラしながら目を光らせて我が子の様子を見ていて、疲れちゃったりしている自分がいました。

でも、ここでは、見守ってくれる人がたくさんいて、気を張らずにリラックスして楽しむことができるなぁ、と。

微力ですが、私もそんな雰囲気作りをしていければと思いました!

自分の子だけでなく、みんなで一緒にこどもたちを見守っていきたいです!















  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2019年05月16日 15:35

かわあそび たんけんたい!



大きなお尻を ぷにぷにさせて、

川の流れに逆らって

たくましく 上っていく 



子どもが何かに挑戦しているときは

ハラハラして、つい声をかけたくなるけれど、

ちょっと離れたところから じっと見守っていると



こんなことができるんだ!

と、母がびっくりするような大冒険を

平気でやってのける。



  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2019年05月10日 17:14

「アヒージョ ・ BBQ ・交流会 」


親子組さんと、園児母の交流日。

手慣れた手つきで、次々と料理を作る園児母たち。
美味しそうなアヒージョの 匂いが漂ってきた!



初めてのお母さんも、焼き芋なら挑戦できる!

ホクホクのお芋は、直火でで焼いて、
みんなと外で食べるとさらに美味しい!


のんびりと座り込んで話すお母さんたち。

はじめまして の 人でも、
同じ子育て感を持った母同士なら
安心して話せるよね。



あっちでも、
こっちでも
異年齢の子たちが関わる様子を



眺めている大人たちのほうが
癒される



名前も知らなくても、
全然へっちゃらで遊べちゃうのは

子どもの特権だね!











  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2019年04月20日 06:13

水たまり デビュー!



親子組2019 初日

初めて水たまりに入った Yくん
とっても嬉しそうに、

水たまりの中を行ったり来たり
繰り返している。

傍らにいた お母さんのTちゃんは
「初めて 水たまり に 入って嬉しそうー」

と見守っていた。
きっと内心ドキドキしてたよね。

1人じゃとても無理なことも、
みんなと一緒なら見守っていられる。

この後の着替えや洗濯を考えたら、
水たまりで遊ぶのを止めたくなるけど、

子どもの輝く笑顔を見たら、
ま、いっか。って思えちゃう。

汚れてもいいや って思える服や靴で
参加するのも重要だよね。

『やめてって、声をかけたくなったら
子どもの表情を見てみるといいよ。きっとキラキラに輝いてるから』


外遊びをスタートした頃、先輩ママから教えてもらった言葉です。






  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2019年04月17日 14:23

初めての 救急講習 〜親子組〜


親子組さん

明日からの活動スタートを前に、
みんなで救急講習を受けてきました。


母になって初めて受講する人がほとんどなので、
成人の対応にプラスして、小児、乳児の心肺蘇生法と、窒息した時の対応なども学びました。

子どもの事故で1番多いのが「窒息」。
知っていると安心です。

先日、てんとうむしスタッフと園児母たちが受講した『上級救命8時間講習』を担当してくださった救急隊の方が、「全員合格しましたか?」と、声をかけてくださり。

おかげさまで、
筆記試験も、実技試験も、受かりましたよー。
と、しばしおしゃべり。


終わったあとは、消防車見学。
いつ見ても大きい!

そして、運転にはかなり技術が必要そう。

尾三消防署の皆さま、いつも快く受け入れてくださって、ありがとうございます。





  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2019年04月04日 10:22

てんとうむし親子組 お花見同窓会



親子組さん 毎年恒例のお花見同窓会


みんな大きくなって
弟妹が増えたね。

遊び方が同じだから
久しぶりでもすぐに盛り上がる。

我が子の成長を喜んでくれる仲間がいるって、嬉しいね。

お母さんたちも、子育て時期を共に過ごした仲間と一緒にいると、ホッとするよね〜。


、、、、、

同じように、
赤ちゃんの頃から一緒に外遊びしてきて、

この先も定期的に会いたい!

という思いからスタートしてるのが
「みよしプレーパーク」
http://miyoshippark.boo-log.com/


自主保育OBのお母さんたちで
毎月開催しています。

プレーパークは、
同窓会スポットでもあり。

そこに行けば誰かに会える場所って
すごく大事。


今週末みよしプレーパークは、
桜満開だね!

お花見がてら久しぶりの仲間にも会えそうな予感。

子どもも大人も、自然を感じながら
のんびり過ごそう!


プレーパークは、10時から15時までやってるよ。
出入り自由 参加無料










  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)