お問合せはtentoumushi344@gmail.comまで

2017年07月03日 18:52

森のようちえん一日体験会の告知掲載されています。

カテゴリ:メディア情報


今日の中日新聞折込紙「コミュニティみよし」に、森のようちえん一日体験会の告知が掲載されています。
お隣には、仲間の団体、みよしプレーパークの記事も♪



チラシは、みよし市内各子育て支援センター、カリヨンハウス、東郷町らくだ書店、その他各所に設置してありますので、
手に取ってくださいね。

お申し込みお問い合わせは、tentoumushi344@gmail.com
にてお待ちしています。  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年06月25日 22:52

アメリカで、森のようちえんは、どんなふうに理解されているの?

カテゴリ:メディア情報


昨日のNHK地球ドラマチックで、イギリスの子どもたちの様子を見ながら、
ヨーロッパでは、どんどん野外での保育が広まっているけど、アメリカはどうなんだろう。と、疑問が沸いて、
調べました。

こちらは、ちょうど一年ほど前 2016年5月の記事。

http://mamamoru.com/education/mori-no-youchien/

アメリカの森のようちえんについて、記者の疑問に答える形で、詳細に書かれており、とっても興味深いです。
特にナイフの取扱いについては、文化の違い、犯罪頻度、など、国民性が深く関わっている様子。

「森の幼稚園では、なにを答えるかではなく、どのように問題を解決するのかを子どもたちを教えます!」
~記事内容より抜粋~

そういえば、以前お会いした方から、「ニューヨーク郊外 ブルックリンでも、駐在日本人が野外保育活動してますよ」と聞きました。

日本と同じく、アメリカも、口コミをたどって調べれば、もっとあちこちにありそう!  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年05月07日 20:59

青空入園式の記事が掲載されています。

カテゴリ:メディア情報カテゴリ:入園式、巣立ちの会


「コミュニティみよし」5月号に 森のようちえん てんとうむし入園式の模様が掲載されました。
記者の加藤さん、いつも丁寧に取材してくださって、ありがとうございます。

今思い返しても、地域の方達がたくさん集まってくださって、祝福していただいて、
幸せな時間でした。

この緑地の存在も、素晴らしさも、もっともっと市民にも知ってほしい。という願いを込めて
毎年、青空のもと、公開型での入園式をしています。

野外の行事は,当然天候に左右されますが、
それも自然の一部。

森のようちえんは、一般に、野外保育、自然保育と称されますが、
この「自然」には、たくさんの意味が含まれています。

自然の環境の変化を受け入れ、自然な関わりを認め、自然な成長段階を見守る、、、

どんなときも、自然の流れに抗わずに、
前を向いて、進んでいきたい。

コミュニティみよしは、中日新聞折込紙。

サンライブの新聞コーナーや、行政関係の場所に設置されています。
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年02月25日 10:56

隠れ家パン屋さん「ベーカリークグロフ 」 記事 発見!

カテゴリ:メディア情報カテゴリ:地元情報

みよしの隠れ家パン屋さん「ベーカリークグロフ」の取材記事が、みよし市商工会報 いいじゃん通信vol27に掲載されています。

取材されたのは、おもちつきでお世話になったKさんかな?

商工会が、三好丘駅前カリヨンハウスから撤退する記事も、
裏面に小さく掲載されてました。。

思うことはたくさんありますが、
過ぎたことなので、それはいいとして、
この先のカリヨンハウスを応援します!


  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年02月05日 08:47

本日、初講演


今年度、森のようちえん てんとうむしは、愛知県環境推進課からの助成金をいただいて活動しました。

そして本日、活動実績報告会。
助成団体97団体を代表して、5団体が発表します。

初パワポも、みんなの応援で、何とか完成。
半分ワクワク,半分ドキドキ。

行政関係者も、同じ人間だし、同じ日本人だから、どこでもあんまり心配はない。
と思いつつ、先週は,発表のための慣れない準備作業に、胃が痛かったー。

やっぱり,アナログ人間がいいわ。。


先日は、愛知県庁担当課にて、打ち合わせに行ってきました。
私は母になって以来、子連れでは行きにくいお堅い場所こそ、子連れで行くことにしている。

そうすると、「前も子連れの人が来てたしね」っていう前例ができるし、
こどもが緩衝材になってくれてスムーズに進むことが多いから。
(こりゃ失敗!、、なことも多々あるが)

この日も、お部屋へ入った途端「なんかチョコの匂いがするー!」と大声で叫ぶ五歳くん。

すかさず、いろんなデスクから「バレちゃった?」「鼻がいいねー」と、
チョコの差し入れが届きましたとさ。

行政はガチガチなイメージだけれど、個人的にお会いすると,素敵な人ばかり。
今日も多分、あれこれ助けていただいて、発表できると思う♪

  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年02月04日 07:25

広報に掲載されてます。 みよしPR動画も配信スタート!

カテゴリ:てんとうむし親子組カテゴリ:メディア情報カテゴリ:地元情報


広報みよし2月1日号に てんとうむし親子組一日体験会の告知が掲載されていますね。
みよし市民の方、手に取って見てください。
市外の方は、市役所などの公共施設で入手できます。



さて、昨日から、みよし市のPR動画が配信をスタートしました。
全12作。
とりあえず一作目だけみられます。ちょっとずつちょっとずつ公開されていくスタイル。
こちらで視聴できます。
http://www.city.aichi-miyoshi.lg.jp/kikaku/citypromotion/prdouga.html

思いはいろいろありますが、市民が登場する形ではなく、芸能人を使用して作る意図は?
謎の多い みよし市です。  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2016年11月07日 21:44

ウットデッキワークショップ 記事掲載されました!

カテゴリ:メディア情報


10月23日に開催されたウッドデッキワークショップについての記事を
中日新聞折込紙「コミュニティみよし 11月号」に掲載していただきました。


取材してくださった加藤記者は、おぼつかない手つきでのこぎりを引いているこどもたちの様子を、
じっと見守っていてくださいましたが、
最後には、自らノコギリを持ち、ウッドデッキの端の断面が綺麗になるように、
丁寧に修正してくださいました。

加藤記者のおかげで美しい仕上がりになりましたー!

「コミュニティみよし」は,貴重な地元情報紙です。
中日新聞を取っていない方も、図書館などで、閲覧できますしHPもあります。

  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2016年09月11日 23:06

新聞で、発見!


さっき、浄水交流館のロビーで、何気なく新聞を開いたら、9月6日の気象講座の記事を発見!

ネット記事で見て知っていたけど、実際に新聞で見ると、印象が違うね!

やっぱり紙媒体が好き。

読書も、
デジタル書籍より、紙の質感を楽しみながらめくるほうが好き。  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2016年06月01日 14:50

中日新聞折込紙 「コミュニティみよし」に 掲載!




てんとうむしの一日体験と、みよしプレーパークの講演会が、並んで掲載されています!

みよしプレーパークBLOG
http://miyoshippark.boo-log.com/

みよしで野外自主活動を初めて6年め。

こうやって広がっていることが、嬉しいなぁ。

子どもの居場所は、まだまだ足りません。

この機会に、世代を越えて、地域の人たちがつながっていくことを期待します!
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2016年05月25日 15:36

FM78.6 ラジオラヴィート インタビュー収録& 雑誌「耕ライフ」撮影

カテゴリ:メディア情報



一昨日、日経新聞全国版に森のようちえんに関する記事が掲載されて以降、
ありがたいことに、いろんな問い合わせや依頼をいただきました。

今日は早速、FM78.6 ラジオラビートの収録。
プロデューサーにお聞きしてみると、新聞掲載と収録が重なったのは偶然だったようですが、
とっても嬉しい重なりです。

収録は、というと、、、とにかくあっという間で、すっごーく楽しかった!!

ナビゲーターの松田恵子さんが、とても素敵な方で、
初めてなのに、なんだか昔から知り合いだったような気がして、
一時間の収録中、ひたすらしゃべりしゃべり、しゃべり。

そして、まだしゃべりたりないなぁ、、という気持ちを残したまま終了。

ラジオ局のスタジオ外には、コイケヤクリエイトさんが、待ち構えていてくださって、
今度は,雑誌の取材。

これまた、一度お願いしたいと常々思っていた カメラマンの久野ゆかさんと一緒に森へ行き、
次号耕ライフの撮影会。

撮影していただきながら、いろんなお話をして、楽しい楽しい撮影タイムは、またまたあっという間に終了。

最近、ありがたいご縁が続きます。
どれも、森のようちえんを始めなかったら、繋がることのがなかったであろうご縁ばかり。

いつも、一緒に歩んでくれているてんとうむしの仲間たち、支えてくれている森仲間のみんな、OBさんたち、
地域の皆さん、本当にありがとうございます。

今日収録分のインタビュー、来週放送されるそうです。


  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)