お問合せはtentoumushi344@gmail.comまで

2019年03月24日 22:28

植樹祭 新聞記事



先月の 植樹祭の新聞記事に
園児たちが載っていました。

終了後のアンケートでは

「植樹祭は初めてだったけど
想像してたよりずっと面白かった!」

「また参加したい」っていう声がたくさん届きます。

植樹祭の
準備をしてくださった皆様
本当にありがとうございました!

機会があればまた是非参加したいな。









  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2019年03月06日 07:06

無農薬イチゴ「きぼうのいちご」 大応援

カテゴリ:メディア情報カテゴリ:地元情報カテゴリ:地元情報~みよし市~


無農薬
「きぼうのいちご」

が大人気中の、イチゴ 農家「美岳小屋」さんのところへ
てんとうむしのみんなと遊びに行った時の様子が
中日新聞折込紙 コミュニティみよし に掲載されました!

イチゴもリンゴも、無農薬での栽培はとても大変だと思いますが、オーナー林さんは信念を貫いていらっしゃって尊敬します!


こちらのイチゴは量販できないため、スーパーなどでは販売されていないため、購入希望の時は、
連絡の上、畑へ受け取りに行く方式。

愛知学泉大の前の坂道を、
豊田市からみよしに入るとすぐに
イチゴのハウスが見えます!

ハウスもオーナーさんの手作り!!
すごいパワーのある方です。

みたけごやさんは、インスタ.FBなどのSNSにて
連絡取れますよ。

甘さと酸味のバランスが絶妙で
一口食べたら感動の美味しさ!

ご近所さん大応援!  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年11月27日 06:47

テレビ 森のようちえん特集

カテゴリ:メディア情報

先日、岐阜県の森のようちえん特集が放送されました。

森のわらべ 多治見園 園長 浅井智子さんのアップ!




こだぬきさんの野外調理の様子や、
森のようちえんを選んだお母さんたちの声が、
丁寧に取材されていました。



岐阜県の行政の方が、
森のようちえんを応援してくださって、
そして、今後の発展に期待してくださっている様子も!



自治体ネットワークも、着々と広がっています。



現在、てんとうむしの保育スタッフも、
森林アカデミーで開催されている指導者養成講座に参加中なので、テレビにもほんの一瞬、登場してたね。

来年2019年11月には、森のようちえん 全国フォーラムが岐阜県森林アカデミーで開催が決定しています。

全国の仲間と岐阜県で会えるなんて、夢のよう!


  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年11月27日 17:34

世界ふしぎ発見:世界一幸せな国の土台は、森にあり!

カテゴリ:メディア情報
世界ふしぎ発見で デンマークの森のようちえんが放映されました。

「ヒュッゲって何?? デンマークが世界一幸せな理由 11/25(土)『世界ふしぎ発見!』【TBS】」
https://m.youtube.com/watch?v=C08BgzZPitY&feature=youtu.be

本屋さんには、早速『ヒュッゲ』に関する本が陳列されていました。

『森が幸せを育てて』くれる。
本当にそう思います。

。。。。。。。。。
ヨーロッパの人たちは、身の丈に合った幸せを感じるのがとても上手です。

毎日、重ーい空が続き、「今日も天気が悪いねー」と話したら、
北欧出身の友達が、こう答えてくれたことがありました。

「天気が悪いのは、わるいことじゃなくて、天気が悪いからこそ、
室内を居心地よくして、家族で過ごせる幸せがあるんだよ」


こちらは、ドイツの森のようちえんの素敵な映像。
https://m.youtube.com/watch?v=yNnZk8Gwo08

日本の森のようちえんの素敵な映像も、いっぱい配信されているね。

隣の芝生は青く見えるけれど、日本の四季は本当に美しいし、
毎日太陽が昇ることは、最高の喜びです。



※ヒュッゲ:居心地のいい時間や空間。

  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年11月14日 18:12

遊び場の達人!

カテゴリ:みよしプレーパークカテゴリ:メディア情報
尾木ママが出ている番組 『うわさの保護者会』

『ゲーム時間を減らそうプロジェクト』に 日本冒険遊び場づくり協会理事&プレーリーダー 関戸さんが登場していました!



遊び場の達人!

確かにそうだ♪ 

と一人密かに思いながら、
楽しく拝見。


番組の中で、遊びの達人が準備したものは、段ボール、カッター、などなど、
プレーパークに普通にあるものばかり。

達人がしたことと言えば、
こどものちょっとした作品を、
『それ、いいねー!』と全力で褒めること。

褒められたら誰でも嬉しい!

褒められると、

あ、これしていいんだ。って安心できるから、もっともっと作り始める。

そして、、壊す!

子どもの遊びは、壊すところから始まる。と言ってもいいかもしれない。


壊せるものをたくさん置いておくと、こどもたちのやる気はどんどん高まる!!!


こどもに限らず、、人は、自由自在に場を変化させることが好きだよね。



実際にダンボールで秘密基地づくりなどを体験してみたいなぁと思ったら、 プレーパークに来てみてね!

愛知県内にもたくさんありますよ。

みよし市の野外活動仲間がやっている『みよしプレーパーク』は、月に一回、お母さんたちが不定期開催しています。

次回は、11月18日土曜日開催!

他にも、豊田、刈谷、碧南、西尾、半田、小幡などなど、、プレーパークはどんどん広がっています!


プレーパークは、いつ来ていつ帰ってもよし。

事前予約も不要です。


★こちらの関戸さんのシリーズコラムも、楽しいですよ!
https://conobie.jp/user/365

★うわさの保護者会 HP
http://www4.nhk.or.jp/hogosya/344/

★日本冒険遊び場づくり協会  ←近くの遊び場は、こちらのHPで探してみてね!
http://bouken-asobiba.org/  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年10月23日 07:33

軽井沢風越学園の記事 ~ 中日新聞より ~

カテゴリ:メディア情報
中日新聞に、軽井沢で風越学園の創設準備をしている『森のようちえん ぴっぴ』本城慎之介さんの記事がありました。




本城さんは、楽天副社長を経て、横浜で校長先生をしたあと、軽井沢へ移住し、森のようちえんに関わり、
現在は小学校創設の準備をしているお父さん。


『長野特産のりんごで言えば、同じ色、同じ形のりんごじゃなく、自分なりの根っこをしっかりと張るための教育がしたい』

『同じ から 違うへ。 分ける から 混ぜる 学校を目指したい』

本城さんが創設する学校、とっても面白そう!

可能なら是非是非入学してみたいわ! 私が(笑)

。。。。。。。

最近の中日新聞は、森のようちえんやプレーパークに精通している人が担当になったのかな?

と思うほど頻繁に、野外保育やプレパ関連の記事が出ています。



地域で出会った方に、森のようちえんの活動をしていることを伝えると、

『あ!新聞で見た!』

と言ってくださる方もいて、少しずつ周知が広がっているようで嬉しいです。




  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年07月03日 18:52

森のようちえん一日体験会の告知掲載されています。

カテゴリ:メディア情報


今日の中日新聞折込紙「コミュニティみよし」に、森のようちえん一日体験会の告知が掲載されています。
お隣には、仲間の団体、みよしプレーパークの記事も♪



チラシは、みよし市内各子育て支援センター、カリヨンハウス、東郷町らくだ書店、その他各所に設置してありますので、
手に取ってくださいね。

お申し込みお問い合わせは、tentoumushi344@gmail.com
にてお待ちしています。  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年06月25日 22:52

アメリカで、森のようちえんは、どんなふうに理解されているの?

カテゴリ:森のようちえん カテゴリ:メディア情報


昨日のNHK地球ドラマチックで、イギリスの子どもたちの様子を見ながら、
ヨーロッパでは、どんどん野外での保育が広まっているけど、アメリカはどうなんだろう。と、疑問が沸いて、
調べました。

こちらは、ちょうど一年ほど前 2016年5月の記事。

http://mamamoru.com/education/mori-no-youchien/

アメリカの森のようちえんについて、記者の疑問に答える形で、詳細に書かれており、とっても興味深いです。
特にナイフの取扱いについては、文化の違い、犯罪頻度、など、国民性が深く関わっている様子。

「森の幼稚園では、なにを答えるかではなく、どのように問題を解決するのかを子どもたちを教えます!」
~記事内容より抜粋~

そういえば、以前お会いした方から、「ニューヨーク郊外 ブルックリンでも、駐在日本人が野外保育活動してますよ」と聞きました。

日本と同じく、アメリカも、口コミをたどって調べれば、もっとあちこちにありそう!  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年05月07日 20:59

青空入園式の記事が掲載されています。

カテゴリ:メディア情報カテゴリ:入園式、巣立ちの会


「コミュニティみよし」5月号に 森のようちえん てんとうむし入園式の模様が掲載されました。
記者の加藤さん、いつも丁寧に取材してくださって、ありがとうございます。

今思い返しても、地域の方達がたくさん集まってくださって、祝福していただいて、
幸せな時間でした。

この緑地の存在も、素晴らしさも、もっともっと市民にも知ってほしい。という願いを込めて
毎年、青空のもと、公開型での入園式をしています。

野外の行事は,当然天候に左右されますが、
それも自然の一部。

森のようちえんは、一般に、野外保育、自然保育と称されますが、
この「自然」には、たくさんの意味が含まれています。

自然の環境の変化を受け入れ、自然な関わりを認め、自然な成長段階を見守る、、、

どんなときも、自然の流れに抗わずに、
前を向いて、進んでいきたい。

コミュニティみよしは、中日新聞折込紙。

サンライブの新聞コーナーや、行政関係の場所に設置されています。
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年02月25日 10:56

隠れ家パン屋さん「ベーカリークグロフ 」 記事 発見!

カテゴリ:メディア情報カテゴリ:地元情報

みよしの隠れ家パン屋さん「ベーカリークグロフ」の取材記事が、みよし市商工会報 いいじゃん通信vol27に掲載されています。

取材されたのは、おもちつきでお世話になったKさんかな?

商工会が、三好丘駅前カリヨンハウスから撤退する記事も、
裏面に小さく掲載されてました。。

思うことはたくさんありますが、
過ぎたことなので、それはいいとして、
この先のカリヨンハウスを応援します!


  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)