お問合せはtentoumushi344@gmail.comまで

2017年07月27日 20:21

リヤカー VS 一輪車 VS 雪かき レース!


〜写真↑ 家族うんどうかいのオープ二ングに、スペックの違う三台が登場〜

………
無事六日間の夏キャンプが終わりました。
サポートしてくださった方々のおかげで、本当に充実した日々でした。

今回は、滞在中に てんとうむし家族うんどうかいも開催!

またゆっくり報告しますー。  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年07月26日 09:12

真夜中のパン屋さん

夜中にいい匂いがたちこめるキッチン。

連日連夜、嬉々とした表情でパンを焼き続けるKちゃん。


おしゃべりしながら、深夜までこねて成形して。

今夜もまた、何度目かのシナモンロールを試作。


そして、再びシフォンケーキ。

心もお腹も幸せな連夜のお茶会は、丑三つ時まで続く。  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年07月25日 12:54

毎日パン屋さん


Kちゃんが毎日パン屋を焼いてくれるから、朝はパンのいい匂いで、目が覚める。


シナモンロールも美味しい〜!
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年07月24日 10:15

自分用の糸を紡ぐ


真綿を紡いで、あやとりを作るよ。

  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年07月24日 10:09

蚕を茹でて、真綿作り


蚕を茹でて、


おしゃべりしながら真綿をつむぐ。  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年07月23日 12:02

竹でピラミッドができた!



2017年7月22日、夏キャンプ初日は、竹ピラミット作りから始まりました。

午前10時の到着早々、地元の郡上竹林隊と方と、てんとうむしのお父さんたちで、
一本ずつ、竹を切っては縛り、切っては、縛り、一段ずつ、一段ずつ仕上げていく。。


普段から、外での作業に慣れているお父さんたちは、ひょいひょいと竹にのぼり、身のこなしが軽い。
いつも室内で働いているお父さんたちは、すぐにフラフラ。。
あー手が痛い。。と、つぶやいている。

料理好きな園児パパが作る40人分の昼食をみんなで食べて、川でちょっと遊んでお昼休憩。

そして午後には、竹ピラミッドが完成!
ガーランドをつけたら、なんだかとても素敵な空間になりました。


足場と、手すりまである!


こちらの竹ピラミッドは、今月末から保養に来る福島のご家族を歓迎する置き土産。

私たちは6日間で帰るから、直接お会いできないけれど気持ちはつながっています。

お父さんたち、頑張ってくれてありがとうー!  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年07月15日 13:02

巨大プールを膨らませる高性能ポンプ


~全身びしょびしょで ザリガニ釣りをする~

昨日で7月の活動が無事終わりました。

活動期間中は、常にあれこれ同時進行。
園児達のこと、お母さんたちのこと、運営のこと、スタッフのこと、地域との連携、活動場所の状態、当日の天候、、。

自然は毎日違うし、こどもたちも毎日成長しているから、リスクもハザードも、毎日違う。
お母さんや、スタッフたちみんなが、アンテナを高く、意識も高く持って、自分を認めていけるように、
いつも一人一人の顔を思い浮かべながら 「今、この瞬間の最善」を考えています。

てんとうむしは大家族だから、自分たちだけがよければいいと思っているお母さんは,誰もいない。
人は、みんな違うから、一人一人の価値観の違いは当然のこと。

大人も子供も、同じ目線に立って、相手の気持ちを聞き、
お互い迷惑をかけあって、フォローしあって、助け合いながら楽しく過ごしています。

その絆が一段と深まるのが、年に数回開催している お泊まり会。
。。。。。。。。。。。
先日の活動内では、夏キャンプの備品準備を兼ねて、巨大プールを膨らませました。


園児達、プールの大きさにびっくり!

私は電動ポンプの性能にびっくり!

車のシガーライターに接続して、スイッチON!してから、1分程度でこの巨大サイズの空気入れが完成してしまう高性能! 感動。 これを知ったら、もう、足踏みポンプはやれないわ。。

うん、プールは、穴も開いていない様子。

川の水が冷たすぎたら、ここに水をためて、太陽さんにあたためてもらおう!  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年01月12日 18:51

感動! パパたちの手料理! ~雪あそびキャンプ続編~

~雪遊びお泊まり会 つづき~
雪遊びしている間に、お宿で留守番のお父さんたちが、大きな五平餅を焼いてくれていました!
U字溝で火をおこして、廃材と薪で焼く。さぞ、火加減難しかったでしょう、、。
「感謝の五平餅」と名づけたいくらい。〈写真撮り忘れて残念〉

お宿の近所の親子も遊びにきてくれて、ドタバタ楽しく大騒ぎ。
そして、一息ついたら、どどどっとみんなで温泉へGO! 園児たちは、ほぼ全員が男風呂へ行ったけれど、
お風呂の中はどうなっていたんだろう?ふふふ。。

そして!
その間に、Mちゃんパパさんが、全員分のお料理を作ってくれました!
芸術作品のように美しい!色とりどりの野菜が、次々と美味しそうな輝きを放って、揚がってきます。


前日までに、何度か自宅で試作を重ねてくださったというお父さん。
何とも研究熱心な素晴らしいパパ!しかも、手慣れた手つき。 すごーい!
おかげで、母たちはコーヒー飲んで、おしゃべりしながら のんびりリラーックス♪

ふと見ると、外は雪がどんどん降り積もってきました。
日帰り組は少々あせりながらも、こんな魅力的な夕食を逃すわけがなく、みんなでいただきますー!

当然、美味しい。
頑張ってくださったパパの気持ちが、じーんと沁みわたって、体も心もあったかホカホカでした。

子供たちが寝た後は、大人のお楽しみ時間。実は、メインともいえる時間。
父や、母の顔から、一人の人間に戻れる、この時間が、一番大切な時間です。
飲んで食べてしゃべって、、、。
楽しくて楽しくて、当然のごとく、深夜まで続きます。
そして当然のごとく翌日は、子供たちが一番早起き。笑

朝ご飯は、こどもたちもお手伝い。
たまご、いくつ割っただろう。たくさん作るって楽しいんだよね!


食べたら早速、外で雪遊び!
昨晩いっぱい降ったから、ソリも、スキーも、雪だるまも、雪合戦も、玄関先で、楽しめちゃう!!


素敵なお宿に、魅力的なオーナーSさん、そして大好きな仲間たちとの時間はあっという間。
とっても楽しくて、一泊じゃ帰りたくなかったー!

帰宅後も楽しい気持ちの余韻が残っていたようで、、、粘土で雪だるまをつくっていました。


次回は3月に、2泊で雪遊びの予定♪
今回体調不良で行けなかったメンバーも、次回は一緒に行けるといいな♪

郡上の皆さん、本当にありがとうございました。
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年01月10日 12:30

古民家も、お庭も、雪化粧。

てんとうむし 恒例の お泊まり家族会。

飛騨へ雪遊びに行ってきました。
今年は雪が少なくてほとんどないけど、、と言われていたけれど、てんとうむしは、強運の持ち主揃い。
夕方からパラパラと雪が降ってきて、夜には積もり、翌日はソリ遊び!!

素敵なお庭は、水墨画の世界。



古民家をていねいに修繕しながら住んでいらっしゃるお部屋の中は、すてきな調度品がたくさん。
屋根裏部屋は、当然のごとく、こどもたちの基地になって大盛り上がり。


大人たちは、リビングでゆっくり飲みながら談笑。
共にすごし、共に食べて、じんわりとお互いを知っていくには最高の環境です。


こちらの場所は、一般住居でもあり、6年前から、毎年夏に福島のこどもたちを受け入れている場所なのだそうですが、今回初めて,私たちのために冬の開放を快諾してくださいました。

二階建ての広いお宅に住んでいらっしゃる住人は 英語講師をしたり、いろんなことをしていらっしゃるSさん。
地球を大切にしていらっしゃって、洗面所になすの黒焼きが置いてあり、トイレットペーパーも地球にやさしいもの。

地球を汚さない自然な洗剤『松の力』を、めいほう温泉でも使ってほしいと働きかけていたり、
エネルギッシュに動いていらっしゃるようです。

そして、よく飲む!

こどもたちが寝た後の夜会では、次々とお酒が出てきて、お父さんたちのほうが先に酔いつぶれて、、笑
グローバルな視点を持っている素敵な女性で、まだまだいろんな魅力がありそうです。

Sさんに出会えたおかげで、家族会の滞在が、いつも以上に、さらにさらに楽しい時間になりました。

今回は人数が多くて泊まれなかったけれど、ご縁をつないでくださった
『みどりの谷』の章子さん、本当にありがとうございます。

次につづく  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2016年11月29日 08:18

ぺったんぺったん、お餅つき!!

先週末は、てんとうむし恒例の お餅つき家族会。

メンバーのお宅の軒先で,お餅をつきます。

慣れているおとうさんたちの、リズミカルで手際のいい、餅つきと、手返しに、惚れ惚れ。
初めましてのお父さんたちも、薪割りをしたり、自分の役割を見つけて、没頭している。


おかあさんたちは、それを横目に、持ち寄りのおかずをつついて、レシピを聞いたり、わいわいと井戸端会議。



子どもたちは、、

男子は、火おこし。
女子たちは、傘をさしながら、優雅に湯が沸くのを見物。



昭和のおかあさんたちも、きっとこんな感じだったんだろうなぁ。
日本伝統の?面白い風景が、あちらこちらで繰り広げられていた。


お父さんが一緒だと、お母さんも安心するのか、いつもより〔いつも以上に?〕リラックスしている様子。
夫婦の形は,本当にそれぞれ。
いろんな家族模様を垣間見れる時間も、新鮮。

うんうん。
こういう風景を見たくて、森のようちえんを始めたんだよね!と再確認。
子育ては、地域の中で、たくさんの大人の中で、していくほうが幸せだと信じているから。

次の家族会は、1月の雪遊び。

餅つきの後、輪になってコーヒーを飲みながら、お父さんたちと、あれこれ雪遊びの計画を話すのも、また楽しい。
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)