お問合せはtentoumushi344@gmail.comまで

2018年10月07日 00:02

絵の具で壁に落書きしよう!



豊田市南部で、面白いことが始まってるよー!

ここならやりたいことを思いっきりやれちゃいそう!

明日です。

  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年08月22日 00:03

自主保育、森のようちえん プレーパーク どう違う?



【森のようちえん】という名前を掲げていても、全国に数百の園があり、今ではドイツ、アメリカ、韓国など世界中にあります。

NPO法人森のようちえん 全国ネットワーク連盟HP
http://morinoyouchien.org/

NPO,一般社団、自然学校、認可園、、、

いろいろありますが、日本国内の森のようちえんは、私たちのようにお母さんたちが立ち上げた園が多いのが特徴です。

そして、親子一緒に活動している園、保育スタッフ主体でこどもたちを預ける形の園など、形態も様々です。



森のようちえん てんとうむしは 小学校入学までを過ごす『預かり組』 と 未就園児の『親子組』があります。

そしてさらに、この地域には、『もり・そら』『みよし もり・そら』など、親子参加型の 野外自主保育もあります。

どう違うのかよく聞かれますので、三好豊田刈谷の仲間たちが、年2回集っている「ごちゃまぜ子育て会の参加団体表をもとに書いてみます。


~ 豊田市、みよし市、刈谷市 の 野外保育活動 (メンバー登録制の団体一覧)~

〇親子参加(主に未就園児対象)

・ 野外自主保育『もり・そら』 豊田市鞍ヶ池 週1回 月曜に活動

・ 野外自主保育『みよし もり・そら』 みよし市北部 週2回 火曜、木曜に活動

・ 『もりもりあそび』毎週水曜日 豊田市藤岡地区

・おさんぽサークル 『おひさま』毎週金曜日 豊田市



・ 野外保育とよた森のたまご 『てくてく』 水曜 豊田市中心部で活動

・ 森のようちえん てんとうむし親子組 春夏組、秋冬組  月曜コース:豊田市浄水地区、木曜コース:みよし市中心部

・ こそあどの森親子組 「森へ行こう」刈谷 毎週水曜



〇預かり型(主に3~6歳の園児)

・ 森のようちえん てんとうむし 週3~4日 

・ 野外保育 とよた森のたまご  週4~5日

・ 刈谷市 こそあどの森  週4日


〇プレーパーク(だれでも自由参加)

・ とよたプレーパークの会(豊田市鞍ケ池)

・ みよしプレーパーク (みよし市三好丘緑地)

・ きつねやまプレーパーク (みよし市保田が池)

・ よさみプレーパーク (刈谷)

・ すはらプレーパーク (刈谷)

・ プレプレーパーク(刈谷)


。。。。。。。。。。。。。。。
豊田市鞍ヶ池で活動している 『もり・そら』は、親子型の野外自主保育です。

自主保育では、係を決めて、毎年新しいお母さんメンバーで運営しています。(毎年、2月か3月ごろに新規募集あり)

私も現在小5年の長男が2歳の頃に『もり・そら』を知り、外遊び仲間と出会い、子育てがとても楽になりました。

その後、2010年秋に、次男の妊娠をきっかけに、地元みよし市の三好丘緑地にて、親子参加型の野外自主保育『みよし もり・そら』立ち上げることができました。

それから3年ほど経ち、長男の入学を機に一念発起。
同じ想いを持つ6組の母仲間たちとともに、預かり型の『森のようちえん てんとうむし』をスタートしました。


その後、未就園児の年齢の親子も、園児たちの活動する様子を見て先をイメージできるように、親子参加型の『てんとうむし親子組』が始まります。


『もり・そら』などの野外自主保育は、外で子育てを愉しみたい未就園児親子の居場所です。
みんなわが子、みんながお母さん。
を合言葉に、たくさんの大人たちが、一緒に子育てを愉しめるのが最大の魅力!

同じ価値観を持ったお母さんたちと支えあいながら毎日を過ごして、入園時期になると、幼稚園、こども園などに入園していく子が多いです。


森のようちえんが運営する親子組は、
イベント的なもの、プレ保育的なものなど、いろいろなタイプがありますが、『てんとうむし親子組』は、初めての外遊びを応援 していくことを目的にしています。
運営母体があるので、母たちで係を作ったり、活動場所を調整したり、、といった準備は特になく、気楽に参加できます。


自主保育の魅力は、自分たちで発案したり、活動計画したり、やりたいことを形にしていけること。家でこどもを預かりあったり、それぞれの家庭を行き来して一緒にご飯を食べたりしていくうちにほんとの家族みたいな気持ちになります。

てんとうむしは、自主保育の仲間と数年活動してから立ち上がったのでスタートからスムーズでした。


どの団体も、毎年、お母さんたち、子どもたちが入れ替わるので、雰囲気が変わります。

一度体験して、話しやすいな、このお母さんたち、いいな。と感じる団体を選ぶのが一番。
まずは、直接問い合わせしてみてください。

それぞれの思いで選択できたらいいなと思っています。

。。。。。

そして、『プレーパーク』は地域の居場所づくりをしています。

参加無料
予約不要
0歳から100才まで広い年齢層で関わります。

行政と連携しているところ、
プレーリーダーがいるところ、
お母さんたちが手弁当で運営しているところなど、形態も様々。

プレパの魅力は、つながりの長さ。
子育て期間は、子どもの成長に合わせて、園から小学校へ、小学校から中学校へと、
どんどん友達が変わりますが、プレーパークに来れば、昔から知っている顔に出会えるのがとても嬉しい。
こどもたちが成長して、家族には話せないようなことがあった時、プレパの大人たちに話してくれたらいいな。

もりそらも、森のようちえんも、プレーパークも、みんな根底にあるものは同じです。

地域の中に、いろんな繋がりを作って、情報共有したいという想いから、年に2回 『ごちゃまぜ子育て会』 で顔を合わせています。

http://sorashido.boo-log.com/e448090.html





…….
と、ここまで頑張って書いてみましたが、やっぱり難しい。。

あとは直接、各団体へお問い合わせくださいね。  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年07月19日 16:50

てんとうむし 親子体験説明会2018  終了しました!

てんとうむし親子体験説明会 無事終了しました。



今年は全国的に暑く、
愛知は前代未聞の猛暑ですが、日陰の水場は涼しく過ごせます。

日々の事件や情報が耳に入ると不安になりやすいけれど、むやみに怖がらずに、
自然環境の特徴を知り、上手な付き合い方を知っていく事も大事だと考えます。

今日は、現役親子組のメンバーも、
きつねやまプレ―パークのメンバーもたくさん来てくれて、
子どもたちと一緒に 気持ちよくビショビショに!

嗅覚の鋭い子どもたちは、遊びの達人を見抜くのがうまい♪



説明会で熱心に質問してくださる皆さんとお話していると、
初心を思い出すことができて、とてもありがたい時間でした。

森のようちえんの魅力を言葉にして伝えるのはとても難しいので、
てんとうむしの活動を体験して、その場の雰囲気から何かを感じとってもらえたら嬉しいです。

  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年07月08日 00:02

みよし市に、2つ目のプレーパークがスタート!



とってもいいフィールドなので、いつか誰かやってほしいな。。
と思っていた、『きつねやまプレーパーク』が、ついに始まります!

世話人さんは、ご近所の仲良しお母さんたち4人。

みよし市北部で月に一度開催している『みよしプレーパーク』
http://miyoshippark.boo-log.com/

に引き続き、みよし市中心部にもプレーパークが!

幼少期から、ここで遊んで大きくなった私としては、とっても嬉しいー!

プレーパークって何?
という方には、こちらの本をご案内 ↓

イギリスのプレーパークについて書かれた本で、みよし市の図書館にも蔵書あります。



この本を読んでいたら、以前イギリスで見かけた面白い砂場を日本にも再現したい!との想いが、
またふつふつと蘇ってきました。

http://sorashido.boo-log.com/e378225.html


その前に、いつの間にか半分ほどに減ってしまった保田が池 『きつねやまアスレチック』の木製遊具を

復活させたいなぁ。。

★本日7月8日日曜、三好北部 三好丘緑地にて 10時~15時まで、【みよしプレーパーク】やってます!いつ来ていつ帰ってもOK.
申し込み不要。無料です。【ケガと責任は自分持ち】でお願いしてます。

詳しくはみよしプレーパークのブログを見てね!



  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年06月17日 00:02

ごちゃまぜ子育て会2018春



6月15日金曜日

待ちに待った『ごちゃまぜ子育て会』


この地区の仲間たちが一同に集まりました。





毎年内容を更新しているこのパンフに、Mっち書いてくれた文章がまた、とってもいい!

同じ価値観を持った仲間と、悩みを共有したり、みんなで話すと、すごく気持ちが楽になる。 

こどもが小さい時の悩みと、
小学校に入ったときの悩み、
そして思春期の乗り越え方、、

子育てをしていると、
次から次へと悩みが出てくるけど、

時が経って、
「あの時を考えたら随分成長したよねー!」って笑い合えるのが、いい。



こどもたちは、自分で生きていく力がある。それを信じつつ、迷いながら、みんなで楽しんで過ごしていきたいね。

みんな一緒なんだなぁ。。

そう思えるだけでホッとする。

次回は2019年2月ごろの予定です。

  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年05月11日 13:02

刈谷市 よさみプレーパーク

刈谷市南部にある都市公園の一角に、人気のプレーパークがある。
『よさみプレーパーク』

市外の人も来ているという。


人気の理由はこの人。
子どもたちに絶大な人気を誇るガクちゃん。
会うたびに、ナゾの人になっていく。
(当然、小さな子は、怖がるケド)


廃材で、巨大な輪ゴム鉄砲を作ったり。


水遊びをしたり、
おもむろにかき氷やさんが始まったり、

一般客の一人として遊びに行くプレパは、
また違った視点で面白い。

最近、県内各所にプレパがどんどん増えてうれしい!!
愛知県内のマップはこちら!




★さて、明日2018年5月12日土曜日は、みよしプレーパーク開催日だよ!
http://miyoshippark.boo-log.com/
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年05月03日 09:03

みよしプレーパーク新聞〜2018年上半期の開催日〜



小学校に配布された みよしプレーパークの手描きチラシ。

プレパメンバーUちゃんから届きました!



プレパ愛が感じられる 素敵なチラシ、

今月の開催日は、5月12日土曜日ですよ。

。。。。。。。。。。。
プレーパークは、全国にたくさんあります。

愛知県内にもいっぱいある。

★今日と明日は 5月3日、4日 は、よさみプレーパーク が開催中!

https://blog.goo.ne.jp/little_house_kariya/e/7853ac031f4ccf618eac7c73111ac5c1


プレパは、いつ来ていつ帰ってもいい。

自己責任。って書くとお堅いから、

キャッチコピーは、

『ケガと弁当は自分持ち』

久しぶりに私もプレパに行こっと♪  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年03月26日 20:19

豊田市鞍ヶ池: プレーパークは、みんなの居場所。

豊田市の鞍ヶ池で開催しているのが、とよたプレーパーク。

通称とよプレ。


いろんな面白いものがあちこちにあって、
基地も、点在していて、本当に面白いし飽きない!


大人は、火を囲んでのんびりおしゃべり。
ここに来ると、知ってる顔に会えるのが、とっても嬉しい。



『そこに行けば誰かに会える』場所があるのは、本当にうれしい。

雨でも楽しいよ!
巣立った園児たちも、プレーパークで会おうね♪

2018年4月以降の開催日は、HPをチェック!
https://toyotapp.exblog.jp/



  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年02月04日 00:03

本日、洲原プレーパークの日!



2018年2月4日日曜は、
刈谷市洲原公園で、プレーパークだよ!

刈谷市内3つ目のプレパ、素晴らしい!

こちらの公園は、火も使えます。

待ってましたー!!
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(2)

2017年07月17日 20:49

ヤミ流しそうめん。ストロー準備!

刈谷市の よさみプレパの一コマ。

本日の流しそうめん台に、そうめんは流れません。
流れてくるのは、スイカ、きゅうり、トマト、、。

一段落すると、今度はストローを持ってスタンバイ。

中学生が流してくれるのは、オレンジジュース。
はい、定番です。

こどもたち、真剣。
蜜を吸ってる蝶みたいで、かわいい


がくえみちゃんに会いたくて、急遽立ち寄ったよさみプレーパーク。

都市公園らしく、ものすごい賑わいに驚きました!
暑かったけれど楽しかった〜!

がくちゃんえみちゃん、みんなありがとうー!  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)