お問合せはtentoumushi344@gmail.comまで

2018年01月29日 00:02

いちご大福 といえば 福岡屋さん

カテゴリ:地元情報カテゴリ:地元情報~豊田市~


豊田市北部で、いちご大福と言えば、こちらのお店。

保見の交差点にある福岡屋さん。




『舌』にしか見えないのは職業病。。

舌診:舌質紅、『血熱』 感情の高ぶりに起因、口は乾くが水は飲みたがらず、、、なんてね(笑)


黒ゴマを2つくっつけて、顔にしてから食べていましたとさ。

★本日の 『森のようちえん てんとうむし 親子組一日体験会』 は、予定通り開催します。
10時半に、待ち合わせ場所へお越しください。  

寒さが厳しい場合は、たき火します。

水筒に熱いお湯を入れてくるといいですよ。
冷えた手を温めたり、泥んこを洗い流したりするとき、役に立ちますよ。

  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年01月20日 00:02

スタイリッシュなカフェ『each』で ランチ会議 

豊田市民会館に用事があったので、
すぐ隣にある、スタイリッシュな店内と手作りハンバーガーが人気のお店 『each』 さんへお邪魔しました。

一番人気はこだわりのバンズで作るオーソドックスなハンバーガー。
とても丁寧で美しいワンプレートです。


こちらは タコライス。


おしゃれな店内は、座り心地のいい椅子が置かれています。
食べるというよりは、おしゃべりするのに適した深さの椅子で、のーんびり会議できました。


泥んこで行くお店ではないです(笑)
美術館の帰り、市民会館の帰りに立ち寄るのにぴったりです♪



each HPはこちら
http://gogoeach.com/

  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年01月19日 08:49

チラシが素敵!!  2018年1月31日水曜日子どもといっしょにMUSIC ~クピパトリオ~ 

カテゴリ:てんとうむし親子組カテゴリ:地元情報カテゴリ:地元情報~豊田市~


2018年1月31日水曜日 
第5回の おやこコンサートが開催されます。

豊田市に親子で生演奏を聴ける場所を作ろう。

そこで出会った人が、その後も繋がりを作れるように、座席も工夫して、
出演者も県内の演奏家に限定しよう。という趣旨で開催されています。

今回のクピパトリオ チラシを作ってくれたのは月曜親子組のYちゃん。
今年度の初め頃、どうしようか迷いながらも、出産前の経験を生かして、引き受けてくれました!

『好きだけど、でも今は 子育てに没頭したいから仕事にはしない』
という気持ちのYちゃん。

子育ての時間を割いて、丁寧に仕上げてくれて本当にありがとう。
楽しそうなチラシから、レイアウト作成を楽しんでくれているYちゃんの様子が
目に浮かんで、私まで嬉しくなるチラシです。


今はネットで何でもできてしまうけれど、

人は、人とのつながりで生きていくもの

顔の見える人同士で、頼ったり頼られたりして、
生きていきたい。

こちらのコンサートお申し込みは
コクチーズからお願いします。
http://www.kokuchpro.com/event/746c3652fc20462d5d7fb7305b460d97/




★2018年1月から3月 親子組一日体験会受付中。
お申し込みは tentoumushi344@gmail.com  にてお待ちしています。

  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年01月15日 00:03

車で10分の海外

カテゴリ:つれづれカテゴリ:地元情報~豊田市~

親子組 ポルトガル語翻訳チラシ掲示のお願いに、ブラジル食材を多く扱っているスーパーへ初めて行ってきました。

大きな肉の塊。
ポンデケージョなどなど。


店内で飛び交う言葉もポルトガル語。
陳列してあるものが全然違って、日本なのに日本じゃない感じがとっても面白い!


次男はスーパーの真向かいで開かれていた体操教室のトランポリンに釘付けでした。


  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年12月28日 15:19

チラシが目に留まった。

カテゴリ:地元情報カテゴリ:地元情報~豊田市~


ん??

なんか面白そう。


人材豊富な豊田市、いろんなことができそうだよね!!
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年12月26日 17:05

落ち着くお店 「COCONEカフェ」発見!  

カテゴリ:地元情報カテゴリ:地元情報~豊田市~


住宅街の中に突然現れる素敵なカフェ。

巣立ちの会の企画を打ち合わせ。


森のようちえん てんとうむし開園式の時にも来てくれた舞台仲間たちが

晴れの日を応援しに来てくれることになり、ホッと一安心。。




こちらのお店、とっても落ち着きます。。

今回は、閉店間際だったから、またゆっくり行きたいなぁ。

COCONEカフェ 
https://tabelog.com/aichi/A2305/A230501/23046532/

  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年12月12日 07:18

異空間♪ 豊田市『民芸の森』へおさんぽ。

カテゴリ:地元情報カテゴリ:地元情報~豊田市~
豊田市北部のステキな場所。
『民芸の森』へおさんぽしてきました。
http://www.mingeikan.toyota.aichi.jp/mingeinomori/

ここは、まだ整備されたばかりで新しい場所。
いつ行っても何か愉しめるように、いろんな企画をされています。

こどもがやりたがったのは、これ。
12月16日に開催されるスーパー竹とんぼ。

「スーパー」という言葉に惹かれてた(笑)



敷地内に、事務所があり、スタッフさんが室内でコーヒーを淹れてくださいます。

ここで頂いたチラシがこちら↓


ここから、平戸橋の 『豊田市民芸館』まで、親子でふらりと、おさんぽに行ってみました。
途中に、登り窯があったりして、面白い。

裏道は車もあまり通らないし、距離も、ちょうどよくて、
おススメです!




  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年11月09日 08:59

豊田市の子ども基地は、全館丸ごと楽しめる! ~豊田市 地域文化広場~ 

カテゴリ:地元情報カテゴリ:地元情報~豊田市~
昭和時代からの人気スポットはここ!!
一階から二階につながっているアスレチックは、圧巻です!


私も幼いころ父と兄と一緒によく行きました。
当時からあるもの、新しく設置されたもの、いろいろ混在していますが、
今でも、こどもたちの基地であることは、変わらず。


二階には、影絵で遊べるコーナーや伝承遊びのコーナーなどが新設されていました。


鉄道好きだった兄の目的は、こちらのNゲージ。

部品の劣化などでよく壊れて修理中になっているけれど、
その度に地元の有志の方が修繕してくださって、今も現役で、週末に運転しています。



こちらの施設の駐車場は道路の反対側。
広ーい無料駐車場があり、地下通路でつながっています。

その地下通路が、またまた子どもたちの大好きな場所。
声が反響するのが面白くてしょうがない。

、、考えてみたら、
ヤッホー!って言えるトンネルって、とっても少なくなっていますね。。

以前、演劇や合唱など、腹から声を出す練習が必要な時に、ヤッホー!していましたが、
『それ何?やったことなーい』 って子どもたちに言われる時代が、やってきたら、、寂しいな。。


。。。。
こういう地元情報って、地元の人にはおなじみの場所でも、
引っ越してきた人には、なかなかこういう場所の情報をキャッチすることが難しい。

地域密着型の 森のようちえん てんとうむしのブログでは、地元情報を随時ご紹介しています。

気が付けば、一冊の本になりそうなほど、情報が充実してきてますねー♪  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年10月25日 08:34

『おやこコンサート』 2017年11月1日水、豊田市参合館

カテゴリ:地元情報カテゴリ:地元情報~豊田市~
※できれば森へ呼びたいけれど、屋外演奏に不向きな愛知県内の楽器仲間たちに声をかけて、豊田市へお招きしているシリーズ~♪
 


来週2017年11月1日水曜日に、豊田市参合館9階多目的ホール にて開催される
『おやこコンサート』 のお知らせです。(大人もこどもも楽しめる演奏プログラムです。大人だけの参加ももちろんOK!

今回のメイン楽器は、ファゴット!!!
フランス語では、バスーンとも呼ばれます。

こんな楽器、園児の背丈より大きいよ! ↓
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%B4%E3%83%83%E3%83%88

特色のあるホンワカしたあたたかい音がする楽器で、
アニメやドラマなどでも、効果音や、挿入曲等でよく使用されるているので、
生の音を聞くと、ピン!とくると思います。

オーケストラではとても重要な楽器の一つ。
私の大好きな楽器です!
 
。。。。。。。。。。

こどもと一緒に生の音楽を目の前で♪ 駅から直結。ベビーカーのまま会場入りOK!
『こどもと一緒にMUSIC ~親子で楽しむコンサート』
●期日
2017年11月1日水曜日

●出演者
TeatroMusicale
http://teatromusicale.wixsite.com/tanabecorp

ファゴット:田邊 武士(Tanabe Takeshi)
ピアノ:小島千加子(Kozima Chikako)
打楽器:林美春(Hayashi Miharu)

●場所 豊田市参合館 9階 多目的ルーム
愛知県豊田市西町1-200

●駐車場 3時間フリーパーキングです。 《チケット認証したら3時間まで無料》
ホールロビーにて認証できますので、駐車券を持参の上、ご来場ください。

●公演時間 (三回公演 一公演45分)
1st,11:00〜、2nd,13:00〜、3rd,15:00〜

●金額
大人1000円 園児500円 未就園児無料

●主催 ピアチェーレNEXT、チェロを楽しむ会
   090 3569 4914 岩城

●共催・母音(ハハオト)

●後援・豊田市、豊田市教育委員会、公益財団法人豊田市文化振興財団

今回から、全3公演です。
下校後、降園後のお子様と一緒にお楽しみください♪

会場内は、手作りの広ーいラグマットを敷いたハイハイゴロン席と、椅子席。
空間に余裕を設けていますので、お子様も大人の方も、お席を自由に移動できます。

段差はありません。
演奏中も出入りしやすいよう、扉も開放のまま上演します。
車椅子やベビーカーに乗ったままの入場、鑑賞もOK。

♪開園前と休憩時間に、グランドピアノに触って遊ぶ時間を設けています。
。。。。。。。。。。。。。。。
ゲストの『テアトロムジカーレ』は、ファゴット奏者田邊武士さんが主宰する3人のユニット。名古屋市内で2日間6公演全満席の人気ぶりです。演奏はもちろん、企画のすべてを自作することにこだわり、台本、アレンジ譜はもちろん、チラシのイラストも、自ら絵を描いて切り貼りする独自の方法で描かれており、今週末には初の個展も開催されます!11月1日のコンサート当日も作品を数点展示の予定です。

※こちらの企画は、豊田市を「クルマのまち」だけでなく「音楽のまち」としても発展させようと活動され、文化功労賞を受賞された岩城雅邦さんの発案で始まりました。2017年5月より隔月開催されており、私もお手伝いしています。

チラシは、交流館などに設置されている他、日本最大の子育てSNSサイト『いこーよ』 他 に掲載されています。

『 TeatroMusicale』 こどもと一緒にMUSIC
https://iko-yo.net/events/94679

。。。。。。。。。。。


お申し込みはコクチーズ
http://www.kokuchpro.com/event/5318d062052e862b149ba479f1220b11/

または、piacere.next@gmail.comへメールにて。

お席に余裕がある場合は当日入場も可能です。
当日の様子次第で『今日なら行ける!』と思ったら来てね。


★次回第五回は2018年1月31日水曜日 クピパトリオです。
http://www.kokuchpro.com/event/746c3652fc20462d5d7fb7305b460d97/  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年10月17日 15:12

子育てママの居場所 ~ 豊田市守綱寺~ 

カテゴリ:地元情報カテゴリ:地元情報~豊田市~



お母さんが楽しめるサークルはあっても、こどもが自由に遊べるだけの場所って、ないね。

ないなら作ろう!

そんな思いを持ったお母さんたちが、10年ちょっと前に立ち上げたのが

『おひさまおさんぽ』サークル。

最初のフィールドは、この場所 守綱寺の広場さんでした。
。。


『なにもしない自由があってもいい』

『こどもがまんなかで過ごせる居場所が欲しい』。

という思いを大事にした活動は、以降どんどん広がって、増え続け、

現在は、年二回、約10団体ほどで、『ごちゃまぜ子育て会』 をしています。

※昨年のごちゃまぜこそだて会の様子はこちら。 次回は11月10日金曜日。
http://sorashido.boo-log.com/e395442.html



。。。。。。。。。
おさんぽサークルは、毎週金曜日(守綱寺での開催は第一金曜日)に活動中。

第二第四火曜日は、朝市と 絵本読み聞かせの会。



どちらも、特に事前連絡は必要なくて、

いつ来ていつ帰ってもいい場所です。


昔から、お寺は地域の人たちがつながる拠点になっていました。

時代は変わっても、その文化は続いてほしいと願います。




  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)