お問合せはtentoumushi344@gmail.comまで

2018年10月06日 00:02

家族みんな大好き!サンドイッチカフェ「ラパンシェリ」



日進市米野木のサンドイッチカフェ「ラパンシェリ」さんは、
店内が広くて、絵本もたくさん!

パンの種類を選び、ショーケースの中からオーダーした具材で
手早くサンドイッチを作ってくださるので、子連れにとても人気なお店です。



私のお気に入り具材は、『エビとアスパラ』。
長男はマスター手作りの『ミートローフ』が好きなので、2種類の具材でワンプレート。

パン屋さんと聞くと頭に浮かぶのが、、幼少期から大好きなこの歌♪

「あさいちばんはやいのは』
https://m.youtube.com/watch?v=6msOS_xR8Ng


ラパンシェリのマスターは、朝四時起きだって!

もう一つの ラパンシェリさんの魅力は、情報発信基地になっていること。

いろんなチラシや冊子も置いているので、それを見ながら、
人脈豊かなオーナーご夫妻から情報収集。


『この辺の子どもたちは どこで川遊びするの?』
『ドキュメンタリー映像を撮りたい、、』
『子どもたちと遊んでくれる、お兄ちゃんお姉ちゃん役がいるといいなぁ』

こんなラパンシェリ内での雑談から、てんとうむしの活動は作り上げられています。

地域密着型のお店は、私たちの活動を応援してくれて、
子どもたちの成長を細く長く見守っていてくれる、大事なお店です。


『ラパンシェリ』
https://tabelog.com/aichi/A2301/A230111/23007406/

総菜パンも、サンドイッチも、お持ち帰りできるから、
車内で子どもが寝ちゃったときにも助かります♪


様々なお味のパンをトーストして盛り合わせしてくれるモーニングは、とってもおススメ!!  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年12月05日 07:50

住宅街の中で、きしめん天ぷら味噌煮込み『三嶋屋』~日進市~

カテゴリ:地元情報カテゴリ:地元情報~日進市~
お客さんが来ていたので、久しぶりに『三嶋屋』さんへ。


こちらは農園仲間に『いいとこあるよー!』と、教えていただいたお店。

店内は清潔だし、一品一品、とても丁寧に作ってくださっているので、
きしめん、てんぷら、丼、何を注文しても、美味しい。



木のぬくもり溢れた店内は、とてものんびり過ごせるし、
良心的なお値段で、しかも、子連れにも優しいお店です。

公園が近いので、満席の時や、先に食べ終わった時に、
公園で遊んでいられるのも、GOOD♪

こどもたちは、お支払いの後に頂いた折り紙の手裏剣に大喜び。


住宅街の中で分かりにくいですが、駐車場も数台あります。

遠方から来た方に、『名古屋名物が食べられる美味しいお店知らない?』と、聞かれると、
真っ先に三嶋屋さんをお伝えしています!

『三嶋屋』詳細情報
https://tabelog.com/aichi/A2303/A230302/23033445/  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年12月01日 06:59

「日本で唯一のお寺のテーマパーク」五色園大安寺 ~日進市~

カテゴリ:地元情報カテゴリ:地元情報~日進市~
秋になり、子どもたちも落ち着いて、遠出ができるようになってきたので
「日本で唯一の宗教公園」五色園大安寺へおでかけ。

入るとすぐ、この人たちに出会う。
圧倒的な存在感。



「大丈夫だよ」
「動かないよね」
「でも目がこわい」

口々に言いながら、何人いるのか数えるために、近づいていく。


「Aくん、こわーい!」
全員が年長Aくんに抱きつく。


「そんな全員いっぺんには無理だよー。」
と言いながら、まんざらでもない顔をしていたモテ男子。

ここは「東海珍名所九十九ヵ所巡り」という本に掲載されている「珍名所」、私の好きな場所です。

今にも動きそうな像が、園内に100体ほどもあり、1,2,3、、と数えながら進んでいく。
親鸞聖人の逸話を語ってくれる人形とその看板を、子たちと一緒に一つ一つ見ていくのが、結構面白い。

五色園
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%94%E8%89%B2%E5%9C%92

続く  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)