お問合せはtentoumushi344@gmail.comまで

2014年05月02日 21:35

いらっしゃ〜い

カテゴリ:活動日記
2日目のそらしど。

夏も近づく八十八夜の今日は、陽射しも暑くなりました。けれど、そらしどの森の中は、どことなく冷んやり。

今日は、池の周りで、ザリガニと鯉とメダカとアメンボと、そして友だちと遊びました。

Mちゃん、採れたてのお花でご飯作り。
「むしのごはんだよ」いらっしゃ〜い。

その後、一歳のA君の口に有無を言わせずお花をつっこむMちゃん。食欲の塊のA君はそのまま、喜んで⁉︎モグモグ。

ベンチの上で、歌を歌いながら、立っておにぎりを食べたい子は、いらっしゃ〜い!


みんな、好きな時間に好きな格好で、おにぎりを食べています。
おにぎりを作ってくれたのは、大好きなお母さん。
N君、お母さんと離れても大丈夫。もう泣いていないね。大事にだいじに食べました。

スイバを見つけました。
スイバ屋です。いらっしゃ〜い!


「どんな味?にがい?すっぱい?」
きいても誰も答えない。カミカミチューチューに忙しいんですもの。

さ、大きなリュックしょって帰ろうね。
Aちゃん、お家で待ってるじいちゃんとばあちゃん、とうちゃんにお土産にしたスイバがリュックからはみ出てる。


スイバ…、懐かしい子どもの味。
(SAWA)  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2014年05月02日 12:21

ママを想い、仲間と遊ぶ。

カテゴリ:活動日記
『そらしど会初日の報告日記』



朝、待ち合わせ場所に集合した5人は、みんな不安そう。
ママが帰ってしまうと追いかけて、必死に待って―と泣きさけぶJくん、
立ち尽くして、空を見上げて泣くKちゃん。

さびしいよね。
大好きなお母さんと離れるんだもん、当然だよね。

しばらく、みんなの涙がおさまるのを待つことにしました。

泣きながらもあちこち駆け回り、もしかしたら!と斜面を登って、道路までママの車がないことを確認し、
「いないよー」と泣いて戻ってきたJくん。

「ママを探しに行く?」と声をかけると、
「うん」泣き止んで、前を向いて、しっかり歩き出しました。

0501

下の行けまで降りると、ベンチに腰掛け、目の前の池をボーっと眺めるJくん。
Mちゃんが、そっと隣に座って、寄り添ってあげています。

、、、心、ここにあらず。

ママに思いを馳せているんだなぁ。
寂しい気持ちと戦っているんだなぁ。


kちゃんは、というと
「Kちゃんのママね、すぐ迎えに来るって言ってたから、まだ帰らなくていいんだ~」
泣くだけ泣いて、気持ちが落ち着いて、切り替わった瞬間でした。

そうだね。
絶対、迎えに来てくれるもんね!
それまで安心してみんなと遊ぼうね。

そして再び、Jくんを見ると、
2

下唇をぐっとかみしめ、一人静かに、寂しい気持ちと、葛藤している顔。
胸がじーんとしました。

そうだよね。
お母さん大好きだもんね。
静かに見守ることにして、そっと立ち去る女子3人、

どこへ行くのかと思ったら、

3
「あーおなかがすいちゃったーおにぎりたーべよ」
東屋でおにぎりパクパク。

女子はやっぱり、色気より食い気ですねぇ(笑)

それからしばらくして、すっかり元気になったJくんは、
鯉を見に行くぞー、ザリガニとるぞー、橋を渡るぞー
「よーいどん!」と、走り出し、みんなも負けずに、大はしゃぎ。
もう大丈夫だね!

仲間がいてよかったね。
。。。

そして、あっという間に時間が過ぎて、お迎えの時間になりました。

Jくんは、お迎えに来たお母さんを見つけると、駆け寄って抱き付き
「楽しかった―」と満面の笑顔で報告。

Kちゃんは、また、じわっと涙が出てきたけれど、
「Kちゃんね、パパがむかえにくるんだー」と涙でいっぱいの笑顔。

ステキな顔がたくさん見れて、お当番はいいなぁ♪

明日もまた、朝の別れの時はドラマがあるんだろうな。

明日のお当番さん、よろしくね!

(YU)
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2014年05月02日 11:43

立ち上げよう、森のようちえん!


みよし市、豊田市で、我が子のために、『森のようちえん』を作りたいという想いを持ったお母さん5人が、
いよいよ動き出しました。

お母さんになれたんだから、子育ての喜びは、おもいっきり満喫したい。
大変なこともあるだろうけれど、夢のためなら乗り越えられる。

『自分の想いを形にしよう!』

みんな希望に満ちてワクワクしています。
その様子を、地域密着型のブログで、公開していこうと思います。

。。。。。。。。。。。
立ち上げメンバーのお母さん5人は、みよし市にある、野外自主保育「みよし もり・そら おうちえん」で出会いました。

「みよし もり・そら おうちえん」は、豊田市鞍ヶ池で活動している「もり・そら」から、枝分かれして、
2010年11月にスタートしました。
以来、雨の日も、雪の日も、みよし市内の活動場所で、毎週火曜日と木曜日に活動して4年目になります。

その後、そこで育ちあったお母さんたちが、次のステージとして、森のようちえんを立ち上げたいという夢を語り、
共感したお母さんとともに、『もり・そら~そらしど会~』を立ち上げました。

運営は?スケジュールは?保育者は?気になることはたくさんあるけど、考えている間にも、
子供たちは、毎日大きくたくましく成長していく。

細かいことを決めるより前に、まずやってみよう!
ずっと野外自主保育で育ちあってきた仲間同士だから、できるよ!

悩んだら立ち止まればいい。

失敗したら戻ってやりなおせばいい。

やってみて、問題が浮き上がってきたら、その都度、解決しよう!

そう話して、みんなの夢を語り合いました。

そして、2014年5月1日、待ちに待った第一日目がスタート!


  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)