お問合せはtentoumushi344@gmail.comまで

2014年06月12日 12:18

NYカーネギーホールで、日本の日々を考える

先週末、夢のような機会をいただいて、2800人のカーネギーホールで演奏してきました。
世界最高峰の歴史あるホールはすべてが素晴らしく、最高のご褒美をいただいた気持ちです。

現在の私の職業は2人の子供のお母さん。

時には、ピアノを弾いたり教えたり、時には、鍼灸師として治療をして、
これから「森のようちえん」を立ち上げようとしている、一人のお母さん。

全てに通じるのは「人とのコミュニケーション」が重要だということ。
相手がいるから成り立つことばかり。

相手の心を察して、相手を感じて、自分も調和していく。
その、ツールがピアノだったり、ハリ灸だったり、木の枝(笑)だったりするだけで、どれも一緒のこと。

そして、これから新しく「森のようちえん」を立ち上げようとしているのは、
それが3歳と7歳の二人の子育て中の母にとって 「今が旬」だから。

食べ物だけでなく、遊びでも、何でも、この世のものには旬がある。
旬を逃したらもったいない。

みよし市には、大きな公園や広場がたくさんあるのに、ほとんど
活用できていない。
公園でもあまり他の子とは会えなくて、とってももったいない。

人は誰だって、仲間とつながりたい。
でも、集う場所だけ作っても、そこに仲間がいなければ、集えない。

その場所を作るのは、自分が子育て中の今が「旬」だと確信しています。

森で過ごしていると、こどもたちは、池に蛙がいて、卵からオタマジャクシになり、蛙になるまでを、
仲間と一緒に観察し、一緒に感動できる。

競争しながらお尻ですべりおりる坂道も、
みんなで走り回れる芝生も、仲間と一緒だから、楽しさが増える。

小さいころに、思い切り自然の中で遊んできた人たちは、その後、成人しても、

甘い蜜のある花はどれか知っているし、寝転がると大地が暖かいことを知っている。


自分が出産するまでは、全ての人が、自然と共に成長してきて、
子育てというのは、「子供とともに、再び自然と向き合い、生き物との対話を楽しむ時間」なんだと思っていた。

でも、子供たちにピアノを教えるようになって、違う事を知ってしまった。


「どろんこを手のひらでぎゅっぎゅっとにぎって、どろだんごつくるみたいに」
『やだ、きたないもん。触ると手が汚れるし』

「暑い時に、砂の上を裸足で『あちっあちっ』て飛びながら歩くようなスタッカートで弾くよ」
『えーー。暑い時は外なんて行かないし』


全然話が通じないんです。
やったことがない。

生徒を前にして
「これは、ピアノを教えている場合じゃない。。。」と思ったのが、そもそもの始まりでした。


小手先の技術を教えなくても、すべては自然が教えてくれる。

仲間と一緒に、自然の命を感じ、日本の贅沢な四季に感動できるような場所を、作りたい。

なによりも、家の近くに!

しらゆみ

  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(3)

2014年06月06日 00:15

5月生まれの誕生日会

カテゴリ:活動日記
歩道に座り込むAちゃんとKちゃん。




何がいるのかというと・・・・




こんなところに!

『どこいくんだろうね』

『おうちに帰るんじゃない』

そんな会話をしながら素手では触らない二人。



しまいには石を二個使って上手につぶれないように移動させようとしてる。。。。


その後Mちゃんも合流して、青虫さんは石がつまれてしまいました。




石の上にどんどん砂と小石をかけだして、さらにその上には葉っぱ!!

何をつくってるのかなぁとみていると、誕生日の歌をうたっている♪

ケーキだったんだね。

「2日前N君が誕生日だったんだよ~」と言うとMちゃんがいきなり作ったケーキを

両手でがばっとすくい

ダッシュー



N君の前にザバッとおいて、1回で持ちきれなかった残りの石と砂の山ケーキを取りにかけ登っていったよ。




N君嬉しそう。

誕生日って誕生日の子もそうでない子もなんかわくわく楽しいね。


この日のお昼は、公民館へ移動してみんなで持ち寄りランチ!!





今日はもりそらとそらしどの合同で5月生まれの誕生日会だったの!

誕生月のこどもの母企画で5月はお店屋さんごっこをしたよ~。


エプロンつけたり、シートをひいて自分のお店で「いらっしゃいませ~」って楽しかったね。



N君、Mちゃん、E母ちゃんおめでとう!!!!  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)