お問合せはtentoumushi344@gmail.comまで

2014年10月21日 23:45

おばあちゃん、よろこぶだろうね。




探検の途中に、駅前のビジターセンターへふらりと立ち寄って、

年末に計画している「子供みこし」の飾り花を作るお手伝い。


一番最初に取り掛かったのは、Jくん。破らないように、真剣な表情。

Kちゃんは、もったいなくて、誰かが完成させたお花をそっと持ち帰り。

Nくんは輪ゴムを外して、花を分解、、。

その一部始終を、学生ボランティアIちゃんの手を握りながら、ひたすら じーっと見守るHちゃん。

室内でも、それぞれの個性が光っています。


「子供みこし」は、地域のおばあちゃんたちによる、駅前を活性化するための初企画。

Aちゃんは、段ボールにいっぱいになった飾り花を、ふわふわと触りながら、

「きっと、おばあちゃんたち、喜んでくれるだろうね~」と、おばあちゃんの気持ちに寄り添う。


誰かが喜んでくれることが 自分の喜びだということを、しっかり理解しているんだね。

いろんな人の心に触れて、いっぱい愛情をもらって、すくすく育っている子供たち。
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2014年10月21日 23:31

貴重な待ち時間




「電車を見よう!」

目的を決めたら一目散。

いつもの東屋から、田んぼのあぜ道をひた走り、道路へ出た。

そして交差点を渡り、駅前ロータリーも通り過ぎて、電車の見える場所まで到着。


「まだかな~」

「あっちからくるんだよね」

「ちがうよ、こっちだよー」

「でんしゃがきたらみんなで手を振ろうね!」

みんなで、あれこれ相談しながら待つ。


この待つ時間が、たまらなく楽しい!


日本人は、忙しくなりすぎて、いつの間にか、待つ楽しさを忘れてしまいました。

でも、時には、まだかなーまだかなーと、ワクワクしながら待つのも、幸せな時間なのです。


それは、子供がいるからできること。

子供に与えてもらった、貴重な待ち時間。


子供たちの後姿を、かわいいなぁと目に焼き付けながら 一緒に電車を待つ 幸せなひと時。
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2014年10月21日 23:14

風をつかまえるんだ!



秋の空。

子供たちは思い思いに遊んでいる。


「そうだ!街を探検に行こうか。駅までの道を探そうよ!」

言うが早いか、一斉に、手を広げて、何かを叫びながら走っていく子どもたち。

手を広げて走ると、風が触れる。

つかめそう!

幼いころ、その感覚がとっても不思議で、走るのが楽しかったのを思い出した。


日本の四季は世界で一番美しいんだよ。

いっぱい外へ出ようよ!


  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)