お問合せはtentoumushi344@gmail.comまで

2014年12月13日 00:13

嬉しい贈り物

四季桜が咲いてました。



寒くなってきても、こども達は元気♪



走る走る。


寒くなるとこども以上に当番母ちゃんは防寒に気合いがはいります。



そんな中、ヒートテックが届きました!



嬉しい。


ユニクロの「Feel The Warmth ~冬を頑張る世界の人たちへ~」に当選〜!!

応募してくれたてんとうむしベビーチーム『こもりそら』のEちゃんありがとーう。


外の風は冷たくてもてんとうむしっ子はみんなの愛情でぬくぬくです。  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2014年12月03日 11:33

とっさの時の対応を学ぶ 「救急講習」

昨日、自主保育仲間と合同で救急講習を受けてきました。
年に2回、全員受講していますが、毎回、たくさんの質問が飛び交います。

救急隊の方は、いつも
『我が子を助けられるのはお母さんしかいない』

『一人で不安だったら、119に電話してくれたら、電話越しに指示をしますので、救急隊到着まで、お母さんが命を繋いでください』

と、お話してくださいます。

『自主保育では、みんなが自分の子供、みんながお母さん』です。

発見した人が、お母さんを呼びに行っていては遅いです。
我が子と同じように、その場ですぐ、誰にでも命を繋いであげられるように、復習したいです。

私は 今まで5~6回ほど受けていますが、ほぼ毎回、講座をしてくださる救急隊員が違う人なので、
毎回焦点を当てる場所が違っていて、新鮮で、とてもためになります。

私たちは消防署へ出向きましたが、10人以上集まれば、どこでも来てくださるそうですので、みなさんも
受講してみてくださいね。

。。。。。。。。。。。。。。。。
『心臓マッサージ』
今年から、さらにハードな内容に改定されていました。テンポも速く、押す力も強く。
・基本は「心マ30回に、人工呼吸2回」だけど、『人工呼吸は可能だったらやればいい』。大事なのは心臓を動かすこと。とにかく、救急隊が到着するまでの10分程度、心臓を外からの力で動かし続ける。
・人をたくさん呼んで。心臓マッサージを交代して、力を弱めず確実に心臓を動かす。あばら骨は折れてもいい。
・AEDは、人手が足りていれば取りに行ってもらう。赤ちゃんでもAED使用できる。〈AEDの小児用パッドは7歳まで。それ以降は成人用〉 
★各自、活動場所の近くのAED設置場所を確認しておこう。

・心臓マッサージが必要かどうかわからなかったら、やってみる。意識がないだけだったり、
嘔吐したりできたら、心臓マッサージをすると痛がるので、必要ないとわかる。心臓が動いていたら安静。

・回数は最低1分間に100回以上、(速いです)5センチ以上の深さまで押す。

・出血していたら、その場所を手で圧迫して、血が流れ出ないようにしながら、心臓マッサージ。
一人だったら、片手で出血を止めながら、片手で心マ。

『やけど』
・服の上から水をかける。
★絶対にみずぶくれをつぶさないこと。(みずぶくれの中の体液が感染から守ってくれている)
・決して服を脱がせないこと。(みずぶくれを破らないため)

★鼻の中、口の中を見て、すすがついていたり、鼻毛が焦げていたら、気道熱傷の恐れがあるので、
すぐに病院へ。30分ほどは何の症状も出ないから安心してしまうが、呼吸器官が腫れてきたら、数分で気管が閉塞して窒息死するおそれがあるので、病院でチューブを入れてすぐ気道を確保しなければ助からない。

『熱中症』
★活動前に、水を飲んでおく。
・定期的に、水分補給タイムを入れる。
・気持ち悪くなってしまったら、風通しのいい木陰で、衣服を緩めて安静に。足を高くして寝かせる。
★飲めなかったら、無理に飲ませない。誤嚥をして逆に危険なので、皮膚に水をかけてうちわで亜覆いで冷やす。
・飲ませるものは、水より電解水(または水に一つまみの塩)がいい。

『溺れ』
・お風呂などで溺れて浮いていたら、まず助からない。
・心臓マッサージも効果ない事が多い。
・水のあるところでは、目を離さないこと、お風呂に、絶対に子供だけで放置しない。

『窒息』
・小さい子は背中をトントンたたく、幼児は後ろから抱っこしてみぞおちを押す。
・心臓が動いていなければ、異物は取り除かなくても心臓マッサージだけでいい。意識が回復すれば、咳と一緒に自分で吐きだす。
・口の中のものを取り出せそうだったらかき出してあげる。


『出血』
★枝、刃物など、刺さったものは、抜かないで、それごと固定して病院へ。
★出血している部分を、直接、ビニル手袋などをした手で血がとまるまで圧迫すること。
・自分が感染しないように素手でしない。ティッシュも繊維が残るので使わない。

。。。。。。。。。。。。。。。。。

私たちの講習は、子連れという事で、通常3時間の所を、1時間で終わってもらってるので、
抜けている部分も多いです。人間は、どんどん忘れてしまうし、とっさのときに動けるように、
何度も何度も受けていきたいです。
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)