お問合せはtentoumushi344@gmail.comまで

2017年09月01日 15:45

火を囲んで話す

カテゴリ:活動日記カテゴリ:夏期保育


『働け―!』

『せっせ、せっせ!』


おもむろに、全力で落ち葉を集め始める 男子三人。


働きごっこ?

お仕事ごっこ?


それをどうするのかと眺めていたら、炉に落ち葉が山盛りになっていた。


一人が一輪車を運んできて、さらにいっぱいの落ち葉を運び入れていた。


そして、、、?

そこで遊びは終了したのか、そのまま別の遊びにうつっていった。


、、、、
あ、終わりですか??


『子供の遊びはAKB。Aアブナイ、Kきたない、Bバカバカしい』 ~静岡たごっこパーク たっちゃん語録~


うんうん、子供の毎日は、まさに、たっちゃんの言う通り。

この無駄な遊びが、こどもの得意分野なんだよね!!



大人なら、しんどいからやらないか、または、

必要に迫られれば、最小限のエネルギーでやるけれど、、。

こどもは、常に全力投球!!


いいなぁ!すごいなぁ!こういう光景を見たくて、森のようちえんをやってるんだよなぁ!

と、一人で感動しながら炉の落ち葉を見ていたら、火をつけたくなってきた。


『ソーセージでも焼こうか』

長い枝を拾ってきて、ソーセージをさして、こどもたちがマッチで火をつける。

一人一本、火の上でじっくりあぶって、大事に食べる子供たち。




やっぱり、火はいいね。

こどもたちからも、いろんな話題が出てくる。

年齢にかかわらず、火を囲んで話す。っていうのが、大事な時間なんだよね。

  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年09月01日 15:28

竹はなくとも、流しそうめん!!

親子組木曜コースさん メンバー宅で流しそうめん!

ん?

よく見ると、竹じゃないね!





雨どい!!

うんうん。 

それもあり!


竹は一週間もしないうちに、カビちゃうから、リユースできていいのかも。

ただし、節がないということは、麺がひっかからないから、食べるほうの難易度はアップ~!

  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)