お問合せはtentoumushi344@gmail.comまで

2017年09月25日 20:21

集中して 和紙を漉く 園児たち

カテゴリ:活動日記
和紙工房に近づくと、、

「懐かしい~」
約1年ぶりだけれど、年長さんたちは道を憶えてて、工房へ向かってぐんぐん歩いていく。

こんにちは!
ご挨拶したら、作業開始。

〇まずは、「こうぞ」を、丸めてたたく。丸めてたたく。


〇ノリの役割をしてくれる植物は「とろろあおい」


〇トロロアオイと水を加えて混ぜたものを、何度も枠の中に入れて漉いていくとだんだん紙に厚みがでてくる。


〇黒い塊となって浮いている木のかすを、ピンセットで取り除く。
漉いた紙を破らないように慎重に。。


紙が完成したら、それぞれ色を付けたり、お花や葉っぱを乗せていきます。

。。。。。。。。。。

年中Tくんは、工房に入るなり、「早くやりたい!」 「もうやっていい?」と ハイテンション。
お花をちりばめてファンタジーな作品ができました。


対して、いつもワンパク印の元気な年中Aくんが、神妙な顔をして黙り込んでいる。


おや?
どうやら、慣れない手作業に緊張している様子。工房のYさんに声をかけてもらって何とか完成!



作品は後日乾いてから、受け取ります。
届くのがとっても楽しみ!
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年09月25日 15:22

小原で紙漉き〜世界に一枚の卒園証書〜

カテゴリ:活動日記
小原の工房へお邪魔しました。

年長四人の作品はこちら。
性格が表れていてとっても面白い。



自分の中で、しっかりイメージが決まっているAくん。
落ち葉を選んでさっさっと置き、鮮やかな配色の作品を一気に仕上げていた。



慎重派のHちゃんは、途中でお花を摘みに外出。
気に入ったお花を見つけると工房に戻り、花びら一枚ずつていねいに置いて完成。


Nくんは、制作しながら考えるタイプ。
黄色と青を混ぜながら、イメージする太陽と空の色を試行錯誤。



Aちゃんは、お母さんと一緒に工房までお散歩しながら摘んできた
野花を散りばめて秋色の作品。


つづく
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)