お問合せはtentoumushi344@gmail.comまで

2018年03月23日 00:02

新聞ビリビリ、ダンボールでソリ!


土砂降りの雨。

こんな日は、室内遊びに変更です。

森のようちえんの活動は、修行じゃないので、
何が何でも外!ではないです。

雨の日は、造形遊びしたり、新聞遊びしたり、
室内だからこそできることを思いっきり!

楽しめる雨の時は、外で遊びますよ。
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年03月22日 00:02

つきたて餅で作る 「いちご大福」は 〇〇型。

~巣立ちの会に来てくださった方をご紹介~

今回、お餅つきを盛り上げてくださったのは、名古屋市港区に住んでいらっしゃる出張餅つき屋さんの「弥栄餅」さんご夫婦。
かわいい赤ちゃんを抱っこしながら、重たい石臼を運び、紅白の垂れ幕を飾り、お餅の味付けを準備してくださいました。


味付けがこんなにたくさん!

三回目のお餅つきでは、春らしく、いちご大福登場!

包む、、、のかとおもいきや、こんな形が、流行ってたね。



※森のようちえんは、みよし市男女共同参画団体に加入しており、
みよし市からの活動補助金を一部使用して、外部講師をお招きしています。
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年03月21日 00:02

日進市の美味しい きしめん屋さん。

カテゴリ:つれづれカテゴリ:地元情報カテゴリ:地元情報~日進市~


県外からお客さんがあり。


きしめんが食べたいというので

農園仲間から教えてもらった大好きなお店

日進市米野木 住宅街の中にある『三嶋屋』さんへ。


いつも清潔な店内で、子連れも安心。

ゆっくりさせていただけます。


『三嶋屋』
https://tabelog.com/aichi/A2303/A230302/23033445/  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年03月20日 20:49

明日の2018年3月21日の体験会。活動場所を、変更しています。



明日は藤岡 昭和の森で 予定していましたが、
場所を変更します。

参加の申し込みをいただいている方には、個別に連絡をしていますが、
もし届いていない方がいらっしゃいましたら、お手数ですがお問い合わせください。

今後も、藤岡では、園児母Mちゃんが、毎週水曜日にお外遊びをしていますので、
いつでも自由に参加してくださいね。

藤岡は、とっても広いフィールドです。
初めて参加されるときは、てんとうむしのGMAILへお問い合わせください。
その日の待ち合わせ場所をお伝えします。


森のようちえん てんとうむし
tentoumushi344@gmail.com
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年03月20日 07:51

風船人形で、ダンプカーの内輪差実験

カテゴリ:活動日記カテゴリ:怪我、事故 対策法


今年も卒園前に、交通安全講習を受けました。

横断歩道の渡り方、自転車の乗り方、一通り。

一年生になると一番心配なのが、交差点の渡り方。

どうしても、交差点の近くで待ってしまいます。


本来は小学生の講習で実験する内容だそうですが、
内輪差の怖さを、園児たちに、実演していただいています。

去年は、三角コーンでの実験で、いまいちピンと来なかったので、

今年はお母さん手作りの風船人形を持参しました。
娘ちゃんのお古服を着ているお人形。

交差点を曲がってきたダンプカーの後輪にひかれてパン!!!

手足の風船が、大きな音を立てて割れました。


園児たち、耳をおさえてドキドキしながら見守っていました。

愛知県は、交通事故ワーストワンです。

悲しい交通事故が減りますように。


★明日3月21日は、藤岡地区で 一日体験会開催です♪  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年03月19日 17:28

新スタート! お外遊び仲間募集中。


明後日、3月21日水曜日の体験会は、雨でも開催します。

◎4月より てんとうむしから独立して、新しく自主保育をスタートする、豊田市藤岡地区にて、追加の体験会開催をします★

『野外自主保育 もりもりあそび』

最近は、すっかり暖かくなり、外にお出かけしやすい季節になってきましたね。
森をお散歩して、一緒に春を見つけましょう

4月から自主保育をスタートする藤岡地区での体験会です。

日時/2018年3月21日(水曜日)
場所/昭和の森(豊田市西中山町)
時間/10時30分〜13時00分
参加費/1組500円
参加対象/0歳〜未就学児の親子ならどなたでも
持ち物/お弁当、水筒、敷物、着替え、長そで 長ズボン、帽子、カッパ

問い合わせ、申し込み
tentoumushi344@gmail.com 担当まきちゃん

※体験会ですので、大人は傘でも大丈夫ですが、遊びに使うと危険なので、
もし可能であれば、100均のもので構いませんので、カッパの用意をお願いします。

※活動場所には、雨がしのげる大きな東屋がありますよ。 トイレもあります。
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年03月19日 00:02

レインウエアは何がおススメ? ~雨の日に、森遊びを楽しむには~

カテゴリ:森のようちえん カテゴリ:おさんぽ豆知識


↑こちらは、3年前に、園児全員で買ったレインウエア。いつの間にかパツパツ!

まるで、レスリングか、魚屋さん(笑)

ぷりぷりおしりが、かわいいね♪

。。。。。。。

さて、これから森のようちえんへ入園する人は、どんなレインウエアを買うのがいいのでしょう?
私たちも、あれこれ探し続けました。


こどもの遊び方には、一人一人タイプがあり、濡れてもへっちゃらな子、
濡れたら悲しくなっちゃう子、自分から濡れに行く子や、ちゃんと屋根の下で過ごす子など、
いろいろです。


親子組さんの小さな年齢の子は、園児ほど派手な遊びをしないので、
まずは、敗れても惜しくないものを着用して活動してみるといいと思います。


上の写真の、つなぎのレインウエアは ドイツの森のようちえんに行っていた友達に教えてもらって
現地で購入してもらったもの。

ドイツ語で、Matschhoseと言います。

いろいろなメーカ―があり、こちらはLEGOの製品なので、LEGOのロゴが入っています。

日本でいうと、砂場着のようなもの? ですが、現地で子育てしてるママによると、
日常使いのようで、どこでも手軽に買えるそう。

「マッチュホーゼ」と言えば通じるかな?

Matschhose
https://www.mytoys.de/suche/matschhose/

ドイツは梅雨がない国なので、日本の梅雨の時期に着ると暑いのが難点だけれど、
生地がしっかりしているので破れなくていい!

薄手のレインウエアは、土手など滑ると破れます。
過去に、3回買いなおしたというツワモノもいました。
(そもそも、使い方が間違っていますが、遊びが盛り上がってくると、、ね。)

Matschhoseは、背中から砂が入らなくて便利だし、サイズ展開も豊富で
いろんな絵柄があってかわいい♪

日本のショップでも取り扱ってほしいなぁ。

★日本で買うならモンベルのレインウエアが一番使いやすいかな?
https://webshop.montbell.jp/goods/list.php?category=151000

薄手でリュックに入れておくにもコンパクトなのがとってもいい!


キッズのレインウエアは2種類あり、ゴアテックスのものは、
高価ですが水はじきが全然違います!

モンベルは、森のようちえんの活動を応援してくださっているので、
園でまとめて購入したりできます。

。。。。。

『雨は絶好の遊び道具』です!

レインウエアがしっかりしていると、
大人も子供も、雨と一緒に思いっきり遊べますよ!


大人用は、アウトドアのレインウエアが一般的ですが、
私はバイク乗り用のレディースを使ってます。

業務用の長靴や軍手などを売っているお店で取り扱っていますよ。
お値段がお手頃なのがいいね。

  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年03月18日 00:02

ツリーハウス 修復中

カテゴリ:つれづれ


梅畑へ野焼きをしていた年長くん。

気が付くと、小学生の兄ちゃんたちの指示に従って、竹をノコギリでどんどん切っていた。

何をしているのかと思ったら、、

数年前に、お父さんたちが作ってくれた M農園の畑の一角にある
ツリーハウスを修復中のご様子。
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年03月17日 07:06

2017年度 巣立ちの会 はじまります。



いよいよ、卒園式当日です。

今回もお天気が味方してくれました。

「てんとうむしは、お空が教室。太陽さんとお友達だから、大事な時には雨が降らないんだよ」

機会があるごとに、こどもたちに、そう話すようにしています。


今回の会場に飾られるのは、親子組Sちゃんからもらった壁紙ロール紙いっぱいに描かれた大きな木。

みよし市の文化協会会長Tさんが、てんとうむしまつり の時に描いてくださったものに、こどもたちが手形足型、

いろいろな方法で、花を咲かせました。

でも、大きくて飾るのが大変。

みんなで無い知恵を絞って、最終的には、Tちゃんのお父さんが上手に加工して緑地に飾れるようにしてくださいました!




てんとうむしは、やりたいことを実現できる場所。

正解はない。

まず、やってみよう。

うまくいかなかったら、みんなで笑い飛ばせばいいよね!


そんなスタンスで、ここまで、和気あいあいと進んできました。


四季は巡り、緑地で迎える何回目かの春が来て

おかあさんも、こどもたちも、

その子らしく、その人らしく、まっすぐに成長しました。



今日も、てんとうむしらしい、素敵な巣立ちの会になることでしょう。



あおぞら卒園式に集まってくれる地域の皆さんへ

感謝を込めて、つきたてのお餅をふるまいますので、

自分のお皿とお箸を持ってきてね。
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年03月16日 00:02

『降車場』でバスを待つ

カテゴリ:活動日記
最後の年長活動日は、電車遠足。
地下鉄からバスに乗り換えたいけれど、乗り場がわからない。

やっと見つけたのは『降車場』
読めないけど、バス停だからバスが来るだろうと、しばし待つ。



(私も海外で、全く同じことをしたことがあるので、こどもたちの気持ちがとってもよくわかる! 、、もし、バス停を設計を担当する方とお話しできたら、、降車場は、通常のバス停と同じ形をしていないほうが、文字を読めない人に親切だと思う と、提案したいわ。。)

なんて思いながら、ちょっと助け船。
『交差点を曲がってくるバスが、どこに停まるか追いかけたら、バス停の場所がわかるんじゃない?』


『あ、停まった!』 

バスの行先を見ると、偶然にも、この駅が終点のバスでした。

「降車場だもん、停まるよね、、」 と、ボソッとつぶやく保育スタッフNちゃんと二人で、
顔を合わせて苦笑い。

停まったバスの運転手さんに行先を告げると、
正しいバス乗り場を教えてもらうことができて、
無事目的地まで到着。


目的地の農業センターでは、有精卵と無精卵の違いや、見分け方を学んだり、
乳しぼりを疑似体験したり、あちこち興味の向くままに見学。




帰りもバスと電車を乗り継いで戻ってきましたよ。

帰りは、
『行きも、地下鉄で来たのに、どうして地下へ下りずに、二階にホームがあったのか!』
で、もめてました。

そうだよね。。
名古屋市郊外では、地下鉄も、地上へ出るんだよね。。



  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)