お問合せはtentoumushi344@gmail.comまで

2018年08月21日 00:02

一つ一つ違うのが当たり前

カテゴリ:つれづれ


楽器のレッスン中、恩師が話していた言葉。

「たとえ同じ音が連続していても、それを同じ音色で弾くことは、絶対ありません。

喜びに開いて膨らんでいく音なのか。トボトボ歩いていく音なのか。

同じ音でも、当然少しずつ何かが違っているはず。

だって自然の中にあるものは、全部違うでしょ?

同じ色に見える葉っぱだって、一枚一枚、少しずつ違うよね」

この言葉に、自然の風景が頭に浮かぶ人は、ハッと気が付いて音楽が変わる。

自然体験に乏しい人は、言葉の意味が理解できなくてぽかーんとしてる。



人は、いろいろ。

野菜もいろいろ。

まっすぐだったり、
曲がってたり。

自由な野菜を見ていると、
気持ちが自由になれる。


  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年08月20日 00:01

べんがら染め @ てんとうむし夏キャンプ2018

~てんとうむし夏キャンプ2018~

園児母Mちゃんが用意してくれて、
のんびり時間に、やりたい人で『べんがら染め』を愉しんだよ。

染め上がった布が、青空にたなびく光景が、とっても爽やか~。



大人たち、おしゃべりしながら夢中になって染めていく。


こどもたちが熱中する姿は本当にかわいい。



どんな絵柄に出会えるのか、広げてみるまで分からないワクワク。


みんなの笑顔が広がりました!


  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年08月19日 08:15

「大提灯祭り&花火」〜世界ギネス記録に認定された 大提灯を見に行こう!

カテゴリ:地元情報カテゴリ:地元情報~みよし市~

2018年8月18.19日
以前より 大変お世話になっている みよし市八幡社 にて みよし市大提灯祭り が行われています。


実は、みよし市の大提灯は、
昨年「世界ギネス記録」に認定されました!

http://www.guinnessworldrecords.jp/news/2017/8/largest-hanging-lantern

私が幼い頃は一基だったのが、今は三基もあり、圧巻です。

大提灯の点灯は、夜6時半から。

1年のうち、たった2日しか見れないので、
是非見に行って見てね!


おまつりの問題は、駐車場をどうするか。
市役所なども近いけれど、穴場で、止めやすいのは、三好中学校校庭かな?
と思います。

https://beanandfriends.com/1207.html#i-9

花火は、7時半からスタートするよ!







  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年08月19日 00:02

絵本「くれよんのくろくん」の世界を体験できる!

カテゴリ:つれづれ
新しいことを探しに行く場所は、今も昔も変わらず、本屋さん。

この日訪れた本屋さんで、こどもたちのアンテナに引っかかったのは、これ。
『スクラッチアート』


私も、こういうの大好き。
シンプルな絵柄のものもたくさん陳列されていたので、面白そう!と、購入してみました。

帰宅すると、早速開封してスクラッチをスタート!

「わぁ!『くれよんのくろくん』に出てくる シャープペンのおにいさん みたい!」
https://www.doshinsha.co.jp/search/info.php?isbn=9784494008926




そういえば、シャープペンのお兄さんにあこがれて、自分で画用紙を持ち出してクレヨンを重ね塗りして削ってみたけど、思ったようにできなくてがっかりしていたなぁ。

ずっと、心残りだったのね。

なんとタイミングのいい出会い!




最初は綺麗な色が出てくるー!って感動しながら、
じっくりじっくり、なぞっていたけれど、



最終的には、どうしてこんな綺麗な色が出てくるのか、仕組みを知りたくなったのか、
隅から隅まで全部削っていたー!


スクラッチアートで調べてみると
https://my-best.com/4893

いっぱいあったよ!

黒くないものもあるんだね!
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年08月18日 00:02

熱中症予防 対策トーク まとめ



熱射病で1人の大切な命が失われてしまった日、
私たちは、あの公園のすぐ近くの室内で、
1学期終了後のスタッフ会議をしていた。

ここのところの異常な暑さ。
野外活動が柱の 私たち。
心配になった母たちのやりとりは数十通に及んだ。


私たちは、いつでも活動場所を変えられる自由を持っているし、決して闇雲に活動したりしない。


いつもフットワークを軽くすることを心掛けて、

救急対応は、常に最新の知識に上書きして、

判断に迷った時にすぐ相談できるように、
その道のプロフェッショナルとつながっている。


もしも、もしも、、と考えたら不安な気持ちに押しつぶされそうになるから、冷静に、現実に目を向けていこう。


ここにお母さんたちの 生きた情報のやりとりを整頓しておいて、必要な時に取り出せるように、まとめておきます。


〜母たちの知恵袋~

『冷やす程度では深部体温の冷却が間に合わないから、水風呂に入るほうがいい
って、救急隊も話してたよ』

『野外の場合はどうする?水風呂ないよね』

『一刻を争うから、近くの民家でも施設でも飛び込んで氷水をもらう?』

『凍らせたペットボトルを持って、溶けてたら浴びせてもいいよね』

『まず日影に移動させるか、屋根を作って日影を作る』

『意識があれば水分を飲ませる!意識がなければ水分は無理やり飲ませない。だったよね』

『飲み水を全身かけて、何かであおぐ』

『こどもの「気分が悪い」を聞き逃してはいけないね』


~でも、対策の前に、予防だよね~

『予防が大事って、この間の救急教習で言ってたよ』

『本人の朝食や水分の取りかた、睡眠状態はどうだったろうか。お休みの日は夜更かししていたり』

『普段ずっとエアコンの中にいて、急に外遊びはキビシイよね』

『野外保育の子は、春から徐々に暑さに慣らしてて、適応力が備わっているから! そこまで慎重になりすぎなくてもいい』

『首に濡れタオルもいいと思うんだけど、小さい子は難しいよね』

『何も言わなくても、水道で帽子を濡らしてる』

『熱中症気味のときは日陰で帽子を脱がせて、頭からの汗を放出させてあげるのも大事』

『あ、帽子脱がせるってあまり頭にない』

『うんうん、ぼうしを取るとスッとする。子どもって、すごく汗かくし』

『瞬間アイスノン、当番バックに入ってるよね』

『濡らして絞って振る、繰り返し使える冷感タオルあるよ。手ぬぐいでも、タオルでもいいと思う。みんなリュックにも、タオル入れてるよね』

『濡れて着替えるとか、寒い暑いにもタオルは活用できるから、毎回着替えセットに、一本タオル入れてる』

『当番バックに入ってても、さっと出せないこともある。
リュックなら子どもたちでも出せるから、元気な子が貸してあげる❗って持ってきてくれるよ』


~親子組への対応はどうする?~

『川に入ってると唇が紫になるくらい冷えてくるけど、水に入ってない子がいたら体温あがっちゃうかも?』

『水の温度も関係しそう。日なただとお湯になっちゃってるから、あんまり冷えないよね』

『普段冷房の中に慣れてる子は、体感温度も適応力も違うと思うから、お母さんたちに伝えたいね』


~ 現場を知る スタッフ間のやりとり ~


『濡れた帽子はかぶらない子が多いから水遊びしたあと帽子なしの子が多くなる』

『Aくんや、Fちゃんなど、遊びのリーダーになってる子が「お茶タイムしてきて」って声かけると、みんなで飲みに行くよ』

『こどもたち、バケツに足を入れて、足湯ならぬ、足水してるよねー』

『タライに凍らした2リットルペットボトルを入れておけば、しばらく冷たいかな』


。。。。。。。。。。


暑い→熱中症心配→部屋の中にいる→さらに適応できなくなる。

という循環にならないために、

地道に 無理なく 冷静に

予防を重ねていきたい。
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年08月17日 00:02

「水遊びおススメスポット」豊田スタジアム噴水

カテゴリ:地元情報カテゴリ:地元情報~豊田市~
豊田市で水遊びできる場所はどこ?

って聞かれると、まずここをオススメしてます。

その1
豊田市中央公園。
巨大複合遊具の横にジャブジャブゾーン。




その2
豊田スタジアム正面ゲートの前の噴水

こちらは
南駐車場からすぐ!

どちらも、コンクリートの照り返しが強いから、
ギラギラ暑い日には行きにくいけれど、

噴水の周囲には、
木陰あり、日よけテントあり。



噴水は、
10時から17時までずーっと出ているよ。




お盆の時期だから少ないのかな?
二つの水遊びゾーンを行ったり来たり、
よく遊びましたー!



  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年08月16日 08:31

楽しい!ニジマスつかみ取り

カテゴリ:地元情報


アユ釣り名人の叔父に連れて行ってもらった。

中津川の馴染みの場所でニジマスつかみ取り。

早い!!
岩の下に入り込む。

慎重な長男は網で、
慣れっこな次男は手づかみでガシッ!と魚をつかんでいく。

数えたら34匹もいた!


すぐに腹を出す。

「やりたいやりたい!」
と叔父にお願いしてさせてもらった次男くん。

1匹だけ腹出ししたら、、
「気持ちわるいからもうやらない」

あとの33匹はおじさんが出してくれた。


まだ釣りをするのは難しい性格の子でも、スイスイ泳ぐ魚をつかみ取りするのは楽しい!

愛知にもあちこちでできるみたいだね。

https://feature.cozre.jp/66565


水の中にいる魚たちを見て愉しむだけでも充分面白いから、小さな子たちにもおススメです!











  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年08月15日 00:02

森のようちえん 家族運動会2018

今年も 家族運動会、開催できました!

去年は大雨の中だったけど、今年は快晴!

まずは、絵本「パンダ おやこたいそう」を見ながら、マネっこ準備体操。



そして、3チームに分かれて、
♪障害物競走♪

お兄ちゃんおねえちゃんが前日にセッティングしてくれた 丸木の両足ジャンプは、結構ハード。
去年参加できなかったYくん、念願の米袋ジャンプ!に大張り切りだったね。


次は、、
♪イントロドン♪

聞いてわかったら走って、マイクを取った人が歌う!

そして、
♪お父さんリレー♪

『パパがんばれー』の黄色い声援を受けて、
裸足で走るパパも!

子どもたちはジャンプジャンプしながら
大盛り上がりでした。



小学生考案の障害物リレーは、
途中で、白チームが消えていた。

「あれ?白チーム走ってないよね?」

気がついた子どもたちがバトン(空き地に落ちていた動物の骨)を探したら、
2歳のMちゃんの手の中に握りしめられていて、、

「あー!!バトンここにあるー!持ってるー!」

って、みんなで大笑い!

ハプニングも思いっきり愉しめる
みんなの笑顔が最高でした!

てんとうむしらしく、練習なしの一発本番!

それがまた不思議と盛り上がる!

  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年08月14日 00:03

チラシ寿司を作ろう 〜その2〜

カテゴリ:夏期保育
夏期保育 2018

年少Tくんのお父さんから、サツマイモの差し入れ。
夏に焼き芋って、とても美味しいから、大人気。



さて、上の子たちは何してるかなぁ?と、外を見ると、、

すでにたくさんの「抜け殻」が、干してあるー♪



そして、プールの中は満員!



水遊びは楽しいし、

同じテンションで遊ぶ仲間たちが一緒だと、つい熱中してしまうから、

時々日陰の遊びや室内の遊びを提案。

けど少し休んだら、やっぱりまた外で水遊び!

。。。。。

さて、、ちらし寿司は?

ご飯が炊きあがると、すし飯の段取りを熟知している年長Aくんが椅子を持ってた。

そして、あぐらをかき、持参したうちわでパタパタ。


職人の手つき。
慣れてる!


三升分の酢飯 と、混ぜご飯が完成したら、先にお持ち帰り用の分を詰めるよ。



夕食の一品ができて、お母さん喜ぶね!





  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2018年08月13日 00:02

チラシ寿司を作ろう! ~その1~

カテゴリ:夏期保育
夏期保育2018


この日はちらし寿司を作ったよ。

それぞれ家や畑で取れた野菜を持ち寄ったら、【サラダ風チラシ寿司】になりました!


お米を研ぐよー。
と呼びかけると、年中SOくんが、一番に来てくれた。

黙々と洗う SOくん。



そのお隣で、ひたすらしゃべりながら洗う 年中SEくん♪



具材を野菜を切るよー。

年中KOくん、真剣に、こんにゃく切り!


こちらも男の子たちが、せっせとキュウリを切ってるね!



あれ?
年長さんは? 小学生はどこへ?


~つづく~


  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)