お問合せはtentoumushi344@gmail.comまで

2018年11月05日 00:02

子どもたちなりのやり方で。

カテゴリ:活動日記

〜10月30日火 当番ノートより抜粋〜

朝、おさんぽしながら区長さんへ活動報告書をお届けに。

区民会館では、年長Tが先頭で入ってあいさつをしてくれました!
年中Yも、ずっと書類を握ってやる気いっぱい。

ご挨拶を済ませたら、豆腐屋へ。
年長さんのお豆腐作り打ち合わせ。

「待ってるみんなにおみやげを買っていこう。どれがいいかな?」
年長Tが指をさしたのが

ところてん!

「今度つくるのはお豆腐だからお豆腐にしようよー」と話していたら、年中Kが厚揚げを指差し.うっかり触ってしまったので.厚揚げがお土産になりました。

この日は帰りの会でRちゃんのお誕生日会をする日。
帰り道の途中、Rちゃんにプレゼントする いいものさがし をしたりしたよ。

ことば遊びが始まってオーストラリアから一時入園中のZくんも、日本語で参戦!

「Mちゃんのおうちを食べたら、Mのおうちになっちゃった!」どんどんなっちゃったシリーズを作り出して笑いが止まらないって歩きました。

その間、留守番チームはザリガニつり。

年中SOはひたすらナイフで柿を切る。
柿やさんは一切れ150円!

おさんぽ組が戻ると、
どんぐり拾いや数珠玉とり、
ザリガニのおうちづくり、工作や忍者ごっこなどが盛り上がりました。

忍者ごっこは、トイレットペーパーと毛糸のトランシーバーで走り回って通信!
忙しそうでした。


2歳児Mちゃんがドングリ林で泣いてた時のこと。

年少Tくんがシャボン玉ふーって、近づいてきて、
少し遠いところでMちゃんに、おいでおいで、と手まねき。

それでも動けないMに近づいて.
そっと手を差し伸べて。

そしたら絶対動かなかったMが手を伸ばして.
2人手をつないで降りてきました!

年少Tくんやさしい!おにいさんだ!と頼もしく思いました。泣いてるMを気にしてくれていたんだね。

子どもたちなりのやり方で.
心を届けあえるのが素敵だなと思いました。

保育スタッフK  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)