お問合せはtentoumushi344@gmail.comまで

2016年11月27日 19:07

雨上がりの滑り台。

カテゴリ:活動日記カテゴリ:森のようちえん 


雨上がりだって、そりゃすべり台をしたいよね。

雨の後に、当然できるのがみずたまり。


年中Nくん 気にせず 駆け寄っていく。

どうするだろう?見守っていると、

躊躇なく、滑ってきた。

そして、ちゃポン!


その様子をじーっと見守る2才児Sくん。

Nくんは、気にしないどころか、

さらに、研究。

おしりをつけたら、どんな感じか、知りたいのだろうか。

じわーっと座り込んで、そーっと浸して、感触を確かめている。


私も幼いころに同じことをやったなぁ。

見ているだけで、あの感触が蘇ってくる。


こども時代は、毎日が疑問に包まれている。

そして、いつでも研究、何でも実験。


学生時代、それなりに一生懸命勉強した多くの知識は、

時とともに消えていくけれど、

こういう原体験は、脳の深い場所に

しっかり記憶される。



  • LINEで送る


森のようちえん てんとうむし


園や親子組の体験について
tentoumushi344@gmail.com
までお気軽にお問い合わせくださいひよこ
同じカテゴリー(活動日記)の記事画像
ルールは自由に変えていく
「笹笛の吹き方、おしえたげる!」
塗り絵をする子どもたちを見ながら考える
「お豆腐くださーい!」
ザリガニ釣り⇔エビカニクス
旬の「梨」を求めて  近藤果樹園さんへ
同じカテゴリー(活動日記)の記事
 ルールは自由に変えていく (2018-09-20 00:02)
 「笹笛の吹き方、おしえたげる!」 (2018-09-15 00:02)
 塗り絵をする子どもたちを見ながら考える (2018-09-12 00:01)
 「お豆腐くださーい!」 (2018-09-10 00:03)
 ザリガニ釣り⇔エビカニクス (2018-09-09 00:02)
 旬の「梨」を求めて 近藤果樹園さんへ (2018-09-06 15:34)

Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。