お問合せはtentoumushi344@gmail.comまで

2016年12月25日 17:50

?雨の場合はどうするんですか?



↑大雨の時の活動風景。
テントを広げたり、ブルーシートを張ったり。こんな経験をするのも、またサバイバル気分で楽しいんだよね。

。。。。。。
「2017親子組一日体験会」にたくさんのお申し込みをありがとうございます。

第一回目は、1月19日木曜日です。

炉の予約も完了しました。
当日,焼き芋をしますので、参加親子は、濡れた新聞紙とアルミホイルに包んださつまいもを1~2本持ってきてくださいね。

焼き芋が食べきれなかった時は、持ち帰って、鬼まんじゅうや、スイートポテトにするのも美味しいよ!

お申し込みはtentoumushi344@gmail.comへ。

親子組一日体験会の チラシはこちらです。


さて、毎回いただく質問にお答えします。

?雨の場合はどうするんですか?

今回も親子組体験会参加者さんから質問いただきました。

こどもにとって、雨は最高の遊び道具。
相当悪天候じゃなければ、一年中、普通に雨の中を遊んでます。

傘は危険リスクが増えるため、活動中は、傘をささない約束をしています。
カッパをご用意ください。

園児は全員カッパを持っていますが、当然、着たくない子もいますが、それも自由です。
日々、森で遊んでいる子は免疫力が高いから、大抵大丈夫。

もちろん、病み上がりだから、、喘息持ちだから、など、体力に心配があるこどもたちには、
丁寧に対応しています。

見守る大人は、傘をさしている人もいるし、カッパを着てる人もいます。
私は防水の帽子に、上着のフードをかぶってる程度の軽装が好きだから、そうしてます。


結局のところ
雨の日にどうするか、は、お母さんがどう考えているか、普段、どう過ごしているかによって、異なります。

いつもぬくぬくのお部屋で、雨に濡れたことがない子に、

「せっかく、森のようちえんの体験会に来たんだから、雨の中で遊んでらっしゃい」

とは、絶対言わないでくださいね。

遊びの世界で、せっかくだから、、、
は、必要ありません。

濡れたいか、濡れたくないかは、遊びたいか、じっとしているかは、本人の意志次第。

森のようちえんでは、やらない自由、自分で決める自由を保障しています。



  • LINEで送る


森のようちえん てんとうむし


園や親子組の体験について
tentoumushi344@gmail.com
までお気軽にお問い合わせくださいひよこ
同じカテゴリー(森のようちえん )の記事画像
森のたまご主催 『たまごまつり』 
2018年 森のようちえん親子組 一日体験会チラシ
森のようちえん全国フォーラム2017
一般企業による 森のようちえん体験会
「ごちゃまぜ子育て会」報告
韓国の保育~「森の体験」・「生態教育」の中で育む子どもたち~
同じカテゴリー(森のようちえん )の記事
 森のたまご主催 『たまごまつり』  (2018-01-06 08:08)
 2018年 森のようちえん親子組 一日体験会チラシ (2017-12-13 10:21)
 森のようちえん全国フォーラム2017 (2017-09-11 07:44)
 一般企業による 森のようちえん体験会 (2017-07-12 07:57)
 「ごちゃまぜ子育て会」報告 (2017-07-05 21:16)
 韓国の保育~「森の体験」・「生態教育」の中で育む子どもたち~ (2017-06-27 19:20)

Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。