お問合せはtentoumushi344@gmail.comまで

2017年01月23日 05:12

絵本の時間が好きなわけ

カテゴリ:活動日記カテゴリ:てんとうむし親子組

↑1月19日の体験会は20組以上の親子と一緒に絵本タイム



外で絵本を読む時間が、大好き。

真剣な子供たちの顔を眺めながら、ゆっくりページをめくっていく時の、空白の時間が好き。


目を合わせていなくても、 

こっちを見つめてワクワクしている小さなこどもたちの 熱い視線が伝わってくる。

このまま見つめてたら、本に穴があくんじゃないかという気がしてくるほど

じーっと絵を見つめているこどもたち。


藤岡の体験会の日は、4歳児さんのチョイスで、この二冊を読みました。

『もこもこもこ』 谷川俊太郎作
 
『ぬぬぬぬぬ』 五味太郎作



こういう言葉遊びの絵本は、自由な発想ができて、いい。


日本は,早期教育が盛んな国なので、入学前、入園前に文字や数が読める子も珍しくないけれど、

私は、文字を読めない時期を貴重に感じていて、その期間を大事にしたいと思っています。


赤ちゃんが、一度歩けるようになったら、もうハイハイに戻らないのと同じように、

一度、文字が読めたら、もう読めない時期には戻れない。


文字が読めると、いいこともたくさんあるけれど、

逆に、想像力を狭めてしまう場面もたくさんある。

どれだけ狭めてしまっているかは、外国語の絵本を読んでみると、とってもよく分かる。


絵本はファンタジーの世界。

いつだって、どんな世界にだって、あっという間にタイムスリップできる。


一緒に絵本を読みながら、ちいさなこどもたちと一緒に

あれこれ空想する時間が、とっても楽しい。


  • LINEで送る


森のようちえん てんとうむし


園や親子組の体験について
tentoumushi344@gmail.com
までお気軽にお問い合わせくださいひよこ
同じカテゴリー(活動日記)の記事画像
ポコポコは、相手の顔を見て。
一番上のボタンは、自分じゃ止めにくいのよね~。
短くなったクレヨンの 愉しみ方♪
救急講習 実演 ~もし、その場に遭遇したらどうするか~
氷の宝物!!
てんてん会議は、点々と。
同じカテゴリー(活動日記)の記事
 ポコポコは、相手の顔を見て。 (2018-02-24 00:02)
 一番上のボタンは、自分じゃ止めにくいのよね~。 (2018-02-23 00:02)
 短くなったクレヨンの 愉しみ方♪ (2018-02-22 00:02)
 救急講習 実演 ~もし、その場に遭遇したらどうするか~ (2018-02-21 00:02)
 氷の宝物!! (2018-02-20 16:06)
 てんてん会議は、点々と。 (2018-02-20 00:02)

Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。