お問合せはtentoumushi344@gmail.comまで

2017年04月18日 12:35

暗号の 地図を片手に 探検隊

カテゴリ:活動日記
4月17日月曜日
年長活動日。

年長ノートに,自分たちで計画して描いた地図に基づいて、バスでおでかけ。

まずは、バス停を探すところから。

年長Hちゃん、途中で何度も、年長ノートを開いて、自分なりに行程を確認。

見ているのは、まるにチョンだけ書いてある、暗号のような地図。↓


このページを保育スタッフNちゃんに見せて、「ここだからね!」と、大興奮。

Nちゃんも、「うん、わかった!」とノッてくれるから、
ますますこの地図が大事に思えてくる園児たち。

後ろから見ていた私は、かわいくて笑いがとまらないー。

途中、遊具を見つけると、年長NA、HOたちは一目散に遊び始める。
遊ばなかったのは、バスの時間が心配なしっかり者のAくん一人。

不安そうに「ねぇーバスが出ちゃうよー!」と、バス停を探しに行く。
でも見つけられず、戻って売店のおじさんに道を聞こうとした。

が、勇気が出なくて声をかけられず。

遊んでいたNAとHOを呼びにきて、
四人で「バス停どこですかー?」。

聞いたら、出発点のバス停を教えてもらい、、、
なんだ!あそこか!と、また全員で逆戻り。

この迷ったり人に聞いたり考えたりする行程が、わくわくする探検タイム!
目的はバスに乗ることじゃないからね。

迷いと決断。
不安と安心。

どれも、大切にしたい こどもたちのための時間。

大人が決めて誘導すれば、とっても簡単に済むことなんだけれど、
それではこどもの時間を奪ってしまうから、

大人が先まわりしないように、慎重に全体を見ながら当番に入る。


そして、なんとかギリギリの時間でバスに乗り、
到着した先で、いつもの遊びが展開されていく。

知らない人がいてもぶれることなく、自分たちで
どっしりした、遊びの世界を作っていくこどもたちには、いつも感心する。


お昼前から、雷雨がきた。
遊んでいた人たちが、蜘蛛の子を散らすように、帰っていく。

すると、「雨が降ってきたー!やったー貸切で遊べる!」
と、喜んで雨の中へ駆け出していく、てんとうむしの園児たち。


それにしても、すごい雨。

あまりの土砂降りに、途中で戻ってレインウエアを着たら、
今度は、、レインウエアめがけて、泥投げ遊びを始めた!

まさに、
雨は最高の遊び道具。

年齢らしい、旬の遊びを、おもいっきり繰り広げてくれる。
それを見させてもらえる母たち。

とってもありがたい時間です。

  • LINEで送る


森のようちえん てんとうむし


園や親子組の体験について
tentoumushi344@gmail.com
までお気軽にお問い合わせくださいひよこ
同じカテゴリー(活動日記)の記事画像
子どもの遊びには旬がある
氷の張った池にダイブ!
自然薯を掘るコツを、伝授いただきました!
七年経つと、声変わり!
安心の地面か、不安定な遊具。か。
「日本で唯一のお寺のテーマパーク」五色園大安寺 ~日進市~
同じカテゴリー(活動日記)の記事
 子どもの遊びには旬がある (2017-12-14 07:39)
 氷の張った池にダイブ! (2017-12-13 08:35)
 自然薯を掘るコツを、伝授いただきました! (2017-12-10 09:58)
 七年経つと、声変わり! (2017-12-04 07:25)
 安心の地面か、不安定な遊具。か。 (2017-12-02 07:21)
 「日本で唯一のお寺のテーマパーク」五色園大安寺 ~日進市~ (2017-12-01 06:59)

Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。