お問合せはtentoumushi344@gmail.comまで

2017年06月20日 17:27

流しそうめん ならぬ 流し◯◯!!

カテゴリ:活動日記
今朝,Aパパが、活動場所に流しそうめん用の竹を届けてくれました。

よし!流しそうめん!
と思ったけれど、小麦アレルギーの対応もしたいから、流れるものを考えて、持ちよりランチ!



スタートしてみると、流れる流れる、いろんな色、いろんな形。

ちくわ、米粉マカロニ、プチトマト、いちご、きゅうり、ぶどう、スイカ!

流し野菜? 流しフルーツ?
なんでもあり!

お椀の中をのぞいてみると、とってもカラフル!


最後に、王道の流しそうめんも楽しんだよ!

てんとうむしは、普段から準備を頑張らないのが信条?で、いつもあるもので何とかする。
時々、何ともならなくて失敗するけど、それもいい経験。

今の時代は、足りない!と思ったら、すぐに買いに行けて、お店に行けば何でも揃う。
だからこそ、各自で考えて、持ち寄って、そこにあるもので、頭を使って、やり遂げる過程がおもしろい。


今日のベストヒットは、竹の切り方でした。

切り口が、冬のオリンピック競技、ボブスレーの試合コースみたいに、
U字に切ってくれてあって、それが、とってもよかった!

普段は竹を半分に切って流しそうめんをするので、麺が横から落ちることが多いけれど、
U字だと、ほとんどこぼれない! 

さらに!!しっかり節をとってくれてあるので、コロコロ転がるトマトなども、バウンドすることもなく、無事!

ちょっとした工夫で、全然違うね~!
メモメモ。。


今日は竹の台座を子供たちが、空き缶を並べて作ってくれました。

竹同士の、ジョイント部分は、ワイヤーでつなげられるように穴を開けてあったけれど、
ワイヤーがなかったので、ただ重ねただけ。

そんな不安定な感じも、また楽しい。

不安定でも、意外と大丈夫!



ジョイント部分は、Aくんがしっかりと見張っていてくれて、
ずれると、「ちょっと待ったー!」と、かけごえがかかる。

口がいっぱいだから、手でオッケーを作ってくれて、再開。

結局、みんなで食べられれば、何でもあり。

「同じ釜の飯を食う」

って、人と人が共存していく上で、とっても大事なこと。

それにしても、
食べ終わったら、みーんな、全身びっしょびしょだったね!


これぞ、夏の風物詩。

  • LINEで送る


森のようちえん てんとうむし


園や親子組の体験について
tentoumushi344@gmail.com
までお気軽にお問い合わせくださいひよこ
同じカテゴリー(活動日記)の記事画像
自然が、大人をつなげてくれる。
ザリガニのお引越しには、、
豊田市  で  カフェ会議
お父さんも一緒に 性教育講座
電車あそび      〜文字のない世界〜
蚊に刺されたら、すぐお灸!
同じカテゴリー(活動日記)の記事
 自然が、大人をつなげてくれる。 (2018-07-30 00:03)
 ザリガニのお引越しには、、 (2018-07-28 00:02)
 豊田市 で カフェ会議 (2018-07-27 00:03)
 お父さんも一緒に 性教育講座 (2018-07-26 00:06)
 電車あそび 〜文字のない世界〜 (2018-07-25 00:02)
 蚊に刺されたら、すぐお灸! (2018-07-22 00:02)

Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。