お問合せはtentoumushi344@gmail.comまで

2017年09月25日 20:21

集中して 和紙を漉く 園児たち

カテゴリ:活動日記
和紙工房に近づくと、、

「懐かしい~」
約1年ぶりだけれど、年長さんたちは道を憶えてて、工房へ向かってぐんぐん歩いていく。

こんにちは!
ご挨拶したら、作業開始。

〇まずは、「こうぞ」を、丸めてたたく。丸めてたたく。


〇ノリの役割をしてくれる植物は「とろろあおい」


〇トロロアオイと水を加えて混ぜたものを、何度も枠の中に入れて漉いていくとだんだん紙に厚みがでてくる。


〇黒い塊となって浮いている木のかすを、ピンセットで取り除く。
漉いた紙を破らないように慎重に。。


紙が完成したら、それぞれ色を付けたり、お花や葉っぱを乗せていきます。

。。。。。。。。。。

年中Tくんは、工房に入るなり、「早くやりたい!」 「もうやっていい?」と ハイテンション。
お花をちりばめてファンタジーな作品ができました。


対して、いつもワンパク印の元気な年中Aくんが、神妙な顔をして黙り込んでいる。


おや?
どうやら、慣れない手作業に緊張している様子。工房のYさんに声をかけてもらって何とか完成!



作品は後日乾いてから、受け取ります。
届くのがとっても楽しみ!

  • LINEで送る


森のようちえん てんとうむし


園や親子組の体験について
tentoumushi344@gmail.com
までお気軽にお問い合わせくださいひよこ
同じカテゴリー(活動日記)の記事画像
子どもの遊びには旬がある
氷の張った池にダイブ!
自然薯を掘るコツを、伝授いただきました!
七年経つと、声変わり!
安心の地面か、不安定な遊具。か。
「日本で唯一のお寺のテーマパーク」五色園大安寺 ~日進市~
同じカテゴリー(活動日記)の記事
 子どもの遊びには旬がある (2017-12-14 07:39)
 氷の張った池にダイブ! (2017-12-13 08:35)
 自然薯を掘るコツを、伝授いただきました! (2017-12-10 09:58)
 七年経つと、声変わり! (2017-12-04 07:25)
 安心の地面か、不安定な遊具。か。 (2017-12-02 07:21)
 「日本で唯一のお寺のテーマパーク」五色園大安寺 ~日進市~ (2017-12-01 06:59)

Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。