お問合せはtentoumushi344@gmail.comまで

2017年10月12日 15:25

自分が母になったら、《こどものきもち》 《こどものじかん》 を、大事にしよう。

カテゴリ:つれづれ

 ↑お迎えに行ったら、毛糸の作品が飾られていたよ



てんとうむしに来ている小さなこどもたち。

身体はちいさいけれど、立派な意志を持った人間。


まだ豊富な語彙を持たない年齢の子は、感情と態度で、表現してくれる。

そんな時、たとえ言葉がよくわからなくても、相手の気持ちを知りたい!という気持ちがあれば問題なく通じるし、

相手に興味がなければ全然伝わらない。


例えるなら、

言葉のわからない海外旅行先での、コミュニケーションと全く一緒。


こどもにとって、お母さんは、一番の通訳者。

他の誰も理解しなくても、お母さんが理解してくれた!とわかると、こどもはホッとする。



10年以上も前 仕事先で出会っていたこどもたちは、
お母さんが知らないであろう 知ったら青ざめるであろう 一面を、
私にいろいろと見せてくれた。


みんな、親の期待を一身に背負って、自分の気持ちは二の次にして、頑張っていたから、
もしかしたら私に見せてくれているのが 表の顔だったのかもしれない。


うちの子、こうなんです!と思い込みで、決めつけてしまったらさびしいよ。。

かなわなかった親の夢は、こどもに託さないで自分自身で挑戦したほうがいいのに。。

我が子の前で、育て方を失敗したなんて言わないで!!


当時の私は、心の中でいろいろ叫んでいたけれど、
勇気がなくて、お母さんには言えなかった。




オトナのアクセサリーと化した子どもたちと、たくさん出会っては、別れていくうちに、

自分が母になったら、《こどものきもち》 《こどものじかん》 を、大事にしよう。

という信念が、できあがっていった気がする。



こどもの人生は、こどものもの。  

  • LINEで送る


森のようちえん てんとうむし


園や親子組の体験について
tentoumushi344@gmail.com
までお気軽にお問い合わせくださいひよこ
同じカテゴリー(つれづれ)の記事画像
自然が、大人をつなげてくれる。
待つ  という  試練
ワンデーシェフ
オーギョーチー
困ったときの『有吉住宅』さん、いつもありがとうございます!
鋭い!面白い!小学生が描いた『文房具図鑑』
同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 自然が、大人をつなげてくれる。 (2018-07-30 00:03)
 待つ という 試練 (2018-07-29 00:02)
 ワンデーシェフ (2018-07-24 00:02)
 オーギョーチー (2018-07-13 00:02)
 困ったときの『有吉住宅』さん、いつもありがとうございます! (2018-06-30 00:01)
 鋭い!面白い!小学生が描いた『文房具図鑑』 (2018-06-29 00:02)

Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。