お問合せはtentoumushi344@gmail.comまで

2017年10月08日 16:13

あの時出会った子どもたちはどうしているだろう?

カテゴリ:つれづれ

 『ねぇ、結婚するならだれがいい?』四人のおしゃべりが延々と続いていた。


独身時代、オトナの顔色を見ながら、オトナが喜ぶことを必死に頑張る健気なこどもたちと、たくさん出会ってきた。

その中に、今も忘れられない子が何人かいる。

1人は、いつもきれいなお洋服を着ているRちゃん4歳。
お母さんの姿が見えなくなって、お部屋に二人きりになると、私の指や手によく噛みついた。

もう1人は、年長女子。幼少期からご両親からの期待が大きく、そのストレスからか
自分の髪の毛やを、一本、また一本と無言で抜いていた。


当時20代半ばだった私は、その事実に戸惑った。

ご両親に伝えるのがいいのか悪いのか、話したら余計にこどもが叱られてしまうのではないか。
考えてもわからなかったけれど、せめて一緒にいる時間だけでも、子どもが安心できる存在になろうと試みた。


その頃は、森のようちえんについて 全く知らなかったけれど、
当時の戸惑いと葛藤が、私をこの世界へ導いてくれたと思っている。


こどもたちは、オトナが思うよりずっと賢くて、深く深く 考えている。

先回りせずに、子どもの声を消さずに、

目を合わせて、話をじっくり聞いてみよう。

  • LINEで送る


森のようちえん てんとうむし


園や親子組の体験について
tentoumushi344@gmail.com
までお気軽にお問い合わせくださいひよこ
同じカテゴリー(つれづれ)の記事画像
ナチュラル&ギャラリーカフェ「蔵」   看板カメ   いわおくん
こどもが けんかをしたとき どう考える? 
消えていくから  美しいもの
こどものお誘い おとなの都合
母の心配を追い抜かしていく 
つばめ 様 
同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 ナチュラル&ギャラリーカフェ「蔵」  看板カメ いわおくん (2018-06-13 00:03)
 こどもが けんかをしたとき どう考える?  (2018-06-11 00:02)
 消えていくから 美しいもの (2018-06-10 00:02)
 こどものお誘い おとなの都合 (2018-06-08 00:02)
 母の心配を追い抜かしていく  (2018-06-06 00:02)
 つばめ 様  (2018-06-04 17:56)

Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。