お問合せはtentoumushi344@gmail.comまで

2017年11月01日 07:25

『子どもがどう感じようと それはその子自身のもの』

カテゴリ:つれづれ

こどもたちに見つかったカマキリ!頑張れ〜




20代前半から、先生と呼ばれる仕事に携わってきた。

子どもたちの前では、先生らしくしなければいけないと
虚勢を張っていた。

幼少期に自分が言われてきたように、こどもたちを褒めたり、ハッパをかけたり、背中をおしたり、
全力で向き合ってきたつもりだった。

どうして、こんなに頑張っているのに、生徒の耳に届かないのか、
打っても打っても響かない生徒に、イライラしたこともある。


『感動は、教えられない』


ということも、ひしひしと感じた。

そして、時が過ぎ、母となり、
野外保育をしている先輩ママから教えてもらった言葉に、ハッとした。

『子どもが、どう感じて、どう考えようと

それは、その子自身のもの。

大人はそこには入れない。

それに気が付くかどうかも、その子自身のもの。

大人になって気付くかもしれないし、生涯気が付かないかもしれない』



目からうろこだった。


そんなに離れた距離感を、考えたことがなかった。


でも、冷静に考えてみると、思い当たることはたくさんあった。


人は、自分で感じたものに、心動かされる。





『子育てがラクになる方法は、できるだけ早く、自分が育てなくちゃという思いを手放すこと』

 ~羽根木プレーパーク 天野秀昭さん語録~


おとなもこどもも、みんなで育つ。

みんなと一緒に、悩みながら、支え合いながら 育ちあっていける環境が、ありがたい。



  • LINEで送る


森のようちえん てんとうむし


園や親子組の体験について
tentoumushi344@gmail.com
までお気軽にお問い合わせくださいひよこ
同じカテゴリー(つれづれ)の記事画像
ナチュラル&ギャラリーカフェ「蔵」   看板カメ   いわおくん
こどもが けんかをしたとき どう考える? 
消えていくから  美しいもの
こどものお誘い おとなの都合
母の心配を追い抜かしていく 
つばめ 様 
同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 ナチュラル&ギャラリーカフェ「蔵」  看板カメ いわおくん (2018-06-13 00:03)
 こどもが けんかをしたとき どう考える?  (2018-06-11 00:02)
 消えていくから 美しいもの (2018-06-10 00:02)
 こどものお誘い おとなの都合 (2018-06-08 00:02)
 母の心配を追い抜かしていく  (2018-06-06 00:02)
 つばめ 様  (2018-06-04 17:56)

Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。