お問合せはtentoumushi344@gmail.comまで

2018年06月11日 00:02

こどもが けんかをしたとき どう考える? 

カテゴリ:つれづれカテゴリ:てんとうむし親子組

~「リンゴの木」木村愛子さん作の絵本 【けんかのきもち】を読むのもいいね~

毎年、新しいお母さんたちとの話題に上がるのは 

子ども同士のけんかを どう考える? 

ということ。

今年入会したばかりの新しい親子組さんの間でも熱いトークが繰り広げられました。

二歳児さんは、まだまだ言葉じゃなくて、身体で表現する時期だから
ケンカも、大事な自己表現方法の一つ。

どちらかがやめたくなったり、力関係が対等じゃない場合は、オトナが声をかけるけれど、
お互いの表現方法としてのケンカは見守ります。

時には、相手に言いたいことをオトナが代弁することもある。

大人には理解できない方法で仲直りしてて、あれ?もういいの?と思うこともある。

その都度、どうする?と相談しながら安心して自分を表現できる環境があると、
母も子もホッとできるかな。

大切なのは、お母さん同士のコミュニケーション。

。。。。。。。。。。

~新しい人たちのために書き残しておきたい~
【お母さんたちの気持ち ホントのところ  (一部抜粋)】



・同じような力量で対等にケンカできる相手がいて、好きなだけ取っ組み合いできる環境って貴重。
それを見ているのに慣れるには長い時間が必要だと思うから、それまでは母の心に周りが寄り添ってあげるのが大事だよね。

・ケンカ相手のママと仲良くなることは必須だと思う。
母同士仲良くなれば、ケンカも万が一の怪我にもおおらかに対応出来ると思う。
よくぶつかる子同士のママが、気の合う同士だといいな〜♪

・ケンカ自体は悪いことじゃないものね!
みんなで見守りながら、時にちょっと助け舟出しながら一緒に成長できたらいいね。

・子どもがケンカし始める時期に入ってから、それを笑って見守れるようになるまでには、長い時間が必要って本当に思うー。
私もまだまだ。

・周りがおおむね平和に過ごしてて、自分の子がケンカしてるのが目立っちゃったりすると、
「自分だけゆとりが無い・・・」て思って焦る。

・みんなのやり取りを読んで救われた人の一人。最近、我が子のイヤイヤや意地悪が目についていて、1人で焦ってました。
他の子だったら、多目にみられることも、自分の子だと、ごめんなさいって、なってしまって。。。

・そうそう!他人の子だと全然気にならないのに自分の子だとすんごーーーく焦るよね(^ω^`)
大丈夫だよ、みんな分かってるよって声掛けてあげたくなるよね。

・一人で焦ってるときに近くにいたお母さんが、「私が、間に入っていい?」って声をかけてくれて、いつも救われてたよ。
我が子が関わるケンカには、母が入らないほうが、心が疲れない。

・ちゃんとお母さんしなくちゃって思うからかな。いいお母さんでいなくちゃって思うからかな。
なんとなく、他の人から、ちゃんと母親してないと思われてるんじゃなかろうかと、妄想しちゃう(笑)

・余裕で見守れる素敵な母で居たいのも、実際は全く余裕がないのも、みんな同じだよ~。って伝わるといいな。

・やっぱりお母さん達同士のコミュニケーションって大事だね。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。
あらためて並べると、ホントに、いい話がいっぱい!

毎年毎年、こんな話をしながら、私たちもここまでやってきたし、
親だけのカフェ会議でも、こういう話をいっぱいしてきたよ。

こういう結論が出ない話は、みんなで話すことが、とっても大事。

ちょっとずつ、お母さん同士で、いろんなことを話していく、その過程を大事にしたいな。

  • LINEで送る


森のようちえん てんとうむし


園や親子組の体験について
tentoumushi344@gmail.com
までお気軽にお問い合わせくださいひよこ
同じカテゴリー(つれづれ)の記事画像
え!サナギ越冬するの?
亀にストローが刺さって、、
お腹が痛い時は「裏内庭へ『お灸』しよう」
『すべては予定通りです』 ~自主上映映画つ・む・ぐ ~
プリントクッキー!
人、モノ、コト。 必要な分だけあればいい。
同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 え!サナギ越冬するの? (2018-10-18 00:03)
 亀にストローが刺さって、、 (2018-10-16 00:03)
 お腹が痛い時は「裏内庭へ『お灸』しよう」 (2018-10-15 00:02)
 『すべては予定通りです』 ~自主上映映画つ・む・ぐ ~ (2018-10-12 00:03)
 プリントクッキー! (2018-10-10 00:03)
 人、モノ、コト。 必要な分だけあればいい。 (2018-10-09 15:03)

Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。