お問合せはtentoumushi344@gmail.comまで

2018年06月05日 00:02

どろんこダッシュ &泡人間 ~岡崎森のようちえん「サマーブルー」体験会~

6月3日日曜日、園児やスタッフたちと一緒に、岡崎の森のようちえん『サマーブルー』第一回目の立ち上げイベントに参加してきました。


25組の参加があり、100人近い人たちがいたかな?

主催者がお父さんなので、参加される方も、お父さんの参加率がとても高く、
育休のお父さんや、休職中のお父さんたちの「こういうの探してました!」という発言に、
主催者Iさんも感動の表情。

仲間を見つけたお父さんたちが、我が子を視界に入れながら青空トークしてて、ホントに楽しそう!


森のようちえんの放課後クラスとして ~パパたちの森遊び会~ ができちゃいそうなワクワクを感じたよ。

オトナが全力で遊んでいる空間の中に、子どもたちが日常的に遊べる環境が作れたらすごくいいなぁ。。


大人たちも「どろんこプール」に入ってみたいよね。
  初めての子には恐怖だったよね。。


普段、イベントを主催する立場のことが多いので、
久しぶりに『参加者』目線で参加すると、発見がいっぱいありました。

てんとうむしの卒園児たちも、久しぶりに会えて遊びが盛り上がっていたね。


外遊びに慣れている子たちは遊び方が違う。
そして、意気投合するのも早い。

どろんこプールダッシュ! をしてみたり。




シャボン玉を予定していた場所では、、

想定外の 泡人間! が 誕生していた。


大人たちは、ふやけないのかなぁ。と思ってしまうけれど、

「楽しいことなら、1人で黙々と遊び続けていられる」
んだよね!

泡人間は、そのあと、水道で泡を流してきれいになってから、泥んこプールへ行った。

大人たちからは、「せっかくなら 『泥んこプール→ 泡人間』 の順番がいいんじゃないかと思っちゃう」と
つぶやきが聞こえたが、そんなことは、微塵も考えていないのが、こどもたちの遊びの素晴らしいところ!

初めて会ったお友達と、何かに盛り上がっている。と思ってよく見たら、
ひたすら とのさまカエルを 捕まえている~!


地元の、「カエル慣れ」している子たちも加わって、かなり団結していました。
~同じ方向を向いて、脱出を待つ。。カエルたちのため息が聞こえそう~



丸一日遊びつくして、そろそろ太陽が傾いてきたころ、
「バイバーイ!またあそぼうねー!」
って、ハイタッチしてお友達と別れたけれど、
いつものように、名前も知らない。聞いてない(笑)

これも、こどもの世界ではよくあること♪


・お互いが楽しいと共感しあえれば、
本当に単純なことで延々と楽しめる。
しかも、遊びがどんどん発展し、広がって、広がって。。


その創造性の素晴らしさには、いつも感動させられてばかり。

こどもってすごいなぁ。。。


。。。。。
サマーブルー主催のIさん、楽しい時間をありがとうございました。

いろいろ課題があるかと思いますが、
まずは盛会おめでとうございます!

岡崎ワンパークの魅力を周知することもできたし、久しぶりの仲間とも会えて
のんびりゆったりおしゃべりしながら、子どもたちの遊びを愉しませていただきました。

今後も、週末に月に1回開催されるとのこと。
第2回を楽しみにしています。

※「ワンパーク」はこんなとこ。楽しいよ!
http://sorashido.boo-log.com/e443245.html




  • LINEで送る


森のようちえん てんとうむし


園や親子組の体験について
tentoumushi344@gmail.com
までお気軽にお問い合わせくださいひよこ
同じカテゴリー(森のようちえん )の記事画像
トランポリン & カフェ会議  〜岡崎市〜
自主保育、森のようちえん プレーパーク  どう違う?
2018年6月  愛知県議会102名の傍聴団
愛知県議会傍聴と、交流会
愛知県6月議会 傍聴に行きませんか?
「今日は昨日の続き。明日は今日の続き」
同じカテゴリー(森のようちえん )の記事
 トランポリン & カフェ会議 〜岡崎市〜 (2018-09-01 00:02)
 自主保育、森のようちえん プレーパーク どう違う? (2018-08-22 00:03)
 2018年6月 愛知県議会102名の傍聴団 (2018-06-25 00:02)
 愛知県議会傍聴と、交流会 (2018-06-21 19:39)
 愛知県6月議会 傍聴に行きませんか? (2018-06-19 15:52)
 「今日は昨日の続き。明日は今日の続き」 (2018-05-04 00:02)

Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。