お問合せはtentoumushi344@gmail.comまで

2018年06月21日 00:03

「野外救急法 」 勉強会



先週、岐阜県森林アカデミーで開催された野外救急法の講座振り返り。



血のりを付けて倒れている 患者役のAちゃん。
子どもたちが心配して集まります。


森のようちえんメンバーと、プレパメンバー合同で実践講習会ができたことは、交流の意味合いでも、とても良い機会になりました。

感染防止の手袋も、
血のりをつけて訓練すると、現実味を帯びてくる。

私たちは、毎年2回、消防署で繰り返し受講している救急講習は、救急車が数分で来れる場所であることが大前提になっていて、救急隊が到着するまでをつなぐ知識。これは毎日を過ごすための知識として、すごく大事なこと。

救急講習の覚え書きはこちら↓
http://sorashido.boo-log.com/c12902.html


今回、スタッフが受講してきてくれた野外救急法は、
例えば森林の中など、救急隊が短時間で到着できない場所で事故に遭遇した場合に、自分がまずどこをどのようにチェックして、
どんなふうに判断して、どうやって対応すればいいかの実践。

最初の判断は1分以内に!

怪我人の命をつなぐのと同時に、
自分の命も守れる人になるためには、
冷静に、視野を広く持った柔軟な対応が求められます。

岐阜県の関係者の皆様、
素晴らしい企画を実現してくださりありがとうございました。

受講の機会があれば是非また受講したいね。とみんなで話しました。

HPはこちら↓
http://www.wildmed.jp/index.html

  • LINEで送る


森のようちえん てんとうむし


園や親子組の体験について
tentoumushi344@gmail.com
までお気軽にお問い合わせくださいひよこ
同じカテゴリー(怪我、事故 対策法)の記事画像
熱中症予防  対策トーク まとめ
高熱を下げるために大事なことは、、
チャドクガ   毒針毛  対応まとめ
【要保存】 2018年救急講習 おぼえがき 
『 毛虫』に出会った時の対処法
普通救命講習Ⅰ 終了
同じカテゴリー(怪我、事故 対策法)の記事
 熱中症予防 対策トーク まとめ (2018-08-18 00:02)
 高熱を下げるために大事なことは、、 (2018-08-06 00:02)
 チャドクガ 毒針毛 対応まとめ (2018-07-18 00:02)
 【要保存】 2018年救急講習 おぼえがき  (2018-05-30 10:05)
 『 毛虫』に出会った時の対処法 (2018-05-06 06:01)
 普通救命講習Ⅰ 終了 (2018-04-18 00:02)

Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。