お問合せはtentoumushi344@gmail.comまで

2018年08月06日 00:02

高熱を下げるために大事なことは、、


夏の発熱、しんどいし、長引くし、お母さんはとても心配です。

アイスノンをしたり、解熱剤を服用したり、発熱している本人への対応に一生懸命。

でも、意外と盲点なのが お部屋の『湿度』


高熱を下げるためには、

『汗をかきやすい室温にして、 室内の湿度を保つ』
ことが大事。


熱中症になる大きな原因の一つが

「汗がかけなくて、体内に熱がこもってしまうこと」

汗をかけていれば、
体は汗でクールダウンできます。

汗をかくためには、汗腺がたくさんあるといいけれど、小さな子どもたちの汗腺は未成熟。

※汗腺は、3歳までに完成すると言われています。


エアコンを使ってお部屋の湿度を下げたら、ずっと続いていた高熱がスッと引いた。

そんな場面を これまで何度もみてきました。


病院へ行って適切な診断を受けることももちろん大事だけれど、


まずは、自分の生活環境を冷静にチェックしてみること、
子どもの自然治癒力を信じることも、

大切。








  • LINEで送る


森のようちえん てんとうむし


園や親子組の体験について
tentoumushi344@gmail.com
までお気軽にお問い合わせくださいひよこ
同じカテゴリー(怪我、事故 対策法)の記事画像
熱中症予防  対策トーク まとめ
チャドクガ   毒針毛  対応まとめ
「野外救急法 」 勉強会
【要保存】 2018年救急講習 おぼえがき 
『 毛虫』に出会った時の対処法
普通救命講習Ⅰ 終了
同じカテゴリー(怪我、事故 対策法)の記事
 熱中症予防 対策トーク まとめ (2018-08-18 00:02)
 チャドクガ 毒針毛 対応まとめ (2018-07-18 00:02)
 「野外救急法 」 勉強会 (2018-06-21 00:03)
 【要保存】 2018年救急講習 おぼえがき  (2018-05-30 10:05)
 『 毛虫』に出会った時の対処法 (2018-05-06 06:01)
 普通救命講習Ⅰ 終了 (2018-04-18 00:02)

Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。