お問合せはtentoumushi344@gmail.comまで

2018年08月29日 00:02

ハチミツを採って、お味見!

てんとうむし家族会。
念願の養蜂研究所へ行ってきました。

なにしろ、一年のうち数回しか開館していない研究所。

昨年、下見にいこうとして、たどり着けずに断念した場所。
今回は、なんとかたどり着いたけれど、道も狭くて山道くねくね。
かなりの山の中!

でも行ってよかったー。

スタッフさんがとても丁寧に、一つ一つわかりやすく説明してくださって、蜂への愛を感じました。

。。。。。。。。。。。。。
受付を済ませると、まずはナイフで削って、ポタポタ垂れるはちみつを味見。


そして、最新の撹拌機を見せてもらって、自分たちで回すと、、


出てくる出てくる、、あっという間に、こんなに!
そして試食したら甘いことって。

(美味しく食べるための努力を惜しまないSパパは、ちゃんと道中パン屋さんに立ち寄って、バケットを買ってきていた!)




今度は外へ出て、ハチの巣を観察しながら、雄蜂と、雌蜂の区別のしかた、ハチの巣の形は働き蜂が作っていること、今の女王バチが何らかの理由で死んでしまうと、新しく生まれた蜂の中から一匹だけに、ローヤルゼリーを食べさせて女王バチにすること、など「蜂のヒミツ」をたくさん教えていただきました。



「働きバチはすべてメス。 オスは子孫を残すため巣にいるだけで、一切働きません」

オスを生むか、メスを生むかは、
女王蜂が卵を産むときに、巣の形をみて産み分けるんだって。

へー!って思うことがいっぱい!


オスは刺さないから。と、子どもたちの手の上に乗せてくださって、
本当に、大満足な見学でした。

館内に戻ると、貴重な世界の蜂グッズを見て回りました。
世界に一つしかないようなお宝がいっぱい!

みんないっぱい試食させていただいて、それぞれにお好みの味のハチミツを買って帰りました。

また来年も来たいな!!

  • LINEで送る


森のようちえん てんとうむし


園や親子組の体験について
tentoumushi344@gmail.com
までお気軽にお問い合わせくださいひよこ
同じカテゴリー(活動日記)の記事画像
ルールは自由に変えていく
「笹笛の吹き方、おしえたげる!」
塗り絵をする子どもたちを見ながら考える
「お豆腐くださーい!」
ザリガニ釣り⇔エビカニクス
旬の「梨」を求めて  近藤果樹園さんへ
同じカテゴリー(活動日記)の記事
 ルールは自由に変えていく (2018-09-20 00:02)
 「笹笛の吹き方、おしえたげる!」 (2018-09-15 00:02)
 塗り絵をする子どもたちを見ながら考える (2018-09-12 00:01)
 「お豆腐くださーい!」 (2018-09-10 00:03)
 ザリガニ釣り⇔エビカニクス (2018-09-09 00:02)
 旬の「梨」を求めて 近藤果樹園さんへ (2018-09-06 15:34)

Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。