お問合せはtentoumushi344@gmail.comまで

2019年06月28日 16:50

売れ続けてる!子ども用カッターナイフ!

カテゴリ:つれづれ
売れ続けてる!子ども用カッターナイフ!


昨年、日本文具大賞機能部門でグランプリを取った キッズカッター 「キッター」

https://www.olfa.co.jp/kitter/index.html

まだまだ売れ続けているそうです。
https://trend.nikkeibp.co.jp/atcl/contents/18/00138/00002/?n_cid=nbpnxr_fbadppa


便利なものがたくさん登場して、
カッターも、ナイフも、使う機会が減り
人は不器用になりました。


えんぴつをナイフで削らなくても、
電動で削ってくれるし、

紙をカッターで切りとらなくても、
最初から切り取り線が入っている。

専用ピーラーの登場で、野菜や果物の皮をナイフで剥くことすら、減ってきました。


以前、知り合いのお子さんが
小学校に入学してすぐに、図工の時間に、
カッターで親指の神経を切断する大怪我をしまったことがありました。

授業中なので、
親指を添える位置を説明されたと思いますが、
しっかり理解していなかった。。
衝撃でした。


「ナイフなどの刃物は、まだ力が強くない 幼少期から使っておいた方がいい」

というのは、

ノコギリや、金づち、釘などを使って、
廃材で自由に工作する場を提供している
プレーパークの 世話人仲間たちの間でも
よく語られている事。

我が家の子どもたちも
1歳から、包丁もカッターもハサミも
使っていました。

何度となく指を切りましたが、力が強くない年齢の間は、怪我も大きくなりにくいし、
子どもの傷は治りが早いから、切れて出血してもすぐ回復。

そして、自分で切った時は、たいてい泣かない。

一度だけ、紙を持ってあげていた私の指に 子どもが切ったハサミの刃があたった時は、結構な痛みでした。
子ども用ハサミだからと油断してしまった。。


刃物も、火も、
危険なものだと知っておくことは
とても大切。


キッターの登場で、
刃物が身近に感じられるように

なるといいな。


大事なことは

「よく切れる刃物を使うこと」

切れない刃物を使うと
余計な力が加わってしまうので、
危険度が高まります。



  • LINEで送る


森のようちえん てんとうむし


園や親子組の体験について
tentoumushi344@gmail.com
までお気軽にお問い合わせくださいひよこ
同じカテゴリー(つれづれ)の記事画像
長野県で、子どもたちの遊び支援が始まっています
「森のようちえんを卒園した子って、どんな感じですか?」
オルタナティブスクール って?
時には 淡々と やり過ごす
【連載:「多胎児をはぐくむ」全5回】 ~毎日新聞記事~
だいたい見えていれば、困らない?
同じカテゴリー(つれづれ)の記事
 長野県で、子どもたちの遊び支援が始まっています (2019-10-19 00:04)
 「森のようちえんを卒園した子って、どんな感じですか?」 (2019-10-12 09:00)
 オルタナティブスクール って? (2019-10-11 23:02)
 時には 淡々と やり過ごす (2019-09-21 00:01)
 【連載:「多胎児をはぐくむ」全5回】 ~毎日新聞記事~ (2019-09-04 11:27)
 だいたい見えていれば、困らない? (2019-08-25 22:13)

Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。