お問合せはtentoumushi344@gmail.comまで

2017年06月20日 17:27

流しそうめん ならぬ 流し◯◯!!

カテゴリ:活動日記
今朝,Aパパが、活動場所に流しそうめん用の竹を届けてくれました。

よし!流しそうめん!
と思ったけれど、小麦アレルギーの対応もしたいから、流れるものを考えて、持ちよりランチ!



スタートしてみると、流れる流れる、いろんな色、いろんな形。

ちくわ、米粉マカロニ、プチトマト、いちご、きゅうり、ぶどう、スイカ!

流し野菜? 流しフルーツ?
なんでもあり!

お椀の中をのぞいてみると、とってもカラフル!


最後に、王道の流しそうめんも楽しんだよ!

てんとうむしは、普段から準備を頑張らないのが信条?で、いつもあるもので何とかする。
時々、何ともならなくて失敗するけど、それもいい経験。

今の時代は、足りない!と思ったら、すぐに買いに行けて、お店に行けば何でも揃う。
だからこそ、各自で考えて、持ち寄って、そこにあるもので、頭を使って、やり遂げる過程がおもしろい。


今日のベストヒットは、竹の切り方でした。

切り口が、冬のオリンピック競技、ボブスレーの試合コースみたいに、
U字に切ってくれてあって、それが、とってもよかった!

普段は竹を半分に切って流しそうめんをするので、麺が横から落ちることが多いけれど、
U字だと、ほとんどこぼれない! 

さらに!!しっかり節をとってくれてあるので、コロコロ転がるトマトなども、バウンドすることもなく、無事!

ちょっとした工夫で、全然違うね~!
メモメモ。。


今日は竹の台座を子供たちが、空き缶を並べて作ってくれました。

竹同士の、ジョイント部分は、ワイヤーでつなげられるように穴を開けてあったけれど、
ワイヤーがなかったので、ただ重ねただけ。

そんな不安定な感じも、また楽しい。

不安定でも、意外と大丈夫!



ジョイント部分は、Aくんがしっかりと見張っていてくれて、
ずれると、「ちょっと待ったー!」と、かけごえがかかる。

口がいっぱいだから、手でオッケーを作ってくれて、再開。

結局、みんなで食べられれば、何でもあり。

「同じ釜の飯を食う」

って、人と人が共存していく上で、とっても大事なこと。

それにしても、
食べ終わったら、みーんな、全身びっしょびしょだったね!


これぞ、夏の風物詩。  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年06月20日 07:34

BRIOのレールセット、ままごとセット、 ボールプール、、

カテゴリ:地元情報カテゴリ:森のようちえん 体験会


三好丘駅前カリヨンハウス内 子育て支援センターに
設置されているオモチャがすごい!

ままごとセットは、二セット。
木のおもちゃもジャンルを問わずたくさんあって、BRIOのレールセット、
それに、ボールプールも揃った贅沢な空間です。

私が一番感動したのは、森のアイスやさん。〔上の写真〕
スプーンと、アイスにマグネットがはいってて、すくってピタッとコーンに乗る!

大人が遊んでも本物気分で楽しいオモチャでした。

支援センターの室内はこんな感じ。



今年4月に 新しくオープンした みよし子育て総合支援センターも、
素晴らしいオモチャが揃っています!
行ってみてねー!

三好丘駅前カリヨンハウス内 子育て支援センターのラックに、森のようちえん一日体験会のチラシを設置してあります。


  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年06月19日 18:52

カンガルーポケット!

カテゴリ:つれづれ


砂を集めて運びたい。

でも、入れ物がない、、

、、となったら、これ!

即席、カンガルーポケット~。


Tシャツに、砂を山盛り入れたら、

今度は、パワーショベルに変身!


子供の発想は、見ているだけで、おもしろい。

ここから、新しい発明品が生まれそうな気がする。


こどもは、みんな発明家。

  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年06月19日 07:53

「倒木のため、この列車は、ここで終点となります」

カテゴリ:イベント情報


行きたいなぁ。。とチラシを保管しておいたけれど、
もう来週。

チラシ表の 園舎を見るだけでワクワクする。
いつか 立ち寄りたいなぁ。

。。。
森といえば、
独身時代、ドイツのEssen-werdenという小さな村に住んでいた時の話。

とにかく、よく電車が止まった。
特に大雨の後。

そして、
「倒木のため、この列車は、この駅で終点となります。バスにお乗り換えください」

という、日本ではありえないような放送がながれ、10分ほどすると、移送バスが駅へやってくる。
乗客も誰も起こったり、苦情を言ったりしない。

いつものことか。。と、乗客同士、目で会話をして無言でバスに乗り換え、
隣の駅に着くと、別の電車に乗り込む。

そういうことが、数ヶ月に一度は、あった。

日本なら、鉄道会社の責任、ということになり、倒れる可能性のある木を事前にチェックして伐採するだろう。
でも、ドイツは違った。

時間通りに運行するために、全勢力を傾ける。ような対応はしない。
国民が、のんびりしているのもあるし、森を大切にする気持ちも深いから。だと思う。

木を切るのは簡単だが、
森が育つまでには,何十年という歳月がかかる。

ドイツは、国全体に、森を愛する習慣が根付いており、
森のようちえん園児に限らず、老若男女、誰でも日常的に森へ散歩にいく。

日本も,世界に誇る素晴らしい四季があるのだから、
日本人は、もっともっと散歩にでかける習慣があってもいいのに、
忙しくしたい国民性で、なかなか散歩の魅力が広まらないのが、残念。

大切な自然を守るために、
多少の不便は、当然のこと。

・Essen-werdenは、とっても古い街。
写真に移っている、ここの通りの3階に住んでいた。

ヨーロッパは、古い家を修復して100年以上住み続けるので、いろんなところが微妙に傾き、
床に丸いものを落とすと、転がっていったのが,懐かしい。
https://www.tripadvisor.de/Attraction_Review-g187375-d4801821-Reviews-Old_Town_Werden-Essen_North_Rhine_Westphalia.html  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年06月18日 15:59

サシガメ 確認しておこう。

カテゴリ:活動日記


梅の木に こどもたちが 実っている。
登れそうな木を見つけると 必ず登ってみるのがこども。

高いところまで登って下を見ると ゾクッとする。
それが、また快感だったりする。

最近は、外来種サシガメが 一年中桜の木などに張りついてるから、
確認してからじゃないと登れないのが、 とても残念。。

サシガメは、見た目が、赤かったり黒かったり、動き方も、グロテスクなので、
こどもたちも触らないけれど、知らずに触って刺されてしまうと、とっても痛いので注意。

サシガメ:
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%82%B3%E3%83%85%E3%83%8A%E3%82%B5%E3%82%B7%E3%82%AC%E3%83%A1


  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年06月18日 07:33

「ボクが全部やる!」

カテゴリ:活動日記
畑で収穫してきた べっぴんさんな梅干しを、キュッキュッとひとつずつ磨く。


「ボクが全部やる!」
とTくん。
AちゃんHちゃんも、
「まだやりたーい!もっとやるー!」

梅ジュースは今日中に仕込みたいので、お母さんたちも、梅仕事のお手伝い。


梅を磨いている子もいれば、水の中で遊んでいる子もいる。




大人だって、やりたいこと、やりたくないこと。みんなある。

子どもたちも一緒。
やりたい自由はもちろんだけれど、やらない自由も保障しています。


15キロの梅、洗って磨いてヘタをとってすべて完了。

  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年06月17日 14:37

一品持ち寄り 巻き巻きパーティ

カテゴリ:活動日記
昨日は お隣刈谷市の 森のようちえん こそあどの森とのコラボ活動日でした。


こそあどの森は、大好きな森仲間夫婦 がくちゃんえみちゃんが率いている できたてホヤホヤの森のようちえん。
活動内容のこと、運営のこと、いろんな話ができて、おもしろかったよ。

午前中、一通り遊んだらお昼は母たちも合流して一品持ち寄りの巻き巻きパーティ。
持ってきた 巻きすの上に、好きな具をのせて、ぐるり。

定番のきゅうり、たまごは、もちろん、ジャコや、そぼろ、ちくわなどなど、なるほどなぁ!という具がいっぱい並んでて、おもしろかったね! のり巻きは、簡単に楽しめて、みんなで一つのテーブルに集えるのがいいね!



ロープにブランコができてたー!


子どもたちの活動を見守りながらなので、ゆっくりおしゃべり。。というわけにはいかないけれど、
大事な仲間たちに、会えてよかった!

西三河地区の森のようちえん、ますます充実しています。
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年06月17日 12:24

梅畑の奥にはツリーハウス!

カテゴリ:活動日記
園児達、自主保育OBさんの畑で、梅刈りをさせていただきました。



この畑の奥には、お父さんたちが作ったツリーハウスが!


小学生がいるときは、入らせてもらえない秘密基地に、
今回,始めて立ち入りが許され、園児は、王様ごっこを繰り広げていた。

ツリーハウスを作っちゃうお父さんたち、素晴らしいです!

M農園さん、毎年本当にありがとうございます。

今年は、梅干しと、梅ジュースにわけて、仕込みます。  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年06月17日 09:36

「引き算の子育て」

カテゴリ:つれづれ
昨日は、がくちゃんえみちゃんが立ち上げた 刈谷市の 森のようちえん こそあどの森 とコラボ活動でした!

以前、がくちゃんが ごちゃまぜ会で話してくれた「引き算の子育て」の講演が、とってもよかったことを
ふと、思い出して資料を探してみました。

ちゃんとあった。




そうそう。これ!
とよたプレーパークMっちが書き起こしてくれた資料。

せっかくだから、せっかくだから、と足し算のように上載せしていくと、大人も、こどもも苦しくなる。

それは、習い事だけでなく、何をするにしても当てはまる。


子育て期は短いから、ついついあれこれやりたくなってしまうけれど、

この言葉を、肝に銘じたい。  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年06月17日 08:40

紺色長靴、、、どこへ?

カテゴリ:活動日記


ビオトープに橋がかかりました。

先日も、危険な場所をあることをお話しすると、すぐに対応してくださいました。

地域の方たちとの連携は、とっても安心&ありがたいです。

そして、
ここに落ちた18センチ紺色長靴の かたっぽは、、、いまだに見当たらず。

誰か、釣ったらおしえてー!  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)