お問合せはtentoumushi344@gmail.comまで

2017年09月12日 12:51

「どうして枝を持っていても、見守るの?」

カテゴリ:活動日記カテゴリ:つれづれ

↑ 見て見てー!!どんぐりから芽が出てきたー!!!!年長Hちゃん大喜び。

。。。。。。。。。。。。。。

「どうして枝を持っていても、見守るの?」

まだ入会したばかりのお母さんたちに、よく聞かれます。

いいか悪いかじゃなく、誰でも頭に浮かぶ 素朴な疑問です。



子供たちは、大人の顔色を良く見て、TPOに合わせて、常に自分を変化させています。

じーっと大人の顔を見ながら、いたずらをしている子どもたち。

(ここまではOK?この人は、どこまでやったら怒るんだろう?)

いつも、大人のほうが試されています。




例えば、枝を持っているのを見ていた大人が、

「危ないから、やめなさい!」

と大きな声で叱るとする。

すると子どもは あきらめて枝を放すか、ビクッとして終わるか、または怒りの感情を持ちます。


もし、

「かっこいいー! 釣りざおみたいだね~」

と言うと、こどもたちの顔はどうなる?


きっと、こどもたちのしなやかな想像力が、ふわぁっ!と花開いて、親子で一緒に笑顔になれる。

お母さんも肩の力が抜けてホッとできる。



こどもって、大人が想像している以上に、とっても純粋で柔軟な世界に生きていて、

どんな過酷な環境でも楽しめる能力を持っています。



自由にできない環境では、怒られないギリギリの遊びを見出して、どこでも楽しめる。

遊びに制限をかければ、大人はラクですが、いつも大人の顔色を見ているこどもたちの遊びは、

次第に感覚遊びから、頭で(知識で)遊ぶ方向に変化していきます。

(最近、大人みたいな子どもが、増えていて、ドキッとします。。)




こどもの時代は、無駄な動きが大事。

ぐるぐる回ったり、高いところから飛び降りたり・・・

大人には理解できないようなナゾな動きも、すべて必要なこと。

その動きを通して、自分の存在、心や身体の存在を認識しています。



何かひらめいた時の、こどもたちの表情。

いたずらを思いついた時の にやけた顔。



パッと変わるその顔を見るのが、大好きで、

今日も私は 森にでかけます。



  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年09月11日 18:14

豊田市駅前の キッズスペース付きカフェ 『Zoo Adventure(ズーアドベンチャー)』

カテゴリ:地元情報


連絡通路を渡ると目の前に象がいる!!


豊田市駅前T-FACEの中にあるキッズスペース付きのカフェ
『Zoo Adventure(ズーアドベンチャー)』

は、とっても目を引くお店。

お店の前に、キリン、象、シマウマ、などなど、
リアルなぬいぐるみが立っていて、通り過ぎる子たちが必ずと言っていいほど触っていく。
(うちの子もシマウマに乗ろうとしていた、、)

ここは、 2015年12月に東海地区初登場した子どもの遊び場(有料)併設のカフェ。



キッズスペースは30分500円。

支払うと手首に時間を刻印してくれます。
「はぐみんカード」を見せると10分延長だそう。

キッズスペースは奥に広くて、外から全容が見えないけれど、
ボールプールやかわいいお部屋、ショベルカーなどがあって、大人も一緒に入って遊べます。

店内はJAZZが流れていて、カフェに入場料などはかからないから、待っているおじいちゃんおばあちゃんたちは、
普通のカフェのようにのんびり落ち着けますねー。

  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年09月11日 07:44

森のようちえん全国フォーラム2017



年に一度開催される全国フォーラム、今年は開催地が東京なので、1000人規模の大きなフォ〜ラムになりそうです。

私は三年前の神奈川フォーラムに参加しましたが、
会場は終始熱気に包まれていました。

森のようちえん関係者だけでなく、
研修に来たという認可園の保育士、
なんか興味があって、、という一般の方、
農業林業の方、
自然体験活動をされている方など、
いろいろな方が参加していて、異業種交流会のような雰囲気。

子育て世代以外の方達が、森のようちえんに関心を寄せていることを実感し
とっても刺激を受けました。

この三年で、森のようちえん事情もかなり変わりました。

認可、認証制度ができたり、行政から補助金が出る県もあります。

愛知もそれに続きたいなあ。
という願いを込めて、

あいち森のようちえんネットワークのマップを携えて、新しい出会いを楽しんできます!

マップはこちらで見られます。工事中のHPですが、、。
https://tentoumushi344.jimdo.com/入園案内/  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年09月10日 18:49

おだんごと、五平餅の老舗店といえば、、 「上坂商店」さん 

カテゴリ:地元情報
こちらのお店、豊田市では、かなり有名な老舗のお団子屋 「上坂商店」さん。

豊田市街地を通り抜けるときに、お店の前をよく通るけれど、
なかなか駐車場が狭いから止まれないよね。。

そんな時は、豊田市科学館に止めて歩くのがおススメ!



店内でいただく おだんごと五平餅と、お出汁がしみ込んだおでんは、とっても懐かしいお味でホッとします。。

それに夏は、限定の特大かき氷も登場!



お持ち帰りもできるけれど、冷めると固くなっちゃから、できればその場で食べるのがいいんだよね!

こどもにも優しいお店です♪

夕方になると売り切れちゃうこともしばしば。

事前に注文しておくと待たずに買えますよ。  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年09月09日 07:52

「笑顔になれる梨」 いかがですか~? ~みよし市のおススメスポット その21~

カテゴリ:地元情報
みよし市といえば、柿、梨、ブドウ。

9月に入ると、みよし市南部は 梨、梨、梨!

この日は、活動拠点近くの 近藤果樹園から、美しい『豊水』が届きました。

色も形も美しくて惚れ惚れ。。
作り手さんの愛情を感じます!


朝収穫した いちじく も 色っぽいツヤ!

お隣では、熟しすぎてしまった いちじくが 『ジャム用』として、販売されています。
ジャム用の大パックを購入した てんとうむし母ちゃん、待ちきれずその場でパクパク。


こちらの果樹園さんは、昨年、てんとうむしが、愛知森と緑づくり税の助成金を使用して完成させた
『ウッドデッキ』のすぐ近く。
いつも、あたたかく見守ってくださいます。


『最近、こどもたちはウッドデッキへは来ないんですか?』

「もう少し、涼しくなったら遊びに行きますー」

そんな会話をしながら、見守っていてくださる地域の方がいるっていいなぁと思いました。


近藤果樹園さんの直売所は、こんなとこ。


かわいい娘ちゃんが 直売所の中で遊んでいたり、
アットホームでいい感じ。

店主 近藤人史さんは、てんとうむしスタッフの幼馴染さん。
地元で暮らしていると、こういうご縁がつながって、いいですよね♪

http://yume-note.com/farmer/kondokajyu/

↑地図はこちら。


中部小学校、三好稲荷、保田が池から、お散歩できる距離にあるので、
ぜひ、行ってみてね!

駐車場もあります。
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年09月08日 20:33

森の中は、涼しい!

親子組水曜コースの活動場所は、豊田市北部。



市街地はまだまだ暑くて暑くて、、だけれど、
こちらはもう、紅葉の気配?

森の中は涼しいから、こどもたちは、元気におさんぽ!


秋冬コースの、新しいお友達も楽しんでますー!

  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年09月07日 18:29

東郷町の おやこカフェ といえば、ここ!

カテゴリ:地元情報
アメリカンバーガーに引き続き、、独身時代に住んでいて土地勘のある東郷町の子育て情報をもう一つ。

東郷で、子連れで食事をする場所なら、ここでしょ!!!!
というおススメ店がこちら。

『SPICE CAFE』
http://www.spice-cafe.jp/

153バイパス沿いにあって、広い共同駐車場があり、
待ち合わせにも便利。

ここは本格カレーのお店。

なので、カレーはもちろん美味しいのですが、プラスして、おこさまカレーも、カレーライスも!あります。
本格カレーが食べられない子にも、嬉しい配慮。



親子ではんぶんこする年齢のママには、ナンおかわり自由が、うれしいね。
ランチは、ドリンクバーになっています。

こちらのお店の目玉は、二階のおやこカフェ!!!

テレビ、ハイハイゾーン、積み木や、塗り絵など、おもちゃがいろいろ。
落としても割れないお椀やコップなど、赤ちゃん連れが欲しいものがなんでもある。

まさに至れり尽くせり!

ここは子連れ専用スペースなので、大声も泣き声も汚れも気にせず、ママ同士、お互い様で食事できて
安心です。


。。。。。
この153広場は、旧三好町時代、子連れファミリーの憩いの場でした。
(みよしイオンも、153バイパスもなかったからね~)

今は、本屋さんも、コメ● もなくなって、さびしいなぁ。。。
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年09月07日 17:31

てんとうむし すいぞくかん

カテゴリ:活動日記


ザリガニ大漁~!

50匹ちかく?


お絵描き上手なサポートスタッフNちゃんと一緒に、かわいい水族館の看板まで完成させて、

ママたちのお迎えを待っててくれたこどもたち!


ありがとうね♪

うれしいよ。


さて、大学卒業すぐから、てんとうむしのサポートスタッフに入ってくれているNちゃんは、いよいよ来月からチェコへ留学!!

みんなが大好きなNちゃんに会えなくなるのは、さびしいなぁ。。


でも、夢に向かって進んでいるNちゃんの、大きな勇気を みんなで応援してるよ!

  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年09月06日 06:11

みよし市 野外自主保育『みよし もり・そら』 秋の体験会募集中! ~みよし市のおススメスポット その20~

カテゴリ:「もりのようちえん」の仲間たちカテゴリ:地元情報カテゴリ:募集
みよし市の野外保育仲間 『みよし もり・そら』、現在、新しい仲間を募集中です!




2014年から活動をスタートした 森のようちえん てんとうむしの 立ち上げメンバーは、

『みよし もり・そら』で出会った仲間6人です。


当時、誰もいなくて 人の気配すらなかった三好丘緑地に、親子で集い始めたのが2010年秋。

その後、たくさんの素敵な親子と ここで出会い、

朝から日が落ちるまで、本当にたくさんの時間を 家族のように過ごしました。

第二子妊娠中もせっせと森を歩き、生まれた次男は生後二か月から参加。

お昼寝はたいてい ベビーカ―か、青空の下。



映画を上映したり、親子登山したり、花火大会したり、こどもたちを預かり合ったり、

毎年、本当にいろんなことを親子で楽しんできたけれど、どれも、一人ではできなかったことばかり。


その濃厚な時間があったからこそ、今の『森のようちえん てんとうむし』 があり、

一緒に過ごしてくれた仲間たちがいたからこそ、今の自分がいる。



自主保育の仲間たちには、感謝の気持ちがあふれすぎて、全然、言葉にならないけど、、

あらためてこの場を借りて、みんな、本当に、ありがとうね。

。。。。

自主保育は、お母さんたちがみんなで進めていく活動なので、毎年、我が子の成長と共に卒会し、お母さんたちも入れ替わります。

でも、自主保育のあったかい空気感は、2010年の立ち上げから脈々と受け継がれて、現在も週二回の活動が続いています。



自主保育の団体って、隠れ家店を発見するより、ずっと難しいかもしれない。

だからこそ、溢れすぎている情報に右往左往しないで のんびり ゆるゆるできて、居心地の良さは抜群!

その空気感は、体感してみないとわからない。


そこで、、、興味がある人が早い時期に出会えるように。。と『みよし もり・そら』が、外部へ発信をスタートしています!

FBや、インスタ、ブログ、手書きチラシなど、思いつくいろいろな手段を使ってね!


新しいメンバーを増やすには、所属している仲間たちの口コミが一番なんだけれど、

このあたりは新興住宅地で、県外からの引っ越しがとっても多い地域。

引っ越してきてネットで子育て情報を探している人のところにも、情報が届くように、

てんとうむしのブログからも、お知らせします!


★ 秋の『みよし もり・そら』体験会は、9月26日火曜日と、28日木曜日!

自主保育の魅力は、言葉ではうまく伝えられないから、ピンと来た人は、是非一度、連絡して体験してみてね!


野外自主保育『みよし もり・そら』 ブログはこちら
https://ameblo.jp/miyoshimorisora/



~違いは どんなとこ?~

・『みよし もり・そら』は、自主保育。お母さんたちで運営して、入園までの時期を親子で外遊びして過ごします。

・『森のようちえん てんとうむし』は、預かり保育。小学校入学までの時期を、こどもたちと保育スタッフで 過ごしています。

・『森のようちえん てんとうむし親子組』は、てんとうむしスタッフが運営に関わる親子活動。園児の活動にも参加できるので、森のようちえんの様子がわかります。  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年09月05日 15:50

東郷町で、アメリカンバーガー !

カテゴリ:つれづれカテゴリ:地元情報


153広場の近くに、目を惹く建物。

「マグネットダイナー」

お店の駐車場は、アメリカンサイズの巨大な車とハーレーが、いっぱい止まっている。

開放されたドアからは、
アメリカンテイストなMUSICと、
巨大なバーガーとポテトを食べている人たち。

このあたりにはない雰囲気のお店が、できたね!

アメ車好きな友達に、教えてあげよ!
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)