お問合せはtentoumushi344@gmail.comまで

2020年04月23日 18:55

ヤギに会える散歩道 ~みよし市 みどりの小径 ~


三好が丘駅から南へ伸びている遊歩道 「みどりの小径」は、おさんぽにぴったり。

時々小川に水が流れます。
多分、週末だけ?かな?



のどかな散歩道を歩いていくと、
水道もあるし、東屋もある。

真夏になると日差しが暑いけれど、
橋の下なら涼しいね。



そして、遊歩道の終点まで歩くと、ヤギさん2匹に出会えるよ。
「エコ除草中」のヤギさんは、タンポポが大好き。

みどりの小径は、途中で何か所か道路と繋がっているし、
専用の駐車場もあるから探してみてね!

みよし市HPにも、詳しいマップが貼ってあるよ!
https://www.city.aichi-miyoshi.lg.jp/kenko/partner/documents/8.pdf

  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2020年04月20日 14:14

感謝・「ホームホスピス みよしの家」

てんとうむしのご縁に、助けていただきました。

ホームホスピス『みよしの家』
https://miyoshinoie.wixsite.com/miyoshinoie?fbclid=IwAR1lidJ6d7WiZazEUDbl1cR47n0wDe1upmrRb_YRcTF6lrXLArBwIQQ7cjk

の皆様、ありがとうございます。



先日、10年来の外遊び仲間のご家族の闘病サポートに入りました。

ご本人は、連日の入院付き添いで、ほどんど眠ることができないので、
ご家族に代わり、こちらでできる対外的な手続きや、保険に関する申請などを、ほんの少しお手伝いしましたが、
私も初めてのことばかりでわかりません。

ケアマネージャーって、、
訪問看護師は、、
主治医を探すには、、
ベッド、杖、車いす、、、

まず、どこから動く必要があるのか。
どうやって見つけるのか。

ネット検索してみても、
なかなか確かなものにつながりませんでした。

、、、

てんとうむしは、地域の中での活動を通して
「わからないことはその領域に詳しい方とつながり、ご本人とつなげる」 ということを、これまでずっと繰り返してきました。

その中の一つに、お散歩中に立ち寄ってお花を届けたりと、ご縁のあった「ホームホスピス みよしの家」がありました。

今こそ、代表Kさんとご家族が繋がる時。
と思い、電話で事情をお伝えしたところ

「ご家族の気持ちに添えられるように
すぐフォローに入ります」と快諾してくださり、
知る限りの情報を教えていただき、退院を全面的に支えてくださいました。

本当にありがたくて、なんとお礼を伝えたらいいのか、今もわからないですが、

こんなにも心強い安心感を感じたことは
なかったように思います。

。。。

現在、病院は面会制限が設けられていますが、
病院には様々な病気と戦っている方が
たくさん入院しています。

余命が限られる時期になっても
家族以外の入室が許可されない施設も
あるようです。

家族で過ごすには、退院しかない。
なんとか退院したい。

でも、、
このままの病状で退院したら、
その後はどうなるのだろう?
家族だけで対応できるのかな?

判断がつかなくて戸惑っていた時、
この領域についての経験が豊富な方と
繋がっていたことを、奇跡のように感じました。


「ホームホスピス」は、
まだまだ新しい分野で、全国にも限りがあります。

全国ホームホスピス協会HP
http://www.homehospice-jp.org/

病院から出て、家庭で暮らすように、毎日をゆっくり過ごしたいと願う方々の想いを実現するために、
全国各地で立ち上がっていますが、

現在、中部地方にあるホームホスピスは 愛知県みよし市だけのようです。
www.homehospice-jp.org/_userdata/2019hh-map2.pdf

現代は、病院で最期を迎える方がほとんど。

家族と過ごしたいと退院を希望しても、
サポート体制が整わず、希望が叶わないことも多いと聞きます。

この春、これまで誰も経験したことのない
状況の中で、手厚いサポートを頂けたことに、
本当にありがたい気持ちでいっぱいです。

これからも「ホームホスピス」の普及活動を、
私たちなりに応援していけたらと願っています。

落ち着いたら、また子どもたちと、
お散歩しながらご挨拶に伺いたいです。












  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2020年03月09日 12:02

2020年度 森のようちえんてんとうむし親子組 体験会 第1日目終了 

2020年度親子組体験会 一回目を みよし市保田が池〔ぼたがいけ〕にて開催しました。


雨?と思ったら、パラパラと金平糖のように白い雹?が降ってきたり、
強風が吹きつけたり、

春の訪れを感じさせる天候だったけれど
そんなときも森の中に入ればゆったり穏やかです。

森では、落ち葉と戯れたり、ターザンロープで遊んだり、
いつも通りの遊びが展開していました。

参加してくれたみなさん、どうもありがとう!


ここのところ、イベント自粛の動きが加速していますが、
子どもに遊びは心の安定のために必須です。

そして、毎日が精いっぱいの子育て中のお母さんたちにとって
外に出て他のママたちと一緒に過ごして息抜きできる場所は、
必要不可欠。

体験会は、広い自然の中ですので、
現在のところ、3月12日木曜日の体験会も
予定通り開催するつもりにしています。

森の中で遊ぶって、いったいどんな雰囲気なのか、
一度体験してもらって、

日々のお出かけ先リストに
自然遊び が加わるといいなと思います。

体験会のお問い合わせ&お申込みは
tentoumushi344@gmail.com

です。
お子様のお名前と年齢をお書きの上お申し込みください。

こちらから、
詳しい待ち合わせ場所や持ち物などを返信しています。




  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2020年01月29日 08:33

2020年度森のようちえんてんとうむし親子組 一日体験会


森のようちえんてんとうむし親子組一日体験会

申し込み始まりました!

天候により予定を変更する場合がありますので、お天気が心配な時は、当日朝ブログを確認してからお越しくださいね。
詳しい集合場所は、申し込みがあった方へ個別にお知らせしています。

日時
2020年3月5日木曜日、3月12日木曜日

時間
10:30〜12:30

対象
森のようちえんに興味がある親子

場所
みよし市保田が池(ぼたがいけ)

服装
服装・暖かく、汚れてもいい服。
滑りにくくて履き慣れた靴、帽子。

持ち物:水筒、着替え、レジャーシート、おにぎりなどの簡単なお昼ごはん。


お申し込みは、下のアドレスへ、希望日とお子様のお名前、月齢を書き添えて連絡ください。

tentoumushi344@gmail.com


新しい仲間との出会いを待ってます!!






  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2020年01月10日 19:56

みよし市に新公園が完成!トイレも水道もある〜。

カテゴリ:地元情報カテゴリ:地元情報~みよし市~

みよし市中心部、みよし市民病院の向かいに新しい公園が完成していました。

砂場もベンチも水道もあり、
念願のトイレもある!


せっちされているのは、
未就園児向けの遊具と
高齢者向けのストレッチできる
健康遊具。


まだどこにも看板がないから
隠れ家のような公園だよ。


トイレの工事はもうすぐ終わるのかな?


ぼたが池の南側です。
探してみてねー!
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2019年12月10日 22:26

NHK公開収録 みんなDEどーもくん



三好町から、みよし市になって10年。

記念イベントは、NHKの公開収録だって!

2020年2月2日 

サンアート大ホールの定員は1000人。

無料なので、きっと満席になるね。  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2019年12月05日 06:38

絶品!穴場ランチ店『びんび屋』さんに立ち寄ったよ



11月のある日、
親子でサイクリングに出る前に、自転車屋さんに立ち寄って、メンテナンス。

整備してもらう間の待ち時間、
公園にいるには風が強くて寒すぎて、お腹もすいてきたので「びんび屋」へ子連れで入ってみました。

木をふんだんに使用したオシャレな店構えだから、
子どもたちとわいわい入店しても大丈夫かな?と心配がよぎったけれど、

オーナーの男性が終始、静かに優しく見守ってくださいました。

アヒージョがイチ押しのお店。
品数が多いランチプレートに大満足でした。

バケットお替り自由で、こどもたちも大喜び。
入り口がわかりくいけど、テナントの裏に共同駐車場もあり、裏口からもお店に入れます。

通りに面しているのに、隠れ家的なお店で、
子どもたちも落ち着けて、いい感じです!


食べ終わって キトウサイクルさんへ引き取りに。

何度空気を入れてもすぐ抜けていた子どもの自転車はパンク修理。
私のクロスバイクは、丁寧にブレーキ調整とメンテナンスをして下さって、とっても快適になりました〜。

子どもたちの行動範囲内に、自転車屋さんがあるって、とても安心。

自転車が壊れたり、曲がったり、何か困ったらここに来ると助けてもらえるよ。と子どもたちに話して、片道10キロ 往復20キロほどのサイクリングに出発〜。

びんび屋さん、ごちそうさまでした。










  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2019年11月27日 00:02

みよし市【カノンコーヒー】 のモーニング 『 オガワヤパン』

みよし市内の『カノンコーヒー』さんに、お弁当をお願いしに来たら、ちょうど混み合っていたのでモーニングしながら出来上がりを待つことに。



メニューから、いろんなパンが選べたので、レーズンを注文していただくと、、
丁寧にこだわりの食材で作られている味がして、ほどよい甘みもあって、噛むと小麦の味もしっかりして、
とっても美味しい! 

これは!!
と、感動している間にお弁当ができあがり。

レジで『モーにングのパン、とっても美味しかったんですが、、、』
とお聞きしてみると、豊田市清水の人気パン屋さん『オガワヤパン』のものでした。



店内でも、白神酵母の食パンが四種類販売されていて、
食パンだけを買いに来る方もいらっしゃるそうです。

近いのに全然知らなかった。
また一つ、いいお店を発見!




  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2019年11月25日 00:03

「アラフォーママカフェ」 ~産後の子育て情報交換会~



かねてから要望のあった『アラフォーママカフェ』を初開催しました。

カノンコーヒー さんで作ってもらったサンドイッチ(540円)をみんなでいただきながら、
http://sorashido.boo-log.com/e497679.html

いろんな話題がどんどん出てきて、とっても面白かった!
やりたい!と言い続けてくれてたお母さんは、現在妊娠37週。10年ぶりの妊娠です。

『お産は何度か経験していても、40代の産後イメージが全然わかないから、産まれる前に同世代の赤ちゃん連れママと会いたい』と、夏前からずーっと要望をもらっていて、やっと!
ギリギリ出産前に開催できてよかった〜。

4月に生まれた0歳児の同級生とも対面できたし、
急なお誘いにも関わらず、計8人も来てくれたよ。

想像以上に面白かったので、
トークメモを覚書。

【アラフォーママカフェ】は、豊田マタニティ研究会の人気講座というのも納得したよ。

。。。。。。

★産後サポートについて

・産後に、義母が泊まり込みでサポートに来てくれるというけれど、それは嫁孝行なのか?
余計な気を遣いたくないし、上の子も大きいから手伝ってもらえるけど、どうしよう。。
 →母も体力が落ちているから、直後は気を遣うこともしんどいし、もう少し後から来てもらった方がいい。
 →日帰りで、届けてもらうだけというのならありがたいけどね。

・国の事業として『産後ケアサポート事業』が2年前から各市町村で始まったけれど、、、
 →自宅へ来てくれる人は『母のサポート』だから、助産師さんなどの専門職じゃないみたいで、赤ちゃんを抱っこしてもらったりできない。
 →でも、誰でもいいから来てもらったら嬉しいよね。
 →赤ちゃんのお世話をお願いするなら、助産師さんたちの専門チームにお願いするといい。金額はかかっても、家族の平和のためにも、長い目で見たら全然あり。
 →東郷町みたいに妊産婦のタクシーチケット欲しいよね。
 →またはご近所の支え合いを利用できるファミサポさんがいい。書類とか登録手続きが顔合わせとか、ちょっと面倒。
 →産後入院も、補助が出るようになったし、旅行に行くと思えば金額的にもありだど思う。会社の近くの産院を選べば、旦那さんも会社に通えるし、上げ膳据え膳で、赤ちゃんの心配事もその都度聞けるし、つかの間のホテル住まい気分でよかった!と体験談。
 →豊田市は助産師さんたちの産後サポート『マタニティ研究会』というのがあって、モニター価格8割引きだって!上の子がいると産後入院できないから、うちに助けに来てくれるならとても嬉しいよね。

 
参考)

みよし市産後ケア事業
http://www.city.aichi-miyoshi.lg.jp/kenko/boshi/sanngo.html

みよし市産後ホームヘルプ事業
http://www.city.aichi-miyoshi.lg.jp/kenko/boshi/sanngohomehelp.html

とよたマタニティ研究会
https://mataken.jimdo.com/マタ研出前部全力サポート/

豊田市産後ケア事業
https://www.city.toyota.aichi.jp/kurashi/kosodateshien/ninshin/1020849.html

東郷町妊産婦タクシー料金助成事業
https://www.town.aichi-togo.lg.jp/kenko/hokenniryoujyouhoukona/ninsannppu.html

産前産後ガイドライン H29年
https://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11908000-Koyoukintoujidoukateikyoku-Boshihokenka/sanzensangogaidorain.pdf

★第一子の時と 下の子を出産した時との 子育てグッズのブームの違いも、盛り上がったよ。

・ミルク 
 →フォローアップミルクとか、一人目の時は飲ませないとダメ!だったけれど違うね。
 →妊娠中の体重も、少なければ少なくてもいい。って言われていたのに、今は、成人病のリスクが上がるからきちっと体重を増やしなさいと言われて、真逆。
 →お湯で溶かさないでそのままあげられるミルクの売られているよね。
 →母乳が出ればいいけど。

・ベビーカー
 → 今はどこのスーパーやショッピングモールにも赤ちゃんが乗れるカートがあるから、購入しないらしく、ベビーカーのおさがりが大量に集まってくる。

・母乳マッサージ
 →必要と言われなくなってきた。マッサージなどをしないのが主流?

・服
 →赤ちゃんを足まで包む冬の服も見かけなくなったよね。発汗できないからよくないと言われて。
 →フードのついた服は、ボタンになった。フードが車内の突起物やドアノブなどに引っ掛かっても、首が閉まらないように配慮されたね。
 
・抱っこ紐
 →エ〇ゴが発売されてから、おんぶひもがほとんどなくなった。背中につかまれない子が増えてしまうと聞くし、心配だけど売ってない。
 →おばあちゃんにバックル式のおんぶ紐を貸しても使えないと言われる。 
 →腕を上げると痛くて、首の後ろのバックルが止められない。50肩?
 →3WAYみたいな機能的な抱っこ紐はなくなったね。スリングもあまり使われない?


。。。。

その他、産後アラフォーママたちの子育てアルアル事情、
体力がついていかないとか、抱っこで腰痛とか、眠たいとか、ボール遊びの相手ができないとか、介護と重なるとか、旦那さんが定年とか。
lineが普及してからあまり井戸端会議をしなくなって、子育て環境が変わったとか、山ほど飛び交ってて書ききれなーい。


アラフォーママには、体力面では、若いお母さんと同じとはいかなくても、その分仕事で培った様々な知識や技術、情報をキャッチする力と智慧がある!

集まってくる貴重な産後情報は、これから出産するすべての年代のお母さんたちに役立ちそうだね。

言い出しっぺ母 Yちゃんは
『お産後、シワシワぼろぼろになったらどうしようと心配だったけど、みんな元気そうで、すごく安心した!』とホッとした様子でした。

、、、、
追記
今回は行けなかったけれど、またやってほしい!という声もあり、やることになりました!

次回は12 月13日金曜日11時から
おかよし交流センター
予約不要。自由参加。無料です。

Yちゃん、元気な赤ちゃんを産んでねー!








  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2019年11月16日 00:01

柿狩りして、「みよし柿カレー」を食べる!

みよし市の特産といえば、柿、なし、ブドウ。

秋の親子組活動、この日は柿三昧でした。



親子組Kちゃんのおじいちゃんの畑で柿狩りをさせてもらって、

ママたちも大喜び。

持ち帰っておやつに食べたり、パパにプレゼントをしたり。



お昼には三好特産 「みよし柿カレー」を鍋のままお届けをしてもらって、

あったかいカレーと、コロッケををみんなで食べたよ!


これから寒くなるからこういうお料理の配達は、とってもうれしいね~!

ママもお弁当を作らなくてOKなのでらくちん。

夕ご飯に持って帰ったりしていたよ。

今日お届けしてもらった甘口カレーは、深みがあってとっても美味しい!

1歳の子も一緒に食べていたね。

中辛味のカレーも、ちょっと味見させてもらったよ。
こちらは、塩味がしっかりしていて、がっつり食べられそう。高校の購買で販売しているそうで、聞いて納得の味!

「みよし柿カレー」は、学童や、学校の購買、個人宅へも配達してくれるから、

ママ友と集まるときや、夕ご飯作っていられないー!っていう時に、家へ届けてもらうのもいいよね!

相談に乗ってくださるそうなので、直接問い合わせてみてね。HPはこちら↓
https://ricapurio.wixsite.com/miyoshikakicurry


てんとうむしの活動場所は果樹園の近くだから、
果樹園へお散歩して行けるのは、とっても魅力的。
柿畑のMさん、ありがとうございました!



  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(1)