お問合せは[email protected]まで

2016年09月02日 23:36

オオスズメバチの貴重な瞬間を目撃!!! 

カテゴリ:活動日記
お寺で遊んでいると、セミがジジジッと鳴きながら落ちてきた。
こどもたちは、遊びに夢中で気がつかない様子。

「あれ?セミが落ちたよね?」 と物知りな 母スタッフ Kちゃんに聞くと
『寿命じゃない?』

そうかなぁ、、と思いながらよっていくと!!!

黄色と黒のしましまが、うごめいていました。


「セミ!食べられてる!」

『え、なになに?』ドドドッと群がる子供たち。


必死にもがくセミをがっしとつかまえて、針を差し、オオスズメバチが、
ミチッ,ミチッと食べている。

まさに、セミの踊り食い。とでも言える光景を、固唾を飲んで見つめました。

全長5センチはありそうな オオスズメバチ。
着実に食われていくセミ。

それでもまだ,必死に羽をばたばたさせてジジジ!!と騒いでいます。

しばらく見ると、怖くなった子供たちは、みんな離れて元の遊びに戻りました。

その後、10分ほどして見にいくと、さすがにセミは力尽き、蜂はもういない。

「もう食べ終わったのかなぁ」

『水を飲みに行ったんだよ』 と、物知りKちゃん。

その通り、すぐに戻ってきて、またミチッ、ミチッと音をたてて食べ始めました。
さすがKちゃん博士!

ふと振り返って、今度はあんたたちを、食べる。。と言われたらどうしよう。
と想像したら、ゾクッ。

この光景はきっと忘れない。

貴重なシーンでした。
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)