お問合せは[email protected]まで

2017年03月01日 08:06

竹林の向こうに火が見える!

カテゴリ:つれづれ
久しぶりに、みよし市北部にあるジャングルのような もののけ姫の舞台のような場所来た。



入り口もない、名もない山。
前回来たのはもうずいぶん前。

朽ちて倒れている小屋や、右にも左にも、ずーっとつながっている おじぞうさんの列にどきどきしながら、
頂上まで登り,山の神様にご挨拶をして、降りてきた。

園児と行けるのか、この先はどこに抜けるのか、こどもたちを連れて現場を下見をして、
さらに奥地を探検していたら、、

くんくん、火の匂い!

匂いがするほうへ進んでいくと、竹林の奥に一人の人影が!

火が大好きな兄弟は、ためらうことなく、かけよっていく。


「何してるのー?ぼくもやりたーい!」

静かに一人で黙々と火に丈をくべていた竹林の住人は、

「焼き芋あるけど,焼こうか?」

と、穏やかな笑顔で向かえてくれました。

お話してみると、森の住人ではなく、物腰の優しいご近所のお父さん。

週末に、一人で火遊びをしているんだそう。

その後も2時間ほど、パチンパチンと燃える竹を見ながら、静かなヒトトキ。


そのうち 園児たちと一緒に遊びに来れるといいなぁ。

プレーパークをするのに最適な場所だなぁ。。


そんな夢がまた膨らんだ一日でした。

今日も、いい出会いがあったわ♪

  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)