お問合せは[email protected]まで

2017年09月25日 20:21

集中して 和紙を漉く 園児たち

カテゴリ:活動日記
和紙工房に近づくと、、

「懐かしい~」
約1年ぶりだけれど、年長さんたちは道を憶えてて、工房へ向かってぐんぐん歩いていく。

こんにちは!
ご挨拶したら、作業開始。

〇まずは、「こうぞ」を、丸めてたたく。丸めてたたく。


〇ノリの役割をしてくれる植物は「とろろあおい」


〇トロロアオイと水を加えて混ぜたものを、何度も枠の中に入れて漉いていくとだんだん紙に厚みがでてくる。


〇黒い塊となって浮いている木のかすを、ピンセットで取り除く。
漉いた紙を破らないように慎重に。。


紙が完成したら、それぞれ色を付けたり、お花や葉っぱを乗せていきます。

。。。。。。。。。。

年中Tくんは、工房に入るなり、「早くやりたい!」 「もうやっていい?」と ハイテンション。
お花をちりばめてファンタジーな作品ができました。


対して、いつもワンパク印の元気な年中Aくんが、神妙な顔をして黙り込んでいる。


おや?
どうやら、慣れない手作業に緊張している様子。工房のYさんに声をかけてもらって何とか完成!



作品は後日乾いてから、受け取ります。
届くのがとっても楽しみ!
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年09月25日 15:22

小原で紙漉き〜世界に一枚の卒園証書〜

カテゴリ:活動日記
小原の工房へお邪魔しました。

年長四人の作品はこちら。
性格が表れていてとっても面白い。



自分の中で、しっかりイメージが決まっているAくん。
落ち葉を選んでさっさっと置き、鮮やかな配色の作品を一気に仕上げていた。



慎重派のHちゃんは、途中でお花を摘みに外出。
気に入ったお花を見つけると工房に戻り、花びら一枚ずつていねいに置いて完成。


Nくんは、制作しながら考えるタイプ。
黄色と青を混ぜながら、イメージする太陽と空の色を試行錯誤。



Aちゃんは、お母さんと一緒に工房までお散歩しながら摘んできた
野花を散りばめて秋色の作品。


つづく
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年09月24日 19:06

11月1日水曜日~親子で楽しむコンサート 『TeatroMusicale』

カテゴリ:イベント情報
こどもと一緒にMUSIC 親子で楽しむコンサート 第四弾のお知らせです!

今回の楽器は、ファゴット!

ファゴットの音色は、素朴であったかくて、大好き。



fagotto奏者 田邊武士さんは、楽器を演奏し、編曲もして、チラシの絵も描く、マルチプロデューサー。
とっても素敵なお父さんです。

お申し込みはコクチーズにて♪
http://www.kokuchpro.com/event/5318d062052e862b149ba479f1220b11/


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
『こどもと一緒にMUSIC 親子で楽しむコンサート』

●期日
2017年11月1日水曜日

●出演者
TeatroMusicale

http://teatromusicale.wixsite.com/tanabecorp

ファゴット:田邊 武士(Tanabe Takeshi)

ピアノ:小島千加子(Kozima Chikako)

打楽器:林美春(Hayashi Miharu)


●場所 豊田市参合館 9階 多目的ルーム
愛知県豊田市西町1-200

●駐車場 3時間フリーパーキングです。
ホールロビーにて認証できますので、駐車券を持参の上、ご来場ください。

●公演時間 3回公演 定員各回40組
1st,11:00〜、2nd,13:00〜、3rd,15:00〜

●金額
大人1000円 園児500円 未就園児無料

●主催 ピアチェーレNEXT、チェロを楽しむ会
   090 3569 4914 岩城

●共催・母音(ハハオト)

●後援・豊田市、豊田市教育委員会、公益財団法人豊田市文化振興財団、

~赤ちゃん連れのママも安心POINT~
★お部屋の一角に授乳スペースあり
★ハイハイできる ラグマット席あり
★ベビーカーのまま入場OK
★おしゃべりしてもOK
★演奏中に、出たり入ったりOK。ホールのドアは常時開放されています。

  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年09月24日 08:12

豊田市 『CAFE太陽』 オープン記念

カテゴリ:地元情報
先週13日 豊田市駅近くにオープンした『CAFE太陽』さん。


記念品のエコバックをいただきました。



こちらのお店のすぐ裏通りに、森のようちえんの活動を応援してくださっている鈴木県議員さんの事務所があり、

あいち森のようちえんネットワークのメンバーと一緒に来所して、今後の展開についての打ち合わせ。


少しずつですが、、『あいち自然保育、幼児教育認定制度』 の創設に向けて進みます。

鈴木県議員さんは、10月1日に予定されている『自然保育大交流会』に来てくださり、認定制度について、お話ししてくださいます。

  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年09月23日 21:25

『どんぐりを土に埋めたら、栗の木がはえてくるかなぁ?』

カテゴリ:活動日記



子供たちの質問は、いつもかわいい。

『ねぇ、どんぐりって、くりのあかちゃん?』

『どんぐりを土に埋めたら、栗の木がはえてくるかなぁ?』


、、、そんなわけないじゃん。。。

って言ったら、そこで話が終わるから、決してそうは言わない。


保育スタッフさんは、

「どうかなぁ。埋めてみよっか!春になったら芽が出てくるかもね!」

と、こどもと一緒にワクワクを広げてくれていた。


。。。。。。。。

子育てに限らず、

『本当のことを言うのが、いいとは限らない』 ことは、たくさんある。


ファンタジーの世界に入れる環境があるのなら、

大人も一緒に同じ世界を見るほうが、お互いに幸せよね♪




  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年09月23日 20:55

焼きの工程は本物です!

カテゴリ:活動日記カテゴリ:つれづれ


お迎えの時間、活動場所で迎えてくれたのは、かわいい粘土作品たち。

お母さんたち、ほっこり笑顔♪

こどもたちが使っている粘土は、数か月前に瀬戸市の陶芸材料専門店で購入した土。

陶芸家の友人からお店を教えてもらって、園児たちが陶芸に使用する土と材料を買おうと足を運んでみたものの、

何をどれくらい購入すればいいのかさっぱりわからなくて、とりあえず買ってきた土。。

園児たちは、指輪を作ったり、いろんなものを作って遊んでいる。

これなら地面に落ちても土に戻るし、あぶら粘土より、気をつかわなくていいのが気に入っている。

この土も、窯で焼いて仕上げることができるけれど、一度焼いたら、粘土遊びができないから、きっとこのままず~っと粘土。


実は昨年末から、地元で陶芸をされている団体さんとコンタクトをとって日程を調整してきた。

団体さんは、日々の活動がお忙しい上に、伝承活動が長いスパンで計画されており、

しかも焼きの工程は、何日もかかる 。

昨年度は日程が合わず断念したが、
今年は陶芸ができそう!

いよいよ来月、この地域で大切に伝承されている古窯を、体験させていただけることに決まり、、メールが届きました。

『本格的な焼きまでやりますが、こどもたちの作品は実用的なものに仕上がらないかもしれません。
でも工程は本物です!宝物にしてもらえたら。。
材料費、窯代等は会で負担します』


選べなくて困っていた材料を、用意してくださるとの、ありがたいメール!


なんて嬉しい、地域のつながり。

感謝です。





  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年09月23日 07:04

『カフェイルミネ』閉店間近の素敵なお店でランチ

カテゴリ:つれづれカテゴリ:地元情報

刈谷市青山公園の目の前に、素敵なカフェがあります。

閑静な住宅街の中のお店。
「カフェ イルミネ」


特に、こちらの「桃スープ」は常連さんに大人気。

一品ずつ、手をかけて大切にお料理されています。



お店は満席。
ファンも多い人気店ですが、

オーナーさんは、まだまだやりたい事がたくさんあるそうで、カフェの営業は今月末2017年9月にて終了だそう‼︎

営業は、あと数日しかないのね、、。

メニューはこちら。


20〜30人で満席のお店ですが、親子連れ、女子会、お一人さま、などなど、
いろんなお客さんが、次々とご来店されていました。

お料理は最高に美味しく、
しかもスタッフさんも優しくて、
お店の雰囲気もよく、素敵なお店です!
(ピアノもあるし)

居心地最高。
モーニング、ランチ、カフェメニューまで、どれもオススメです!


「カフェ イルミネ」
日曜定休

https://loco.yahoo.co.jp/place/g-KTBKX6YeLTU/

〜Kちゃん、教えてくれてありがとう〜  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年09月22日 18:51

ロープひとつで、次から次へ

カテゴリ:活動日記
こどもたちは、ロープ1つで、遊びを無限に生み出していく。

最初は崖の上からロープを垂らして、みんなをひっぱりあげていた年長Aくん。

人力で引っ張り上げるのは重いとわかって、近くの木の幹に縛っていた。


『たとえ小さなこどもたちでも、人の力で引っ張りあげるには重い!』

ということを、力自慢のAくんが、自分の体験から学んだ一コマ。


そのロープにつかまって、、崖を登るこどもたち。

次々と、後を追って登る!

二歳児ちゃんもいる!




別の場所では、設置されているロープに楽しそうに絡まって遊んでいる子供たちの姿。



ブランコになったり、一本橋になったり、

みんなロープが大好き!

ロープワークを学んできてくれたスタッフさん、ありがとうね♪
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年09月22日 06:50

『ここに来れば、一人じゃないよ』 ~ にっしん子育て総合支援センター~

カテゴリ:つれづれカテゴリ:地元情報
一人でいたくない時、複数兄弟を連れている時などに、とってもおススメ!な場所が、お隣の日進市にあります。

『にっしん子育て総合支援センター』
http://www.npo-rin.org/nkosodate/

日進市から指定管理を受けて、ファミリーステーションRINさんが、運営していらっしゃいます。

その、居心地の良さ、あったかさは、ぜひ一度体験してみていただきたい!

スタッフさんの対応が素敵で、お話ししていると、ホッとします。




特におススメなのは、小さな兄弟がいるとき。


下の子が生まれてからの数か月って、連れていく場所に困りますよね。


そんな時、こちらのスタッフさんは、
「下の子を見てるから、上の子と遊んでおいでよ」
と優しく声をかけてくださいました。

↓お部屋の一角に、赤ちゃん用和室スペースあり。



そして、、上の子が小学生になると、また困る。

子育て支援センターは、たいてい未就学児しか入れません。
下の子が『子育て支援センターで遊びたい!』と言っても、小学生の兄弟が一緒だと入れなくて、困ってしまう。

そんな時、こちらのスタッフさんは、
「本を読んでいられるなら、いいよ」
「今は、小さい子が少ないから、いいよ」
と、その都度、臨機応変に対応してくださいました。


子育て支援センターに必要なのは、安全を見守ることでも、高価なおもちゃを揃えることでもなくて、


『ここに来れば、一人じゃないよ』

という安心感。



もちろん決まりは必要だけれど、家族の形は、どんどん変化するから、

その都度、状況によって形を変えて、お母さんの気持ちに寄り添うことこそ、

本当の子育て支援。

だと思います。

  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年09月21日 18:00

ホガラカ エコフルタウン店 のランチ &貸切

カテゴリ:地元情報


最近、貸切できて、居心地のいいお店を探して、
あちこちの店長さんとお話をしています。



こちらはホガラカ エコフルタウン店。

エコフルタウンは、豊田市駅から近くて、
無料駐車場も充実していて、安心安全。



ランチは一人1080円×30人から40人で貸切でき、
スープ、サラダと、ドリンクのビュッフェもついてくる。

夜の営業は、通常はしていないけれど、
貸切利用があるときだけ、営業可能。

貸切は4000円×10人からOK!!
良心的です。



ホガラカは、県内に数店舗。
エコフルタウン店、以前はモーニングもやっていましたが、今はお昼からの営業だそう。

店内の空間も広くて、漆喰の壁に、無垢の杉材を使用したフローリング。

忘年会の場所を探している方、おススメします!
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)