お問合せは[email protected]まで

2017年10月31日 19:35

きらず揚げの、動物さん!

カテゴリ:つれづれカテゴリ:地元情報


かわいくて、
見てると癒される。



『お豆腐工房いしかわ』 の

きらず揚げ。

その名も、KIRA ZOO!

安城、高浜方面へ行ったら、探してみてね!  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年10月31日 15:57

隠れてるの、どーこだ!?

カテゴリ:活動日記



どこかに木の枝のふりをした しゃくとり虫が
かくれているよ〜。

よーく見てねー。

正解は、、、

ここ!




微動だにせず、
かくれんぼ。



そっくりー!   
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年10月30日 20:11

強風にもめげず、お芋を掘ったよ!



今日は風が強かった!

飛んでいきそうなほどの強風!!


にもめげず、やっと晴れた月曜日!なので、

親子組さんは、延期していたお芋ほりを楽しみました♪



台風の豪雨の後だというのに、A農園さんの畑は、とってもサラサラ~な土。

なんと素晴らしい!

水はけのよさに、感動しました!!


てんとうむしの園児の畑は、粘土質なので、

雨上がりの日は、とても足を踏み入れられないなぁ。。

まだお芋の堀り残しがあるんだけれどなぁ。。

今年の10月は、本当に雨が多かったね。


A農園さん、ありがとうございました!  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年10月30日 08:47

エビフライ!

カテゴリ:つれづれカテゴリ:おさんぽ豆知識



エビフライ。

リスがかじった後の まつぼっくりは、こんな形。

通称 
森のエビフライ。


http://netgeek.biz/archives/105386

昨日、ネットに流れてきた記事で ↑ リスのエビフライ写真を見た家族が、驚きを伝えてくれた時

(あ、そうか。近くにあるけれど見たことなかったね。珍しいもんね)

と冷静に反応した自分が、ちょっと寂しかった。



『わー!かわいい!ホントにエビフライみたいだねー!』

っていう興奮は、いつまでも忘れたくないなぁ。と考えていたら

相田みつをさんの言葉を思い出した。



『一生感動 一生青春』 




伝えるんじゃなくて、教えるんじゃなくて、自ら感動したい。



感動は、他人に教えられないもの。

自分で感じるしかないから、
たくさんの人と出会っていく中で、人それぞれの感性で、何かを感じとっていくのがいい。




森のエビフライは、森を散歩していると、見つけられるよ。

上の写真は三好丘緑地のエビフライ。


  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年10月29日 16:57

サンマ『三間』が大事。 ゴマも大事!

カテゴリ:つれづれ

↑水曜親子組さん、カッパを着てハイキング!


今のこどもの遊びには、サンマが足りない!と よく言われます。



サンマ = 三つの『間』

・時間
・空間
・仲間


遊ぶ時間がない。
遊ぶ空間、場所がない。
遊び仲間がいない。


時間、仲間は、少子化や早期教育などの影響が多いと言われていますが、
空間は、大人の都合で、減ってしまっている。

幼少期に、その大切さと居心地のよさを経験してきた大人たちが、
こどもたちに、サンマを返そう!と、森のようちえんや、プレーパークなどの活動が盛んになってきています。


そして、その《サンマ》は、人と人のコミュニケーションや、仕事の世界にも通じています。

顔を合わせて話す時間がない、井戸端会議をする場所がない、心を割って話せる仲間がいないと、
コミュニケーション不足になり、心がギスギスしてきます。


サンマについて、詳しく読みたい人はこちらをどうぞ↓
http://www.ashita.or.jp/report/kodomo/01/chapter1.htm

。。。。。。
私は、サンマに 二つをプラスした、、、ゴマ。が好き。


《ゴマ = 五間》

・時間
・空間
・仲間
・手間
・「間」



面倒がらずに、『手間』をかける。
特に、人と会う時間、会いに行く手間は、惜しまない。


そして、『間』。

『間に合う』ことは、人間関係に限らず、音楽、美術、スポーツなど、どんな世界でも、大切。


不穏な空気や、波紋を むやみに広げたりせず、

話が一方的にならないように 絶妙な 『間』を 大事にする。



人が集う場に、何でも話せるような 時間の余白があるか、

無理に話さなくてもいられる、心地いい空気が流れているか。




時々 『ゴマ』を思い出すようにしていると、大事なことに気がつける。



  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年10月29日 08:10

母年齢は こどもの年齢と同じ。

カテゴリ:つれづれ

母になる年齢は、人それぞれ。

親というものは、子どもの年齢だけしか成長しないから、実年齢や、社会経験は、あまり関係ない。

二回目の子育てがラクなのは、抱っこの仕方も加減もタイミングもわかるから。

わかっていれば、泣いた時の心のゆとりが違う。

一番違うのは、
『この先の発達段階
がなんとなく理解できている』

ということ。

人は、終わりが把握できることは、落ち着いて待てる。

そして、着々と、忘れていく。

陣痛の痛みは、出産すると忘れる。

夜中の授乳は、出口の見えないトンネルにいるのような孤独感だけれど、
卒乳したら、すっかり忘れている。

イヤイヤ期も、過ぎてしまえば笑い話。

そうやって、一つ一つ、ギリギリ乗り越えられる経験をさせてもらって

だんだんと
『母親』にしてもらっているんだね。


  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年10月28日 16:47

こどもを預かり合う方が、ラク!

カテゴリ:つれづれ


帰りの会が近づくと、
こどもたちの 日々の重要議題は、

活動を解散した後、誰が誰の家に行くか。

呼びたい友達、行きたい家を巡って、毎回いろんなドラマが沸き起こっていて、面白い。


先週は我が家に7人のこどもたちが
ワイワイしていた。

森のようちえんの活動後は、全身どろんこが当たり前だから、
我が家に到着した子どもたちは
玄関からハイハイして、
廊下に足をつけずにお風呂へ直行する。

そして、自分でささっと服を脱いで、
お風呂で大騒ぎして遊んでいる。

浴室を石鹸でアワアワにしたり、
お風呂に潜ってみたり、
一時間ぐらい入っていることも!

こどもたちの歓声を聴いてるだけで
つい笑顔になっちゃうほど、
それはそれは楽しそうな時間。

この風景を知らないお母さんたちからは、

『こどもたちをいっぱい預かって大変じゃない?』

と言われることがあるけれど、いえいえ、
全く逆!


こどもどうして遊んでいてくれたほうが、夕食の準備も、掃除も家事もはかどって、むしろありがたい。

放課後のこの時間もまた、
こども同士、母同士の絆を深めてくれる
特別な時間。  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年10月28日 08:35

『せつない図鑑動物』 お散歩が、もっと楽しくなる本!

カテゴリ:つれづれカテゴリ:おさんぽ豆知識
こどもといっしょに『へー!』と言いながら読んだ本。



亀って、おしりから呼吸できるのー!



ミミズ、よく見てるけれど、心臓が五つとは、、、


アリ、寝ないんだ。。



カタツムリの寄生虫ってスゴイ、、、



こどもの疑問点は、大人よりずっと豊かで、突拍子もない。

こどもに質問されるたびに、えーっと、それ考えたことなかったなぁ。
と、気が付く。

そして一緒に、調べて、へー!って感心するのは、大人のほう。

まだまだ知らないこといっぱい!



おさんぽタイムを楽しませてもらっているのは、間違いなく私のほう!


この本、すぐ読めるし、挿絵もコメントもかわいい。
見てみたい人、声かけてね!  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年10月27日 17:38

2017『森のようちえん全国交流フォーラム』





来週11月3日から5日は 2017年度『森のようちえん全国交流フォーラム』

同じ方向性を持つ仲間と集う、年に一度の祭典です。

豪華な講師陣から、たくさんの刺激をもらって

愛知の仲間たちとシェアできたらいいなと思っています。


森のようちえん全国ネットワークのHP内 『森のようちえん宣言』、すごく好き。
http://morinoyouchien.org/  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年10月27日 11:44

くっつき虫の花束

カテゴリ:活動日記


くっつき虫も、作品になる!

このくっつき虫、服につくと、本当に!!!痛いんだよね。。

でも、こどもたちは、おかまいなし。


保育スタッフNちゃんが持ってきてくれた くっつき虫の花束!!! を、

ダーツにして遊んじゃう!


  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)