お問合せは[email protected]まで

2017年12月18日 11:47

紙芝居「てんとうむし誕生物語」 ~てんとうむしまつり その3~


てんとうむしまつり内で、保育スタッフNちゃんが、久しぶりに てんとうむしの紙芝居と、活動日記を読んでくれました。

これは、開園式の時に、マーガレット一家 イラストレーターてるくんが描き、
紙芝居のたっちゃん&みかちゃんが 活動場所で青空上演してくれた てんとうむしオリジナル作品。

マーガレット一家HP : http://ehongeki.com/


母として地域のみんなに支えてもらって成長していく歴史が、描かれているので、
見るたびに、いろんな思いがよみがえって、胸がいっぱいになります。


2010年に野外保育をスタートして、2014年にてんとうむしが立ち上がり、
今日まで、本当にたくさんの方に応援していただいています。

この日も、親子組のSちゃんが提供してくれた紙に、
地元 みよし市の自主活動団体仲間 Tさんが、大木を描きに来てくださいました!

ここからさらに、こどもたちのイメージを追加して、巣立ちの会で、飾りたいなと思っています。


。。。。
自分がそうだったように、子どもたちも、いろんな大人に目をかけ 手をかけてもらって、 
この街を自分の故郷だと感じてもらえたら嬉しい。

子供たちの成長を、一緒に見守ってくれる仲間がこんなにたくさんいてくれるって、
本当にありがたい。。

と、しみじみしながら、真っ暗な闇を照らす炎を眺めていました。




さて!
来年もわくわくがいっぱい待っています!





  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年12月18日 11:24

おはぎやさんに、どんぐりころころ屋さん ~てんとうむしまつり2017 その2~



Aちゃんはおはぎやさん。
買いたい人は看板に絵を描いていく。



こちらは、
どんぐりコロコロ屋さん。

かわいい看板がお出迎え!


親子組さんの工作ゾーンは、穏やか~。
材料はほぼ同じだけど、プレパで見かける小学生のガンガンな攻めの工作とは、違うのね。
作業が、とっても細やかです。



まだまだいろんなお店がありました。

。。。。。。。

そして、夕暮れと共に父たちが動き出す!



キャンプファイヤーが始まると、火に興奮する子たち!



土手で、親子組さんが用意してくれていたダンボール滑りが盛り上がっていた!



母たちは、火を囲んで、今年一年を振り返り、
ホッとした時間を過ごしました。

やっぱり火はいいね。



年末に、キャンプファイヤー。

やったことない人たちは、え、こんな寒い冬に?

って思うかもしれないけれど、とっても熱くて熱くて三秒と近づけない。

焼き芋を焼きながら、お腹もホカホカです。


来年の〆めの活動も、キャンプファイヤーができたらいいなぁ。


  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)