お問合せは[email protected]まで

2019年05月01日 00:02

【公園】って、遊具があるところ?

カテゴリ:活動日記
自然アドベンチャー!



年中Tちゃん、竹を持ってきて渡した上を、
落ちないようにそろりそろりと、ストックを支えにして歩く。



Mちゃんは、水の上を忍者のような速さで走る!!



遊び方を知っているこどもたちは、
どんな場所でも 遊びを広げていけるし、
それを見ている大人たちも楽しい。


、、、
いつの間にか、遊具が設置されているところを
大人たちが「公園」と呼んでいるから、遊具がない 緑地公園などへ行くと

「ここは こうえん じゃない!」と小さな子が怒っている風景に出会う。

本来、遊具の有無にかかわらず、住民の憩いの場のことは、すべて公園と呼ぶ。


こどもは遊具がないと遊べないと思っているのは大人たち。

整備された 複合遊具の公園に、短時間滞在して、満足感を得ているのは、大人たち。

滑り台やジャングルジムも楽しいけれど、
本来、こどもって時間さえあれば、
何もなくても十分楽しめる。

そこで初めて出会った名前も知らない子たちと
一緒に遊べる。


まずは、大人が固定観念をなくしていくと、
視野が広がるね。


こどもたちから遊びの時間を奪っているのは
大人たち かもしれない。





  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)