お問合せは[email protected]まで

2019年08月05日 00:02

謎めいていて面白い! 「光ミュージアム」 高山市

うんどうかい前日。

園児たちが落ちついて こども会議 をすることが
できるようにと、

この日、小学生は山を降りて街まで遠足に出ました。


てんとうむしは、
毎年この時期に、長期キャンプをしているけれど、
滞在中に山を降りたのは初めてのこと。

入り口エントランスから
豪華絢爛な 「光 ミュージアム」の母体は、
宗教団体ですが、

宗教臭はなく、
誰でも気軽に訪れることのできます。

広いから結構、居心地がいいのだけれど、
小さな子は迷子注意。



マヤ文明をモチーフにして作られた建物の外観は、
巨大な巨大なピラミット!

なんでこんなところに⁈と思ってしまうような
素晴らしい作品が、あちこちに展示されていました。


ここは、大人も子どももすっごく遊べるよ。
という事前情報通り、

男子は 三葉虫やアンモナイトの化石ストラップを作ったり 恐竜の足跡を追ったり、化石パーツ合わせパズルしたり、工作したり。。


女子は、 いろんな国の民族衣装を取っ替え引っ替え着がえたり、アクセサリー作ったり、
写真を撮って楽しんでいたね。




能舞台もあり、ピカソの原画あり、手作り絵本あり、ダンボールで作った現代アートもあり、
近くの皮で発見された化石もあり、
浮世絵まである。

授乳室も、レストランもあって、
屋上のピラミッド庭園の周りを走り回ったり、、

とにかくなんでもありのごちゃごちゃ感が、
子連れには、ちょうど良い!

また絶対来るー!と興奮していた子どもたち。
館内スタッフさんが 穏やかに対応してくださって
ありがたかったです。

道中の
コインランドリーで、みんなの大量な洗濯物も綺麗になって大満足。


残っていた園児たちは、ゆっくり落ち着いて、
年長会議と うんどうかい準備ができたみたいで、お互いに良かった!

参加する子どもたちの年齢幅が広がってきているから、こういう時間もいいね!



  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)