お問合せは[email protected]まで

2019年08月25日 22:13

だいたい見えていれば、困らない?

カテゴリ:つれづれ

遠視で斜視の長男に、
アスリートもやっているという
視力トレーニング「ビジョントレーニング」
を勧めてもらった。

1歳から眼鏡をかけてきたけれど、
レンズが重いのか、

少し下へずらして
眼鏡をかける癖がついてしまっていて、
そのためにメガネの焦点が合わないのだろうけれど

何度買い換えても、
本人は「どれも合う眼鏡がないから嫌だ」と言い、
ついに、数ヶ月前からは全く使わなくなっていた。

ここ10年ほど、
私も、コンタクトを使うのをやめている。

見えないな〜と思いながらも
以前と変わらず
薄暗い部屋で過ごすのが好き

見える生活をやめてみたら
意外と平気

むしろ
見えない を 味わうと

あれもこれも読もうとしなくなるから
ラクになる

見ようと頑張らないから
視覚からの情報が減って
疲れない

結局のところ
全ての文字がよく見えるほどに
視力を高くすることは、
いいことばかりでもないという気がしている。

見えてない
って
結構いいこともある。



治療用メガネは、9歳になると保険も使えないから、買い替えも悩みどころ。



※9歳未満の治療用眼鏡は、健康保険と市からの補助で、ほぼ全額戻ってきます。(金額の上限あり)
https://www.kodomo-megane.jp/insurance/





  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)