お問合せは[email protected]まで

2019年10月28日 11:31

豊田市自慢の秋祭り 『挙母祭り』

カテゴリ:地元情報カテゴリ:地元情報~豊田市~

てんとうむしの活動場所を整えてくださっているFさんから山車をひいてみるかい?とお誘いいただき、
親子で挙母祭り最終日の山車引き出しに参加してきました。


山車が出る『挙母神社』は、スゴイ人込み。

豊田市はもともと挙母町。という名前。
その当時からの伝統を引き継いで、山車をひいて街を練り歩く挙母祭りは、
地域ごとに色の違う紙吹雪が山車を包み、地域が団結する勇壮な秋祭りです。

今年の花車は、竹生町。
上に立っている若者の熱気がスゴかったね。


迫力ある山車の引き回しの後ろについて、色違いの紙吹雪を集める子どもたち。

大量に袋へためている子。色違いをそろえる子、
性格は違えど、やることはいつの時代も一緒(笑)


駅前の通りに、8地区から、8台の山車が揃うと、圧巻!

挙母神社周辺の信号も、街灯も、
山車が当たらない高さに、設置されていると聞き、挙母祭りへの地元愛を感じました。

すぐ隣を愛知県知事が足早に通り過ぎていきました。
一番先頭で挨拶されたようですが、、
お囃子の音に消されて、聞こえず見えず、結局よくわからず。


解散式の後、男性陣が
『おつかれ!また来年な!』とハイタッチして別れていく様子が、かっこいい。


山車をひく人たち、相当お疲れかと思いますが、
気持ちが揃わないと、うまく転回できないようで、
右左折に難航している場面をしばしば見かけました。

『力を入れるタイミングがワンテンポ遅い!かじとりが悪い!』
などなど、長老の方たちがぶつぶつ言っていたのも、いつの時代も一緒。

そして、神社の倉庫にギリギリの幅で入れるのもまた一苦労。
無事に終了した時にはどっぷり日が暮れていました。

きっと、日本のお祭り風景がこどもたちの目に焼き付いたことでしょう。

豊田市 挙母まつりは、毎年10月第三土日に開催されています。

★みよし市の秋祭り 山車のひきまわしも、挙母祭りと同じく10月の第三土日に行われているよ。
今年は挙母祭りに参加したので行けなかったけれど、見やすいポイントはどこ?って聞かれたら、
三好中学校のあたりがいいんじゃないかなとお伝えしてますよ。





  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)