お問合せはtentoumushi344@gmail.comまで

2017年10月19日 06:43

ヨーロッパにも、アメリカにも、森のようちえん!


↑おさんぽしてたら道端で、亀に遭遇。川が増水しているので、陸へ上がってきたみたい。

昨年、てんとうむしへ遊びに来てくれたトルコ人親子が、自国に帰って、
自然遊びをする 森のようちえんのようなグループメンバーに入っていると、親子組母Mちゃんから聞きました。

開園前からずっと てんとうむしがお世話になっている 森のようちえん全国ネットワーク運営委員長 
内田幸一さん(ウッチャン)も、先日、ドイツ語で書かれた森のようちえんの本を日本語訳されました。

森のようちえんが、世界中に広がっているのはうれしいことです。

こちらはスイスの森遊び。写真が素敵。
https://lexus.jp/magazine/20170913/81/exp_waldspielgruppe.html?adid=ag459_FB_20171005_V0087&padid=ag459_FB_20171005_V0087


スイス人に限らず、ヨーロッパの人たちは、ハイキングに行ったり、山登りしたり、
日常生活の中に自然があり、よく自然の中で遊びますが、

日本人は、仕事が忙しいからか、
森を身近に感じている人が少ないのは寂しいです。

ネット社会だから、森の中にオフィスが、あっても、困らないような気がするけれど、
国民が東京にあこがれるから、若者も東京にあこがれる。

森と共に暮らして、森に憧れる大人がもっと増えたら、
子どもたちも、森とともだちになれる。



日本の四季は、世界に誇る美しさです。
春、夏、秋、冬、がきれいに分かれている国は、それほど多くありません。

私も、海の外へ行って暮らしてみるまで、

毎日、朝起きたら明るくて、ちゃんと太陽が昇るという 日本では当たり前ことが、
こんなにありがたくて幸せだとは、気が付かなかった。


『隣の芝生は青く見える』けれど、日本の自然は、とても美しいです。

今日のような大雨も好き。

透き通るような秋の空は、ため息が出るほど大好き。


  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年09月17日 07:45

10月1日日曜日 青山誠さん講演会



10月1日日曜日森のたまご主催 山誠さんの講演会、の打ち合わせをしてきました。

申し込みまだの方、オススメです。
託児もあります!

会場は保見駅の近くで、
駐車場も、しっかりあります!

詳しくは、森のたまごblogを見てね。
http://blog.goo.ne.jp/morinotamago2010/e/0c1cd9272dad129e2c88bf61eda1bb2a  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年09月14日 07:25

安城市 おさんぽ会 スタート情報!!

カテゴリ:「もりのようちえん」の仲間たちカテゴリ:地元情報カテゴリ:募集


安城でも おさんぽ会、始まったよー!

立ち上げたのは、一女のお母さん。

楽しみだね!


これからもっともっと広がっていってほしい♪
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年09月11日 07:44

森のようちえん全国フォーラム2017



年に一度開催される全国フォーラム、今年は開催地が東京なので、1000人規模の大きなフォ〜ラムになりそうです。

私は三年前の神奈川フォーラムに参加しましたが、
会場は終始熱気に包まれていました。

森のようちえん関係者だけでなく、
研修に来たという認可園の保育士、
なんか興味があって、、という一般の方、
農業林業の方、
自然体験活動をされている方など、
いろいろな方が参加していて、異業種交流会のような雰囲気。

子育て世代以外の方達が、森のようちえんに関心を寄せていることを実感し
とっても刺激を受けました。

この三年で、森のようちえん事情もかなり変わりました。

認可、認証制度ができたり、行政から補助金が出る県もあります。

愛知もそれに続きたいなあ。
という願いを込めて、

あいち森のようちえんネットワークのマップを携えて、新しい出会いを楽しんできます!

マップはこちらで見られます。工事中のHPですが、、。
https://tentoumushi344.jimdo.com/入園案内/  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年09月06日 06:11

みよし市 野外自主保育『みよし もり・そら』 秋の体験会募集中! ~みよし市のおススメスポット その20~

カテゴリ:「もりのようちえん」の仲間たちカテゴリ:地元情報カテゴリ:募集
みよし市の野外保育仲間 『みよし もり・そら』、現在、新しい仲間を募集中です!




2014年から活動をスタートした 森のようちえん てんとうむしの 立ち上げメンバーは、

『みよし もり・そら』で出会った仲間6人です。


当時、誰もいなくて 人の気配すらなかった三好丘緑地に、親子で集い始めたのが2010年秋。

その後、たくさんの素敵な親子と ここで出会い、

朝から日が落ちるまで、本当にたくさんの時間を 家族のように過ごしました。

第二子妊娠中もせっせと森を歩き、生まれた次男は生後二か月から参加。

お昼寝はたいてい ベビーカ―か、青空の下。



映画を上映したり、親子登山したり、花火大会したり、こどもたちを預かり合ったり、

毎年、本当にいろんなことを親子で楽しんできたけれど、どれも、一人ではできなかったことばかり。


その濃厚な時間があったからこそ、今の『森のようちえん てんとうむし』 があり、

一緒に過ごしてくれた仲間たちがいたからこそ、今の自分がいる。



自主保育の仲間たちには、感謝の気持ちがあふれすぎて、全然、言葉にならないけど、、

あらためてこの場を借りて、みんな、本当に、ありがとうね。

。。。。

自主保育は、お母さんたちがみんなで進めていく活動なので、毎年、我が子の成長と共に卒会し、お母さんたちも入れ替わります。

でも、自主保育のあったかい空気感は、2010年の立ち上げから脈々と受け継がれて、現在も週二回の活動が続いています。



自主保育の団体って、隠れ家店を発見するより、ずっと難しいかもしれない。

だからこそ、溢れすぎている情報に右往左往しないで のんびり ゆるゆるできて、居心地の良さは抜群!

その空気感は、体感してみないとわからない。


そこで、、、興味がある人が早い時期に出会えるように。。と『みよし もり・そら』が、外部へ発信をスタートしています!

FBや、インスタ、ブログ、手書きチラシなど、思いつくいろいろな手段を使ってね!


新しいメンバーを増やすには、所属している仲間たちの口コミが一番なんだけれど、

このあたりは新興住宅地で、県外からの引っ越しがとっても多い地域。

引っ越してきてネットで子育て情報を探している人のところにも、情報が届くように、

てんとうむしのブログからも、お知らせします!


★ 秋の『みよし もり・そら』体験会は、9月26日火曜日と、28日木曜日!

自主保育の魅力は、言葉ではうまく伝えられないから、ピンと来た人は、是非一度、連絡して体験してみてね!


野外自主保育『みよし もり・そら』 ブログはこちら
https://ameblo.jp/miyoshimorisora/



~違いは どんなとこ?~

・『みよし もり・そら』は、自主保育。お母さんたちで運営して、入園までの時期を親子で外遊びして過ごします。

・『森のようちえん てんとうむし』は、預かり保育。小学校入学までの時期を、こどもたちと保育スタッフで 過ごしています。

・『森のようちえん てんとうむし親子組』は、てんとうむしスタッフが運営に関わる親子活動。園児の活動にも参加できるので、森のようちえんの様子がわかります。  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年07月12日 07:57

一般企業による 森のようちえん体験会


~本文と関係ないけれど週末の川遊び~

「森のようちえん全国ネットワーク」のHPに掲載されていました。
http://morinoyouchien.org/join/community/call-for-participation/post-2361.html%EF%BC%9D

夏の特別企画!森のようちえん『まるたんぼう』で自然と遊ぼう!!(2泊3日)
https://motoazabu-farm.com/activities/13

鳥取県智頭町の「まるたんぼう」さんは、おそらく全国で最もメジャーな森のようちえんかもしれない。
メディアに登場回数も多く、企業とのコラボ、行政との連携も、ほんとうに素晴らしい!

少し前までは、森のようちえんって何?だったけれど、ほんの数年で、時代が一気に変わってきているなぁ。
と感慨深い。
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年07月05日 21:16

「ごちゃまぜ子育て会」報告



今年第一回目の「ごちゃまぜ子育て会」

終了しました!

今回も 豊田、みよし、刈谷から、11団体の参加があり、どの団体が、どの区分か、表を作るところから始まりました。
少し先をいくお母さんたちと話ができる機会は、とても貴重で、とっても楽しい!

会の中で出た山盛りの話題の中から少しだけ報告

●兄弟喧嘩の仲裁、どうしている?
→ジャッジはしない。基本介入しない。「こう言ってますけどー」「だそうですー」と、両方の代弁をしていると、いつの間にかおさまってくる、、ことも。

●イライラしたとき、どうやって気持ちを切り替えている?
→1人になる。甘いものを食べる。外へ出る。

●野外保育に興味のないお父さんの巻き込みかたは?
→著名な方の講演会を聞いたり著書を渡したりして巻き込んだ。
BBQや山登り、釣りなど、おとうさんの興味のある活動を団体で企画して一緒に楽しむ。

などなど。。

楽しすぎて、毎回写真撮り忘れ、、せめてパンフのゾーンぐらい。。
と思ってたら、みよしの野外保育仲間Uちゃんが、ちゃんと撮っててくれましたー!
ブログアップありがとう!

野外自主保育「みよし もり・そら」
https://ameblo.jp/miyoshimorisora/entry-12289192547.html

※よく聞かれるのでこの機会に解説:
「もり・そら」は、豊田と、みよし、二つありますが、それぞれ完全に独立して活動していて,
両方共親子参加型での野外活動です。
豊田は、毎週月曜が活動日。みよしは、毎週火曜日と木曜日の週二回活動しています。


。。。
話はずれるけど、もりそらのネーミングについて、ずっと気になっていたこと。

それは、

もり・そらの中点「・」


ずーっと以前、チラシ掲載の際に、中点をつけ忘れた時、発起人のKさんから、
「この中点は、こだわってつけているから、忘れずによろしくね!」

と言われました。

そうなんだ!と思いつつ、どんな意味があるのか、ずーっと気になって、、
聞きそびれたまま7年が経ち、

先日開催された 野外保育 とよた 森のたまご主催 の「運営たまカフェ」内で、
初めて判明!

中点は、「人」を意味するそうです。

もりと、そらのあいだに人がいる。

なるほど、そうだったんだ!

やっとスッキリ!!!  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年06月27日 20:48

「あいち森のようちえんマップ」 完成しました!

「あいち森のようちえんマップ」
ついに、完成しました!



2016年夏、モリコロパークで開催した 設立総会の際、議員さんや県職員さんより
教えていただいたアドバイスをもとに、

●愛知も鳥取県や長野県などに続いて、認定制度の創設を目指したい。
●森のようちえんの存在を知っていただくことで、認知を深めたい。
●森のようちえんを探している人や、これから森のようちえんを立ち上げようとしている人の参考になるように。

と、とりかかったマップですが、
予想外に大変でした。

そりゃそうだよね。
役員全員が、普段の活動を進めながら。なので、なかなか進まない。

白紙のところからの、第一歩を言葉にするのって、本当に難しくて、
保育者向け、地域向け、行政向け、保護者向けの 四つに区分けしたQ&Aも
全然ピンとくる文章が浮かばない。

何度も挫折しそうになったけれど、デザイナー藤田佐紀さんが、じーっと忍耐強く待ってくださったおかげで、
やっと、素敵なマップが形になりました!
藤田さん、本当にありがとうございました。。。

森のようちえん全国ネットワークのロゴも、HPに掲載されている
「森のようちえん宣言」も、掲載を許可していただいて、本当に素晴らしい仕上がりになりました。



。。。。。。。。。。。
今回の印刷の費用は、いろいろ検討した結果、あいち森のようちえんネットワークの役員で分担します。
役員といっても、県内の森のようちえん仲間たち。

特に給与があるわけでもなく、企業応援もまだないのですが、
大好きな愛知を盛り上げたいという、熱い思いをエネルギー源にして活動しています。

もし、私たちの活動を応援してくださる方がいらっしゃいましたら、どうぞ応援してください。

応援は、

一口2000円 

にて、お願いしています。

一口につき、マップが40枚つきますので、設置するなり、配布するなり,自由に活動していただけたら嬉しいです。

お問い合わせ、ご連絡は あいち森のようちえんネットワーク
aichi.forest.kindergarten@gmail.com
へ、お待ちしております。
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年06月27日 19:20

韓国の保育~「森の体験」・「生態教育」の中で育む子どもたち~



国際結婚して、韓国ソウルに住む友達が、「森のようちえんって、ソウルにもあるのかなぁ」と、興味を持ってくれました。

「国際シンポジウムが開催されるぐらいだから、探したらきっとあるよー!」
と答えましたが,実際のところはどうなんだろう?

調べてみると、これまで、早期教育大国だった韓国も、最近では国全体で全人的教育が取り入れられ、
「森での遊びや探検、動植物観察などを通じて、集中力や探究心、想像力、創意性、社会性などを育もう」という、
森のようちえんと同じ方向性を持った形に、変化しているようです。

韓国の保育から見た子どもの育ち -「森の体験」・「生態教育」の中で育む子どもたち-
http://www.blog.crn.or.jp/lab/01/94.html

~本文より~
屋外での活動は天気に左右されず行われます。それは、子どもは雨の日に砂場などで遊ぶことで、晴れの日と違う楽しみ方を見つけたり、気象や自然に対する好奇心を広げたりすると考えられるからです。雨の日の散歩などは行わない、日本の多くの園とは異なっていると思います。


日本の幼児を取り巻く環境も、もっと大きく変化していくといいなぁ!
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)

2017年03月07日 17:56

隠れ家と、ヒミツ部屋がある認定幼稚園



雪遊びキャンプの中で、こどもの森幼稚園を見学してきたよ。
https://www.iizuna-gakuen.info

ここは、森のようちえん全国ネットワーク運営委員長うっちゃんが全国を旅してみつけた場所。
現在は、うっちゃんの奥様が代表をされており、初めてご挨拶。


もうね、何もかもが素敵過ぎて、
ため息がこぼれてばかり。


園の中は、隠れ家と、秘密のお部屋があちこちにある。
中をのぞくと木のままごとセットや、お店やさんごっこセット。

壁にはお母さんたちの刺繍やお花など、手作りのあったかい作品がいっぱい。

本当に素敵。。
  
  • LINEで送る


Posted by 森のようちえん「てんとうむし」 │コメント(0)